厳格審査のApp Storeで「恋愛詐欺アプリ」が見つかってしまう その正体とは?AppleとGoogleもだました「CryptoRom」の手口【第1回】

Appleの「App Store」とGoogleの「Google Play」で、あるアプリケーションが見つかった、それは恋愛詐欺の一種である「CryptoRom」で攻撃者が使う詐欺アプリケーションだったという。どういうことなのか。

2023年04月05日 10時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Google | サイバー攻撃


 恋愛詐欺の一種として、ユーザーに不正な暗号資産(仮想通貨)取引をさせる「CryptoRom」がある。攻撃者はアプリケーションストアの審査を迂回(うかい)し、公正なアプリケーションに並ぶ形でCryptoRomの詐欺アプリケーションの掲載を図る。

 セキュリティベンダーSophosは2023年2月、アプリケーションストアであるAppleの「App Store」とGoogleの「Google Play」で、CryptoRomの詐欺アプリケーションを発見したことを明らかにした。同社が語る、CryptoRomの恐るべき手口とは。

厳格審査のApp Storeでも見つかった不正アプリ 何が危険?

 Sophosが発見したCryptoRomの詐欺アプリケーションは「Ace Pro」「MBM_BitScan」の2つだ。同社によると、いずれも恋愛を求めているユーザーを標的にし、感情的な誘惑によって偽の暗号資産投資をさせる。発見後、App StoreとGoogle Playからは、Ace ProとMBM_BitScanは削除されたという。

 「CryptoRomの詐欺アプリケーションのようなマルウェアが、AppleとGoogleの厳しいセキュリティ審査を通過するのは、非常に難しいことだ」。Sophosで脅威分析を担当する上級研究員のジャガデシュ・チャンドライア氏は、こう説明する。

 攻撃者はまず標的のユーザーのデバイスに、マルウェアを動作可能にするための構成プロファイル(設定ファイル)をインストールしてもらう必要がある。そのためCryptoRomでは、攻撃者は「高度なソーシャルエンジニアリング(人の心理を巧みに利用して、意図通りの行動をさせること)を駆使している可能性がある」とチャンドライア氏は語る。

 「大半のユーザーはApp StoreやGoogle Playを信頼しており、そこに載っているアプリケーションのセキュリティリスクを疑わない」とチャンドライア氏は指摘。CryptoRomの攻撃者は「ユーザーを簡単にだますことができた」とみる。


 第2回はAce ProとMBM_BitScanが、どのようにAppleやGoogleのセキュリティ審査を迂回したかの詳細を見る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...