2018年02月06日 05時00分 公開
特集/連載

大手含む12のIaaSベンダーを比較、その長所と短所はクラウドのニッチな市場にも光あり(3/4 ページ)

[Jim O'Reilly,TechTarget]

Oracle

 Oracleは、データベースサービスプロバイダーとして最も注目に値する。Oracleはこの5年間で堅実なパフォーマンスと機能を獲得している。こうした要素があれば、クラウドを利用することで、構造化データベース市場での優位性を確固たるものにすることも可能だろう。

 だがOracleはIBMと同様、第2波のIaaSベンダーだ。データベースに重点を置いたクラウド環境を提供し、IaaSを提供している。Oracleはハードウェア事業を縮小する動きが見えるため、同社の展開ではDBaaS(Database as a Service)が終着点になる可能性が高そうだ。Oracleベースのアプリケーションで構築したエコシステムを、同社のクラウド基盤に組み込んでいる点も理にかなっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好...

news122.jpg

コロナ禍の旅行と“情報”について――JTB調査
旅マエ、旅ナカの情報収集で活用されるのは「旅行会社やOTAサイトの旅行情報」「旅行口コ...

news057.jpg

データドリブンで設定された目標だから組織が一体となれば必ず達成できる 逆に組織がバラバラだと……
今回は、データドリブン経営を指揮するGTM(Go To Market)チームの変遷を振り返りつつ、...