“筋金入りのテレワーカー”こそ「リアルな出会いの場」を大切にすべき理由テレワークの開発者がやる気を保つヒント5選【第4回】

テレワーク中に孤独を感じるのであれば、自分の専門分野に関するコミュニティーに参加することが解決策になり得る。そうした交流によって何が得られるのか。

2023年02月22日 08時15分 公開
[Carolyn HeinzeTechTarget]

関連キーワード

プログラマー | テレワーク


 オフィスワークでは、対面コミュニケーションによって仕事のモチベーションを得ることができる場合がある。テレワークで同様の状況を作り出すのは困難だ。開発者がテレワークでやる気を保つための5つのヒントのうち、4つ目を紹介する。

ヒント4.「リアルな出会いの場」を大切にする

 テレワークには孤独を感じるリスクがある。定期的に話ができる仲間とのネットワークを確立することは非常に大切だ。それにより人と交流できるだけではなく、自分が仕事で直面している問題について、解決案を交換したり、他人から意見をもらったりする機会にもなる。

 交流をするために、定期的なオフラインミーティングの日時を設定するとよい。プログラミング言語やソフトウェアなど、開発者が関心を持つ技術分野には、たいてい専門のコミュニティーや出会いの場が複数存在する。そうしたコミュニティーは自宅周辺で探すことが望ましい。便利だという理由からオンラインで交流したくなることがあるだろうが、実際に会って対面で交流するように努めよう。

 ミーティングの前には、何について話し合いたいのかを考えておく。ただし相手が話したいと思うことにも前向きでなければならない。好奇心を持ち、ためらわずに「あなたはどうやってモチベーションを保っていますか」と尋ねるとよい。


 第5回は、5つ目のヒントを紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...