ChatGPTなどの生成AIが「コンタクトセンターを根本的に変える」のはなぜ?次世代コンタクトセンターの主役は「AI」【中編】

生成AIなどのAI技術は、ITの世界を一変させた。コンタクトセンターがこうしたAI技術を取り入れると、何が起こるのか。コンタクトセンターの未来すら変え得る、AI技術のインパクトを探る。

2023年06月14日 08時15分 公開
[Michaela GossTechTarget]

 2023年3月にビジネスイベント運営企業のInformaが開催した、コミュニケーション技術のカンファレンス「Enterprise Connect」では、人工知能(AI)技術が話題の中心だった。特に来場者が関心を寄せたのが、AIベンダーOpenAIの「ChatGPT」をはじめとする「ジェネレーティブAI」(生成AI:テキストや画像などを自動生成するAI技術)ツールだ。

コンタクトセンターの未来すら変える「AI」のインパクト

 ご多分に漏れず、コンタクトセンターにもAI技術の導入が進むと考えられる。SalesforceやNICE、Genesys Telecommunications Laboratoriesといったコンタクトセンターシステムの主要ベンダーは、自社製品にAI技術を導入し、顧客データの利用改善を目指す。

 ChatGPTは発展途上にもかかわらず、人のエージェント(一次窓口担当者)のような顧客とのコミュニケーションを実現した。ユーザー企業やベンダーは、AIチャットbotの対話を改善してパーソナライズする方法や、人とのやりとりに近い体験を生み出す方法に関心を寄せている。

 AIチャットbotの他にも、コンタクトセンターにおいてAI技術は、次のことを実現する可能性がある。

  • エージェント間のデータ共有のためのシステム連携
  • コールルーティング(呼分配)のリクエスト
  • 顧客やエージェントの感情分析
  • 通話の文字起こしや通話要約
  • エージェント業務の効率化
  • カスタマージャーニーオーケストレーション(購入に至るまでの顧客体験を包括的、即時的に調整すること)

 米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)のディレクター兼シニアアナリスト、ステファニー・コービー氏によると、この中で鍵になり得るのがシステム連携だ。企業は、ユニファイドコミュニケーション(UC)システムや顧客関係管理(CRM)システムといったビジネスアプリケーションと、コンタクトセンターシステムの連携に、AI技術を活用したいと考えているという。

 コンタクトセンターのエージェントが、複数のシステムを駆使してスムーズに業務を進めるには、各システムが密接に連携している必要がある。こうしたシステム連携は、まだ十分には実現していない。AI技術がシステム連携を実現できれば、コンタクトセンターの未来を変えるゲームチェンジャーとなり得るというのが、コービー氏の考えだ。


 次回は、コンタクトセンターシステムのクラウドサービス「CCaaS」(Contact Center as a Service)の市場が活発化しない理由を探る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。