2021年01月27日 05時00分 公開
特集/連載

「学校を狙うランサムウェア」が猛威 攻撃の手口とは?教育を揺るがすランサムウェア【前編】

米国では教育機関を標的とするランサムウェア攻撃への警戒が広がっている。攻撃者はなぜ教育機関を狙い、どのような手口を用いているのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 サイバー攻撃者がオンライン教育のシステムを狙うことを懸念する声が上がっている。「そうした攻撃は既に発生している」と、米国機関が合同でセキュリティアドバイザリー(セキュリティに関する情報)を公開し、注意を呼び掛けた。

 セキュリティアドバイザリーを公開したのは、国土安全保障省(DHS)のセキュリティ専門機関であるサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA:Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)、米連邦捜査局(FBI)、複数州間情報共有分析センター(MS-ISAC)だ。アドバイザリーによると、攻撃者はオンライン授業を実施するK-12(幼稚園から高等学校までの教育機関)に照準を合わせ、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などのマルウェア、DDoS(分散型サービス妨害)攻撃、Web会議妨害で攻撃している。アドバイザリーは次のように説明する。

サイバー攻撃者は学校を格好の標的だと見なしており、この種の攻撃は2020〜2021年度にかけても続くと考えられる。これはリソースに限りのあるK-12にとって大きな課題だ。教育者、IT担当者、セキュリティ担当者がサイバーセキュリティへの投資を判断する際は、こうしたリスクを考慮する必要がある

学校はランサムウェアにどう襲われているのか

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...