2019年05月24日 05時00分 公開
特集/連載

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?

コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

業務改善 | 社員教育


 ゲームや映画といったコンシューマー向けコンテンツへの拡張現実(AR)/仮想現実(VR)技術の活用が進み、その視聴に必要なヘッドマウントディスプレイ(HMD)の選択肢が広がっている。一方ビジネスでのAR/VR技術の利用は伸び悩んでいる。調査会社IDC Japanの2018年度調査によると、AR/VR技術を活用した製品をビジネスに採用する意向を示した回答者は、2017年度の調査より下回り6.3%と6.8%だった。調査を担当したIDC Japanのシニアマーケットアナリスト菅原 啓氏は、製品の採用が伸び悩む要因の一つに「使い道をイメージしづらい」という課題を挙げる。

 こうした状況を踏まえ、ベンダー各社は用途を明確にした企業向けAR/VR製品を充実させつつある。これらの製品は、ユーザー企業の業務効率化を支援したり、顧客のユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を向上させたりすることを目的としている。

 AR/VR技術やHMDが、ビジネスでどう活用できるのか。2019年2月に開催された「第27回3D&バーチャルリアリティ展」、同年3月の「リテールテックJAPAN 2019」の展示製品を基に、そのヒントを探る。

従業員研修や採用活動へのVR利用

 菅原氏によると現在、AR/VR技術の主要なビジネス用途の一つが従業員研修だ。映像で実際の状況が疑似体験できるため、ユーザー企業はビジネスの現場に従業員や講師を派遣することなく、実際の現場に近い体験を伴った従業員研修を実現できる。同様の仕組みを採用活動に利用する動きもある。

画面 画面1-1 ファストVRの映像編集ソフトウェアを利用したVR映像の編集画面《クリックで拡大》

研修用のVR映像制作をソフトウェアで支援

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...