「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったことデータドリブンの意思決定強化へ

Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。

2018年12月20日 05時00分 公開
[Ericka ChickowskiTechTarget]

 金融大手のMorgan Stanleyは市場の状況に合わせてビジネスモデルを調整しており、大部分の業務にセルフサービスBIツールを活用している。資産管理部門向けには、ビジュアル分析と厳密な基準と堅牢(けんろう)なデータアーキテクチャを組み合わせてセルフサービスBIプラットフォームを推進している。

全米数万人のフィナンシャルアドバイザーにも利用を奨励

ITmedia マーケティング新着記事

news159.jpg

SALES ROBOTICSが「カスタマーサクセス支援サービス」を提供
SALES ROBOTICSは、カスタマーサクセスを実現する新サービスの提供を開始した。

news139.jpg

「Fortnite」を活用  朝日広告社がメタバース空間制作サービスとマーケティング支援を開始
朝日広告社は、人気ゲーム「Fortnite」に新たなゲームメタバース空間を公開した。また、...

news029.jpg

「痩せる」投稿が最も増える時期は?――ホットリンクとXがダイエットに関する口コミや検索行動を共同調査
ホットリンクはXと共同で、ダイエットに関するXでの口コミや検索行動を調査しました。