Qlik製品がUiPathのRPA製品と連携 自動化機能強化の狙いはTechTarget発 世界のITニュース

Qlikは同社のデータ分析ソフトウェアをUiPathのRPA製品と連携させ、自動化機能の強化を図る。「老舗」と「若手」はパートナーシップで何を狙うのか。

2022年01月31日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 QlikTech International(Qlikの名称で事業展開)は2021年12月6日(米国時間)、大手RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダーのUiPathとのパートナーシップ締結を発表した。データ分析ソフトウェア「Qlik Active Intelligence Platform」をUiPathのRPA製品と連携させ、同ソフトウェアの自動化機能を強化する。

製品連携によってユーザー企業は何ができるようになるのか

 QlikはこれまでSaaS(Software as a Service)のタスクを自動化するツール「Qlik Application Automation」を提供してきた。今回のUiPathとの製品連携は、SaaS以外のアプリケーションでもタスクの優先順位付けや実行の自動化を可能にすることが目的だ。Qlikのジェームス・フィッシャー最高製品責任者(CPO)は、「(両社のパートナーシップで)Qlikに直接接続されていないアプリケーション内タスクも自動化し、当社製品の活用の幅が広がる」と言う。

 2020年6月、Qlikはリアルタイムのデータに基づいて迅速に意思決定ができる能力を指す概念として、「アクティブインテリジェンス」を打ち出した。フィッシャー氏によれば、今回のUiPathとの製品連携はアクティブインテリジェンスを推進しやすくする。Qlikは今後もパートナーを増やし、さまざまな製品連携に取り組む方針だ。

 Qlikは1993年にスウェーデンで創業し、2022年現在は米国に本社を置く。2005年設立のUiPathは2021年4月にニューヨーク証券取引所に新規上場し、その成長が注目を集めている。今回、“老舗ベンダー”のQlikは成長する新興企業であるUiPathと手を組むことにより、新たな市場開拓に動く。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...