2018年12月20日 05時00分 公開
特集/連載

「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったことデータドリブンの意思決定強化へ

Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。

[Ericka Chickowski,TechTarget]

 金融大手のMorgan Stanleyは市場の状況に合わせてビジネスモデルを調整しており、大部分の業務にセルフサービスBIツールを活用している。資産管理部門向けには、ビジュアル分析と厳密な基準と堅牢(けんろう)なデータアーキテクチャを組み合わせてセルフサービスBIプラットフォームを推進している。

全米数万人のフィナンシャルアドバイザーにも利用を奨励

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...