「Javaは難しそう」だって? 記憶じゃなく“今”の話をしよう今こそ「Java」な“これだけの理由”【第4回】

「Java」をこれからでも学びたくなる理由は、以前よりも習得しやすくなったことにあるという。どのようにやさしくなったのか。

2023年06月17日 10時30分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 歴史のあるプログラミング言語の場合、どのバージョンを主に使っていたかによって、そのプログラミング言語への印象が異なることがある。過去の記憶のみに頼ってそのプログラミング言語を評価しても、現在のバージョンに対する正当な評価にはならない。プログラミング言語および開発・実行環境「Java」も例外ではなく、過去の記憶に基づく評価は、実態を適切に反映していないことがある。こうしたギャップは、開発者がJavaに関心を寄せるべき理由の5つ目と6つ目に密接に関連する。

理由5.想像以上に難しくなくなった「習得」

 Javaの習得は、以前よりもずっと簡単になったと言ってよい。開発者がJavaのソースコードを書き始める際、かつてはJDK(Java開発キット)とIDE(統合開発環境)をインストールし、適切な環境変数(OS内でデータを共有するための変数)を設定しなければならなかった。全てのJavaプログラムには、プログラムの開始時に最初に実行する「main」メソッド(処理)が必要だった。

 2017年に登場した「Oracle JDK」バージョン9(通称「Java 9」)は、対話的なプログラム開発・実行環境(REPL:Read-Eval-Print Loop)を実現する機能「JShell」を備える。Oracle JDKは、Javaの仕様群「Java Platform, Standard Edition」(Java SE)に基づいた、Oracleの開発・実行環境だ。JShellを使ったプログラミングでは、mainメソッドを記述する必要がない。

 Replitの同名ツールやOne Compilerの「OneCompiler」といった、クラウドサービスとして利用可能なIDE(クラウドIDE)も充実し始めた。こうした開発環境の変化は、Javaを使い始める際の負担を軽減する。

理由6.冗長さを昔話にする「ソースコードのシンプルさ」

 「Python」「C#」といったプログラミング言語を扱う開発者は、しばしば「Javaのソースコードは冗長過ぎる」と批判する。Javaは改良を重ね、以下が可能になった。こうした変化は、Javaのソースコードをより簡潔にする。

  • 専用構文による例外処理の自動化
    • 例外処理は、プログラム実行中のエラーの内容に沿って、適切に対処するための仕組み。
  • 関数型プログラミング
    • 数学的な関数を組み合わせたプログラミング。

 Javaはコンソールやファイルなど、さまざまな出力方法を利用できる。明確な構文と命名規則があるため、保守がしやすい利点もある。「Javaのソースコードは冗長だ」と批判する時代は終わったと言える。


 次回は、7つ目と8つ目の理由を紹介する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。