2019年02月20日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10 PCに社内UWPアプリを導入 サイドロードとは?社内専用アプリ利用時に使いたいテクニック

開発中のアプリや社外秘作業を伴うアプリなどを使いたい時、「Microsoft Store」を使わずに、基幹業務(LOB)アプリをWindows 10搭載PCにサイドロードする方法がある。幾つかのやり方があるが、注意も必要だ。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Microsoft提供のアプリストア「Microsoft Store」を介さずに、社内の「Windows 10」PCにアプリをサイドローディング(専用アプリストア以外からアプリをインストールすること)できる。ただし、幾つか制約事項がある。

 企業のPCで使用するWindows 10アプリの多くは「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」(UWP)対応アプリであり、Microsoft Storeから入手できる。企業が自社で使用するUWP対応の基幹業務(LOB)アプリも、Microsoft Storeに登録してそこから社内外に配布できる。

 しかし、社内専用で使いたいLOBアプリもある。例えば、まだ開発中のアプリや社外秘の作業を伴うアプリは社外に公開したくないだろう。Microsoft Storeに登録するメリットがないために、登録の手間を避けたい場合もある。

 そのような場合は、社内の管理対象Windows 10デスクトップにLOBアプリをサイドロードするという手段がある。これを実行するには「PowerShell」や「展開イメージのサービスと管理」(DISM)を使用する。DISMは複数のデスクトップに展開するWindowsイメージを展開前にマウントおよび操作するためのコマンドラインツールだ。

Windows 10にアプリをサイドロードするには

 サイドローディングできるのはUWPアプリパッケージのみであり、それ以外のWindowsアプリはサイドローディングできない。サイドローディングアプリにはMicrosoft Storeの署名や認定をしないため、Microsoft Storeからダウンロードすることはできない。サイドロードするアプリごとに電子署名をする必要があり、Windowsデスクトップはその署名証明書を信頼しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。