2019年01月31日 05時00分 公開
特集/連載

「BigQuery」「Tableau」を活用、予測分析でマーケティングを効率化海外の有望Eコマース企業が実践

オンライン小売業のZulilyは、予測分析を強化するために「BigQuery」や「Tableau」を使用しており、それによりマーケティングの取り組みを効率化している。

[Mark Labbe,TechTarget]

 適切なツールと戦略を的確に用いて予測分析を用いれば、小売業はマーケティングにおいて大きな成果を得られる。例えば広告キャンペーンを促進して新しい顧客層を開拓し、顧客の定着率を上げることなどが可能になる。

 ママ向けECサイトを運営するZulilyは、マーケティングに予測分析を活用するに当たっては、ベストプラクティスに従うことが自社を成長させる上で重要だと考えている。

 Zulilyでマーケティング分析マネジャーを務めるサーシャ・バータシュニック氏はTableauとともに実施した最近のウェビナーにおいて、予測分析の利用拡大を促進する理由として「データサイエンスを活用したマーケティングの投資利益率の最適化」を挙げた。

新しいシステム

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。