Kaseya製品を踏み台にしたランサムウェア「REvil」攻撃 その影響範囲の実態はTechTarget発 世界のITニュース

ランサムウェア「REvil」による攻撃を受けたソフトウェアベンダーKaseyaは、数多くのユーザー企業に攻撃の影響が及んだことを発表した。その影響範囲は。

2021年08月12日 05時00分 公開
[Rob WrightTechTarget]

 システム管理ソフトウェアベンダーKaseyaのリモート監視・管理ソフトウェア「Kaseya VSA」が、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の標的になった。2021年7月2日(現地時間、以下同じ)、同ソフトウェアを運用するサーバがランサムウェア「REvil」に感染し、Kaseya VSAを利用するマネージドサービスプロバイダー(MSP)のユーザー企業に対して悪意のある処理が実行された。

Kaseya VSA経由の攻撃で影響が及んだ企業数は

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...