2017年09月27日 05時00分 公開
特集/連載

2017年クラウド総合力ランキング:AWSについに追い付いたIaaSとは?マルチクラウドで浮上するプロバイダーも(1/2 ページ)

Gartner 2017年ランキングでは、大手2社のクラウドプロバイダーが同率首位となった。この2社が素晴らしいクラウドを提供するのは間違いないが、今後は複数ベンダーのマルチクラウド化が重要だという。

[Jason Sparapani,TechTarget]
画像 マルチなクラウドで進め

 米カリフォルニア州サンディエゴで開催された「Gartner Catalyst Conference 2017」で人気のテーマが「クラウド戦争」(Cloud Wars: Comparing Major Cloud Platform Providers)だ。人気の理由は恐らく、カンファレンスセッションの中核ともいえる疑問「クラウドインフラの最高のプロバイダーはどこか」を知りたいためだ。クライアントからいつも同じ質問を受けることからも間違いない、とIT分野の調査・助言を行う米企業Gartnerのアナリスト、イライアス・クネイサー氏は話す。

 この疑問の答えは「簡単には出ない」となる。明言を避けるのには理由がある。Gartnerは毎年Amazon、Microsoft、Googleという大手プロバイダーにランクを付け、どのプロバイダーにも共通するネットワーク能力(帯域制御やパフォーマンス)とコンピューティング能力(リソースや処理速度)などの技術力や、サポート、価格、管理の容易さを評価している。

 2017年は1社のプロバイダーが首位を独占することはなく、Amazon「Amazon Web Services」とMicrosoft「Microsoft Azure」がいずれも94%というスコアを記録し首位を分け合った。この2社に続くのがGoogleの「Google Cloud Platform」で、スコアは80%だった。

 どのプロバイダーも2016年のランキングから数値を上げており、2016年のスコアはAWSが92%、Azureは88%だった。このスコア上昇はプロバイダーの大いなるイノベーションを反映するものだと語るクネイサー氏は、それが特にMicrosoftに当てはまり、「Microsoftは大きな飛躍を遂げた」と語る。

第3のクラウドプロバイダーとは?

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...