2018年12月20日 05時00分 公開
特集/連載

データドリブンの意思決定強化へ「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったこと

Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。

[Ericka Chickowski,TechTarget]

 金融大手のMorgan Stanleyは市場の状況に合わせてビジネスモデルを調整しており、大部分の業務にセルフサービスBIツールを活用している。資産管理部門向けには、ビジュアル分析と厳密な基準と堅牢(けんろう)なデータアーキテクチャを組み合わせてセルフサービスBIプラットフォームを推進している。

全米数万人のフィナンシャルアドバイザーにも利用を奨励

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。