10代向けのデータセンター人材“英才教育”に教育機関が本腰 その内容は教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【前編】

データセンター業界に特化した学習プログラムを英国の教育機関UTC Heathrowが提供する。データセンター業界の複数企業が協力して作成した、そのプログラムの中身とは。

2022年02月25日 10時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

データセンター | 教育


 英国の教育機関UTC Heathrowは2021年11月、データセンター業界に特化した学習プログラムを提供すると発表した。14〜19歳の学習者がデジタルインフラ業界に就職するための足場作りをする目的だ。UTC Heathrowは、技術者養成機関University Technical Colleges(UTCs)の一つ。UTCsは、STEM(科学、技術、工学、数学)分野に焦点を当てた学習プログラムを14〜19歳の学習者向けに提供する。

10代が学ぶ「データセンター人材」“英才教育”プログラムの中身とは

 UTC Heathrowは、学習プログラム「Digital Futures Programme」を通して、学習者がデータセンター業界で技術職のキャリアを追求するために必要なスキルと知識を身に付けられるようにする。同プログラムのカリキュラムは、データセンター事業者やクラウドベンダー、教育サービスベンダーが共同で設計した。具体的な社名は以下のとおりだ。

  • CyrusOne
  • VIRTUS Data Centres
  • Ark Data Centres
  • Amazon Web Services
  • Yondr Group Holdings
  • CNet Training

 上記以外にも不動産コンサルティング企業のCBREやIT業界団体techUKなどの組織が、Digital Futures Programmeに参加している。

 Digital Futures Programmeには、既にUTC Heathrowで工学を学ぶカリキュラムに参加している150人に加え、14歳の学習者が最大で100人参加できる。プログラムを修了した学習者は、大学入学資格として利用可能な職業資格「BTEC Level 3 Extended Diplomas」(工学および航空工学)を取得できる見込みだ。


 後編は、英国データセンターが直面する人材不足について紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...