あのポルシェのレーシングチームが“結果を追い求める”ハイブリッドクラウドとはPorscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第2回】

電気自動車のF1「フォーミュラE」に出場するPorscheは、ストレージベンダーNetAppとパートナーシップを締結。PorscheがフォーミュラE で使うストレージとクラウドサービスとは。

2023年04月25日 05時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 電気自動車のフォーミュラ1(F1)と呼ばれる自動車レース「ABB FIA Formula E World Championship」(以下、フォーミュラE)。その出場チームTAG Heuer Porsche Formula E Team(以下、Porsche Formula E Team)は、2022年7月にストレージベンダーNetAppとパートナーシップを締結した。同チームは、フォーミュラEにおいてクラウドサービスをどのような目的で活用しているのか。

レースで結果を出すためのハイブリッドクラウド

 Porsche Formula E TeamがNetAppと組むのは、ハイブリッドクラウド(オンプレミスインフラとクラウドサービスを併用する構成)の構築が目的だ。2023年2月にNetAppがドイツで開催したイベントで、自動車メーカーDr. Ing. h.c. F. Porsche(以下、Porsche)のモータースポーツ分野におけるIT責任者を務めるフリーデマン・クルツ氏が講演した。

 クルツ氏によると、フォーミュラEにおける出場チームの課題は、車体に搭載しているバッテリー出力を最大限に高め、バッテリーを使い切ってレースを終えることだという。他の出場チームが実現できない方法で可能な限りバッテリーを効率的に使うことが、Porsche Formula E Teamの目標だ。「ゴールした時点でバッテリーを使い切った状態にあるのは、効率が最大限に高まったことを意味する」(同氏)

 フォーミュラEのルールでは、決勝レースに向けて出場チームが車体の設定に使える時間はレース前日の24時間限り。そのような制約の下、Porsche Formula E Teamは過去に出場したレースで収集したデータを基に、レース前にシミュレーションを実施。出場するドライバーがコースに慣れるようにしている。

 Porsche Formula E Teamは24時間の整備に、NetAppのソフトウェア「Global File Cache」(GFC)を使用している。GFCは、さまざまな拠点にあるファイルサーバをクラウドサービスに集約し、データへのアクセスやデータの移動を低遅延で実現する。Porsche Formula E Teamはデータの保存にMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」(以下、Azure)を使用している。Azure、レース会場で使用する物理サーバ、Porscheの本社にあるデータセンターをGFCがつなぎ、データを一元管理するのだ。

 24時間の設定にはITを担当するエンジニアが同行、サーバにアクセスしてデータを準備する。エンジニアは、レースごとにコースのレイアウト、コースの路面、天候といった情報を車体のデータに読み込む。「1レース当たりのデータ量は最大でも50GB程度だが、問題はそれをリアルタイムに処理しなければならないことだ」とクルツ氏は述べる。


 第3回は、Porscheがレース会場でデータの格納箇所を使い分けるために利用するサービスを明らかにする。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...