編集部イチ押し! 「徹底比較」資料でまる分かり あなたに合うIT製品はこれだ

TechTargetジャパン編集部では、特定ジャンルの製品/サービスの機能やコストを比較する記事を公開してきました。本コーナーでは、これまで掲載した比較記事を一覧にして紹介します。

新着の比較記事

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】

「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。

(2021年4月14日)
コンテナネットワークの基礎知識【第6回】

Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。

(2021年4月14日)

人気の比較記事

「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【後編】

AWSが提供する「Amazon Elasticsearch Service」と「Amazon Kendra」は検索サービスという点では同じだが、機能や適した用途、課金条件などに違いがある。どちらを選ぶか検討するときのポイントを説明する。

(2021年3月30日)

ITインフラの比較記事

PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【後編】

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」は結局、何が違うのか。主要3社のPCaaS/Devices as a Serviceの内容を基に、両者の違いやサービス検討時の注意点を整理する。

(2021年4月13日)
「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【後編】

大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoftは、それぞれ「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」というDRaaSを提供している。これらの保護対象と課金体系、サポート内容を比較する。

(2021年4月9日)
PCaaSとDevices as a Serviceの導入を検討する【中編】

「PCaaS」(PC as a Service)と「Devices as a Service」の代表的なベンダーに、DellとHP、Lenovoがある。3社のサービス内容と特徴を説明する。

(2021年4月7日)
「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【中編】

AWSとMicrosoftはそれぞれ、災害対策用のインフラをクラウドサービスに構築できる「DRaaS」を提供している。それぞれのDRaaSはどのような機能があるのか。

(2021年4月2日)
クラウド時代のネットワーク最適化【第4回】

クラウドサービスとの接続の最適化に有効なSD-WAN製品。さまざまな製品が登場しており、それぞれ異なる特性を持ちます。ここではCisco Systems、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品の特徴を見てみましょう。

(2021年4月2日)
「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】

コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。

(2021年4月1日)

セキュリティの比較記事

IoTセキュリティベンダー5選【前編】

攻撃者がIoTデバイスを悪用して企業LANに侵入することを防ぐためには、IoTデバイスのセキュリティ対策が重要だ。こうした課題への対策となるIoTセキュリティ製品の主要ベンダーを紹介する。

(2020年5月11日)
リスク別セキュリティ製品ガイド

企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。

(2019年4月15日)
従来の対策との違いは?

IT部門は、セキュリティツールの選択を絶えず見直す必要がある。エンドポイントセキュリティを向上させる優れた選択肢になり得る「EDR」ツールについて紹介しよう。

(2019年4月12日)
アドオン、レポート機能、モバイルサポートで比較

企業にとって適切な多要素認証ツールとはどのように決まるのだろうか。本稿では、多要素認証の主要ベンダーであるRSA Security、Symantec、CA Technologies、OneSpanの製品を、複数の観点から比較する。

(2019年3月27日)
「無料」とは限らない点に注意

スマートフォンやタブレットを管理する「モバイルデバイス管理」(MDM)製品の選定に当たって、見逃せないのがオープンソースソフトウェア(OSS)製品の存在だ。そのメリットと課題を整理する。

(2018年11月13日)
PaaSの利用が鍵となる

IT部門はさまざまな技術で自動化のアプローチを推進している。だがアイデンティティー(ID)管理に関しては、自動化はまだ導入の初期段階だ。ID管理の将来像はどうなるのだろうか。

(2018年6月15日)

業務アプリの比較記事

「セルフサービス分析」市場は今【後編】

「セルフサービス分析」市場の成長とツールの進化をけん引するのは、Microsoft、Tableau、Qlik、TIBCOだけではない。その他の主要ベンダーと、各社の取り組みを紹介する。

(2020年11月24日)
「安さ」は判断基準にならない?

Web会議ツール「Zoom」「Teams」「Webex」のどれを使うかを決める際、利用料金は重要な選定ポイントにはならないと専門家は指摘する。何を基準に選べばよいのか。

(2020年10月16日)
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】

サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。

(2020年8月27日)
「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【中編】

社内のデータを共有する手段として「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらが適しているのか。両者のコンプライアンス支援の取り組みと、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツールを比較する。

(2020年8月19日)
在宅勤務などのテレワークが市場の変化を後押し

「Skype」が衰退した原因は、「Zoom」などのWeb会議ツールの急速な普及だけではない。コミュニケーション市場の変化の背景を、専門家の見解から探る。

(2020年6月28日)
オープンソース技術や他社のクラウドも利用可能

企業はSAPソフトウェアの運用環境に、SAPの「SAP HANA Enterprise Cloud」の他、AWSやAzureといったパブリッククラウドを選ぶことができる。それぞれのメリットとデメリット、選定のポイントを説明する。

(2019年10月2日)

システム開発の比較記事

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】

Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。

(2021年1月29日)
「NewSQL」とは何か【後編】

RDBMSとNoSQLのメリットを一つのDBMSに備える目的で登場したのが「NewSQL」だ。NewSQLの主要製品「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」を取り上げる。

(2020年12月23日)
歴史から探る相違点と類似点

「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。

(2020年10月26日)
6大Java向けIDEを比較【後編】

「Java」向け統合開発環境(IDE)の「NetBeans IDE」「Oracle JDeveloper」「BlueJ」「Eclipse Che」は何が違うのか。それぞれの特徴と、Java向けIDE選びのポイントを解説する。

(2020年8月7日)
Bamboo、GitLab、Spinnaker、TeamCity、CloudBees CIを紹介

広く利用されているCI/CDツールの「Jenkins」。その自由度の高さ故の運用の難しさから、他の選択肢を検討するユーザー企業もあるだろう。Jenkinsの代わりになるCI/CDツールを5つ紹介する。

(2020年7月15日)
「データカタログ」とは何か【後編】

データ分析担当者は、分析に利用するデータの入手に苦労することがしばしばある。そうした課題に対処する手段が「データカタログ」ツールだ。その主要機能とベンダーを取り上げる。

(2020年5月13日)

IT経営、医療IT、教育ITの比較記事

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第4回】

タブレットや2-in-1などの「学習者用コンピュータ」を活用する上で、併せて検討したいのが「充電保管庫」だ。そのタイプ別のメリットとデメリットを整理し、選定ポイントを示す。

(2018年12月17日)
小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第3回】

児童生徒のIT活用を進めるために必須のIT製品といえるのが、「学習者用コンピュータ」「充電保管庫」といった「学習者用ハードウェア」だ。まずは学習者用コンピュータについて、タイプ別に詳しく見ていこう。

(2018年12月12日)
クラウド勤怠管理システムの選び方

クラウド勤怠管理システムのベンダー各社は、公式Webサイトの情報を充実させている。複数のベンダーが「シェア1位」をうたうなど、判断に迷う情報があるのも事実だ。膨大な情報を効率良く読むコツを紹介する。

(2018年11月21日)
クラウド勤怠管理システムの選び方

勤怠管理のITツールは3つに大別できる。高機能タイムレコーダー、オンプレミスの勤怠管理システム、クラウド勤怠管理システム、という3つの製品の違い、メリットとデメリットを比較する。

(2018年10月18日)
「iTeachersカンファレンス 2017」レポート【第2回】

タブレットを効果的に生かすには、利用するアプリケーションの選定が大きな鍵となる。タブレット活用に先駆的に挑む教育者チーム「iTeachers」の注目アプリケーションを知ることは、選定の参考になるはずだ。

(2017年6月26日)
本音で議論、学生×教員IT活用座談会【第1回】

先駆的なIT活用校で学ぶ学習者は、どのようなIT製品やIT活用に価値を見いだしているのだろうか。玉川大学とデジタルハリウッド大学それぞれで学ぶ大学生2人が明かす。

(2016年4月12日)