2022年12月27日 10時00分 公開
特集/連載

女性が考える「クラウドもデータも苦手だからIT職は無理」 実は誤解だった?女性エンジニアが増えない理由【前編】

IT職を目指したり、とどまろうとしたりする女性は多くない。その背景には、スキルに対する“ある誤解”があるという見方がある。それは何なのか。

[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

ERP | 教育 | プログラマー


 若い女性の学習を支援する団体Innovate Herは、IT業界でのキャリアに興味を持つ女性を増やすための取り組みに尽力してきた。だが女性はIT職を避ける傾向にある。コンサルティング会社Accentureは、IT職に就いた女性の半数が35歳までに退職するとの見方を示す。

女性が考える「私のスキルではIT職は無理」 実は誤解?

 IT業界で働く女性が増えたとしても「それだけでは十分ではない」と、Innovate Herの共同創設者兼ディレクターであるチェルシー・スレーター氏は言う。スレーター氏は「われわれは学校に出向き、若い女性がIT業界でのキャリアを検討できるよう、彼女たちに自信を持たせることに情熱を注いでいる」と語る。

 企業はエンジニアの争奪戦を繰り広げている。求人はしているものの、十分なスキルを備えた労働者が不足している状況だ。

 Innovate Herのパートナー企業はこれまで、新規採用者に求める主なスキルとして

  • クラウドコンピューティング
  • データ分析
  • UI(ユーザーインタフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)デザイン
  • アニメーション制作

などを挙げてきた。だが状況は変化している。同団体のパートナー企業は、こうした「ハードスキル」よりも「ソフトスキル」を持つ候補者に興味を持ち始めているという。ハードスキルは訓練や学習で習得できる技術的な能力、ソフトスキルはコミュニケーション力やリーダーシップなど個人の特性に関する能力を指す。

 若い女性の中には、ソフトスキルが十分にあっても、ハードスキルに自信がなく「IT職に就くには、自身のITスキルは不十分だ」と考える人が少なくないとの見方がある。こうした誤解は、IT業界にダイバーシティー(多様性)の欠如を招きかねない。


 後編はInnovate Herの見解を基に、IT職に就く女性を増やすために必要なことを考える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...