2019年01月31日 05時00分 公開
特集/連載

海外の有望Eコマース企業が実践「BigQuery」「Tableau」を活用、予測分析でマーケティングを効率化

オンライン小売業のZulilyは、予測分析を強化するために「BigQuery」や「Tableau」を使用しており、それによりマーケティングの取り組みを効率化している。

[Mark Labbe,TechTarget]

 適切なツールと戦略を的確に用いて予測分析を用いれば、小売業はマーケティングにおいて大きな成果を得られる。例えば広告キャンペーンを促進して新しい顧客層を開拓し、顧客の定着率を上げることなどが可能になる。

 ママ向けECサイトを運営するZulilyは、マーケティングに予測分析を活用するに当たっては、ベストプラクティスに従うことが自社を成長させる上で重要だと考えている。

 Zulilyでマーケティング分析マネジャーを務めるサーシャ・バータシュニック氏はTableauとともに実施した最近のウェビナーにおいて、予測分析の利用拡大を促進する理由として「データサイエンスを活用したマーケティングの投資利益率の最適化」を挙げた。

新しいシステム

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...