「DPU」がLinuxの標準プロセッサになる? “ニッチな頭脳”から脱却へ新プロセッサへのLinux流アプローチ【後編】

CPUの脇役的な存在として扱われることもあった「DPU」(データ処理装置)。Linux Foundationは、そのDPUを一般的なプロセッサへと育て上げるための構想を発表した。これからどう変わるのか。

2022年09月14日 05時00分 公開
[Madelaine MillarTechTarget]

関連キーワード

CPU | Linux | オープンソース


 企業にとっての新たなプロセッサ「DPU」(データ処理装置)に関して、業界団体のLinux Foundationが普及を推進するためのプロジェクトを立ち上げた。これまでにDPUへの注目度は高まりつつあったが、その活用範囲は限定的だった。Linux Foundationの取り組みを通じて、DPUはどう変わるのか。

もう“ニッチ”ではない「DPU」 Linuxの標準プロセッサに?

 Linux Foundationが立ち上げたプロジェクト「Open Programmable Infrastructure」(OPI)には、半導体やハードウェア、ソフトウェアの著名ベンダーが参加している。調査会社IDCのアナリストであるブランドン・ホフ氏は、「DPUの標準化を進める」というOPIの狙いに大きな意義があるとみる。「DPUは標準化が進むことでさまざまなデータセンターで利用可能になり、ニッチ市場から一般市場へと一気に広がる可能性がある」とホフ氏は強調する。

 DPUの活用が広がるまでには多少の時間が必要だとホフ氏は予測する。標準化された設計が市場に浸透するまでに3〜5年、企業向けのハードウェア製品にDPUが標準搭載されるまでには5〜10年はかかる可能性があるという。

 OPIには既に具体化したプロジェクトもある。その一つが、Linux Foundationが開発した、開発ツール群「IPDK」(Infrastructure Programmer Development Kit)を含むものだ。IPDKは、ネットワーク関連のタスクをCPU(中央処理装置)からオフロードする際に必要になる、ドライバやAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を含むフレームワーク(特定の機能を実装するためのプログラムの型)となっている。OPIはIPDKを利用して、DPU用のソフトウェア設計の開発を進める。

 半導体ベンダーのNVIDIAは、同社のDPU製品向けの開発キット「DOCA」をOPIに提供する。DOCAはライブラリ(汎用<はんよう>的に使えるプログラムの集合体)やドライバ、ドキュメント、管理ツール、サンプルアプリケーションなどを含む。

 OPIの狙いをまとめると、以下3点に集約できる。

  • DPUの標準的な定義に合意すること
  • DPUで動作するオープンソースソフトウェア(OSS)の市場を形成すること
  • DPU関連の技術を「Linux」に組み込むこと

 Linux Foundationは、同団体が開発する既存のプロジェクトをOPIと同時に進め、DPUのためのOSSの市場形成を促進する。既存のプロジェクトとしては例えば以下がある。

  • DPDK(Data Plane Development Kit):ネットワークインタフェースカード(NIC)用のライブラリとドライバを提供する開発キット
  • Open vSwitch(Open Virtual Switch、通称「OVS」):ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)のための仮想スイッチ

 最終的にLinux Foundationが目指すのは、企業がDPUを活用することでデータセンターの運営をより効率化できるようにすることだ。機械学習をはじめ、大量のデータを必要とする用途を企業は必要としている。大量のトラフィック(ネットワークを流れるデータ)を低レイテンシ(遅延)で処理するために、DPUの役割はこれから一段と重要になると考えられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...