2019年10月16日 05時00分 公開
特集/連載

組み合わせて機能を補うモバイル端末のデータ漏えいを防ぐ「UEM」と「MTD」を使った2つの方法とは?

統合エンドポイント管理(UEM)は基本的なモバイルセキュリティ機能を備えているが、高度な対策を施すにはモバイル脅威防御(MTD)ツールとの連携が必要だ。

[Jack Gold,TechTarget]

関連キーワード

統合運用管理


画像

 「統合エンドポイント管理」(UEM)だけでは、モバイルデバイスのセキュリティ対策は十分とは言えない。脅威を検出し、対策を講じるために必要な可視性が確保できないからだ。

 UEMは通常、データ侵害のようなモバイルデバイスへの攻撃を追跡する機能を備えていない。そのためモバイルセキュリティを強化するには、UEMの他に、「モバイル脅威防御」(MTD)ツールを組み合わせる必要がある。

モバイルセキュリティ戦略の重要性

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...