「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったことデータドリブンの意思決定強化へ

Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。

2018年12月20日 05時00分 公開
[Ericka ChickowskiTechTarget]

 金融大手のMorgan Stanleyは市場の状況に合わせてビジネスモデルを調整しており、大部分の業務にセルフサービスBIツールを活用している。資産管理部門向けには、ビジュアル分析と厳密な基準と堅牢(けんろう)なデータアーキテクチャを組み合わせてセルフサービスBIプラットフォームを推進している。

全米数万人のフィナンシャルアドバイザーにも利用を奨励

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。