広がる電子決済 「次の決済システム」として英住宅金融組合が目指すのは?金融機関とFinTech【前編】

決済システムをクラウドサービスに移行すると発表した英国の住宅金融組合Nationwide Building Society。この取り組みの背景にあるのは、決済市場における“ある動向”だ。

2023年04月25日 07時15分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

金融 | クラウドサービス | 顧客満足


 英国の住宅金融組合Nationwide Building Societyは、ITコンサルティング会社Accenture の支援を受けて、決済システムをオンプレミスインフラからクラウドサービスに移行させる。クラウドサービスへの移行を通じて同組織が実現したいこととは。

決済市場のトレンドに追随

 Accenture が2023年3月に発表した内容によれば、Nationwide Building Societyの決済システムは、クラウド決済サービスベンダーForm3 Groupのクラウドサービスを利用する。

 システム移行が完了すると、Nationwide Building Societyの決済システムは、金融機関が外国送金をする際に利用するフォーマットの国際規格「ISO 20022」に準拠する。

 Nationwide Building Societyは年間約4億5000万件の小売取引を扱う。Nationwide Building Societyで決済担当ディレクターを務めるオットー・ベンツ氏 によると、キャッシュレス決済の件数は増加しているという。

 「顧客の期待に応えながら、増加する決済件数に対処するための方策が必要だった」とベンツ氏は語る。同氏によると、クラウドサービスへの移行は、Form3とAccentureの協力を受けて、同組織の決済処理をシンプルに、かつ強力なものにするための一歩を踏み出すためのものだという。


 後編は、クラウドサービスへのシステム移行で支援を実施したAccentureが、金融機関のDXという分野でどのような取り組みを実施しているのかを整理する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...