普通の人がなぜ“ガチ恋詐欺”「CryptoRom」の犯罪者になってしまうのかAppleとGoogleもだました「CryptoRom」の手口【第5回】

「CryptoRom」の被害者は、だまされた側だけではない。セキュリティベンダーSophosはだます側にも“被害者”がいると指摘する。どういうことなのか。

2023年05月03日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Google | サイバー攻撃


 セキュリティベンダーSophosは、恋愛詐欺の一種であり、ユーザーに不正な暗号資産(仮想通貨)取引をさせる「CryptoRom」について注意を呼び掛けている。“現場”でCryptoRomに携わっている攻撃者は、どのような人なのか。

普通の人が“ガチ恋詐欺師”になるまで

 CryptoRomの攻撃者は、中国当局による厳しい取り締まりを避けるために、攻撃活動の拠点を他の地域に移している。特にカンボジアを拠点としたCryptoRomが盛んだ。Sophosによると、カンボジアでは高収入を約束して外国から呼んだ人を、CryptoRomに加担させることがある。彼らは入国時にパスポートを取り上げられる他、CryptoRomの仕事を拒否した場合に暴力を受けることがあるという。

 Sophosによると、カンボジアでCryptoRomに加担させられている人は、一概には「悪い人」とは言えない。離婚や病気といったピンチに付け込まれて、CryptoRomに誘い込まれる人もいるという。CryptoRomに加担させられている人の中には女性もいると同社は説明する。

 CryptoRomの攻撃者は、標的と何カ月も関わって信用させようとする。自分も暗号資産に投資している証拠として、偽のスクリーンショットを作り上げることもある。「富」が得られることを標的に信じ込ませるために、最初のうちは少額の資金を送る手口もよく見られるという。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...