ガチ恋させて金を巻き上げる恋愛詐欺「CryptoRom」の歴史 始まりは“あの国”AppleとGoogleもだました「CryptoRom」の手口【第4回】

セキュリティベンダーSophosが注意を呼び掛けている恋愛詐欺「CryptoRom」。これまでにどのような変化を遂げてきたのか。歴史を振り返りながら、CryptoRomの危険性に迫る。

2023年04月26日 08時15分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

Apple | Google | サイバー攻撃


 ユーザーに不正な暗号資産(仮想通貨)取引をさせる、恋愛詐欺の一種「CryptoRom」。CryptoRomは、もともとどこで発生し、どのように変わってきたのか。

“あの国”から世界へ 恋愛詐欺「CryptoRom」の歴史とは

 中国発祥とみられるCryptoRomは、「殺猪盤」という中国語の英訳である「Pig Butchering」(豚の食肉処理)とも呼ばれる。中国の他、台湾でもCryptoRomが発生。ギャンブル関連を中心に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)前から被害が報告されていた。

 攻撃者はパンデミックを機に攻撃の場を世界に広げ、標的に外国為替や暗号資産の取引をさせる手口に切り替えた。その後、恋愛を装ったソーシャルエンジニアリング(人の心理を巧みに利用して、意図通りの行動をさせること)と不正の暗号資産取引アプリケーションを組み合わせた手口が主になった。

 Sophosによれば、CryptoRomの攻撃者は中国当局による取り締まりを避け、アジア太平洋地域をはじめ、まだ取り締まりがそれほど厳しくない地域に拠点を移しつつある。特にカンボジアを拠点としたCryptoRomが盛んだという。

 CryptoRomの詐欺アプリケーションを運用する攻撃者は、詐欺の監督と資金洗浄を中心に担当。運用のための資金調達や、実際に標的に接近して送金させる作業については、関連グループに委託しているとみられる。


 第5回は、CryptoRomにおける「仕事」に携わるのは、どのような人なのかを見る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...