TechTargetジャパン

規模、求めるパフォーマンス、管理方法によりけり
AWSで「Oracle Database」を動かすならどっち派? 「Amazon EC2」と「Amazon RDS」を比べた
Oracle DatabaseをAWSで実行する際に、「Amazon EC2」と「Amazon RDS」のどちらを選択して移行すべきなのか。気になるライセンス、それぞれのメリット/デメリットをまとめた。(2016/3/29)

クラウドERP製品カタログ【第8回】ワークスアプリケーションズ
「COMPANYシリーズ」をAmazon EC2で運用、パブリッククラウド選択の背景は
ERPパッケージ「COMPANYシリーズ」がAmazon EC2に対応した。企業はハードウェアコストを負担することなく人事システムなどを構築できる。プラットフォームにAmazon EC2を選んだ理由は「進化スピードの速さ」だ。(2012/2/20)

スタートアップ企業のクラウド事例
Amazon EC2やAzureでは解決しない「プロビジョニングできない処理」
事前に必要なコンピューティングリソースが分からない。そんな要件に悩んでいたあるスタートアップ企業。Amazon EC2やAzureでも解決しなかった課題をどうやってクリアしたのか?(2016/4/11)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第2回】
AWSの仮想サーバ「Amazon EC2」と、使える周辺サービス
AWSの仮想サーバである「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)とともに、その周辺サービスである「Elastic Load Balancing」(ELB)、「Auto Scaling」「VM Import/Export」を解説する。(2013/10/11)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第3回】
AWSのストレージサービス「Amazon S3」と、その周辺のサービス
AWSのストレージである「Amazon S3」とその周辺のサービスである「Amazon Glacier」「Amazon Elastic Block Store(Snapshot)」「AWS Storage Gateway」「Amazon CloudFront」を解説する。(2013/11/20)

機能を徹底解剖! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第5回】
AWSの4大データベースサービス、特徴と使い道
AWS(Amazon Web Services)が提供するデータベースサービスには、「Amazon RDS」「Amazon DynamoDB」「Amazon ElastiCache」「Amazon Redshift」の4つがある。それぞれの特徴とユースケースを紹介する。(2014/1/22)

IT管理者の夢を実現できるが……
Amazonが本気で提供する仮想デスクトップ、利用をためらう理由とは
米Amazon Web Servicesが提供するクラウドベースのデスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」を詳しく見ていこう。DaaSであるAmazon WorkSpacesに移行するメリット/デメリットを考える。(2014/3/5)

Hadoopとの使い分けは?
ビッグデータを高速分散処理するSparkをAWSで動かすと何がすごいのか
「Amazon Web Services」(AWS)のHadoopサービスとして特に魅力的なのが「Apache Spark」である。「Amazon Elastic MapReduce」と連係して高速処理や多用途性を実現する。(2016/9/12)

クラウドのデータ暗号化を自動実行
【製品動向】DropboxやAmazon EC2を守る「クラウド向け暗号化製品」
クラウドに安全にファイルを保存するのに役立つのが「クラウド向け暗号化製品」だ。DropboxなどのクラウドストレージやAmazon EC2向け製品が充実しつつある。最新動向をまとめた。(2012/12/14)

「Amazon EC2 Container Service」を理解する
Amazon Web Servicesで「Dockerコンテナ」を使うと何がうれしいのか
採用に積極的な企業も増えつつある「コンテナ」。その管理ソフトの代表格である「Docker」のコンテナが、「Amazon Web Services」で利用できる。ただし、利用に当たっては注意点もある。(2015/9/18)

作業は簡単だけど……
AWSのサービスは本当に「シンプル」なのだろうか
米Amazonの「Amazon Web Services(AWS)」には「使い勝手のよさ」と「スピード」という2つのメリットがある。この2つの要素はクラウドの開発と管理を容易にするポイントだ。(2015/11/2)

AWSが頂点に立つまでの10年を振り返る
ウォール街で偏愛されるAmazonのパラドックス 業績が悪化しても株価は高騰
Amazon Web Services(AWS)が登場して10年がたった。当初は誰も予想しなかったが、AWSの成長は目覚ましく、将来はAmazon.comの売上高をしのぐと予測するアナリストもいる。AWSの魅力とその舞台裏に迫る。(2014/5/16)

AWS監視ツールベンダーを買収したGoogleの真意は
Amazon派の皆さん、いらっしゃい――Googleの買収劇で“引き抜き工作”の臆測
米Amazonの牙城をどう崩すか。米Googleが発表したクラウドモニタリングベンダーStackdriverの買収は、Amazonに打ち勝つための戦略の一環との見方がある。(2014/7/11)

価格以外で差別化を狙うGoogle
Amazon EC2とGoogle Compute Engine、注目サービスの料金を比較した
Googleはパフォーマンスや付加機能を重視する方針。一方Amazonは、1分単位の従量料金制や月間稼働率によるSLA保証を導入することでGoogleとの差を縮めていくといわれている。(2013/6/13)

どのような法的要請があり、どう開示したか
Amazonが「透明性リポート」公開、AWSユーザーが安心できない理由は?
Amazonは、同社が受けた法的要請についての「透明性リポート」を公開したが、このリポートには多くの疑問の声が挙がった。(2015/6/30)

コストと機能を解説
クラウドデスクトップ「Amazon WorkSpaces」は本当に安い? 他社と比較する
Amazonは、同社のDaaS「Amazon WorkSpaces」の総所有コストについて、オンプレミス型VDIの半額と主張している。では、他のDaaSとのコスト比較では、どの程度の優位性があるのか?(2013/12/12)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services
国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが多いAmazon Web Services(AWS)。そんなAWSの数ある機能の中から、えりすぐりの主要機能を解説する。(2013/12/27)

各ツールの長所と短所を解説
「コンテナオーケストレーション」ツールを比較 AWS、Google、Microsoftのどれが最強?
Amazon Web Services、Google、Microsoftの3大クラウドベンダーは、いずれもDockerコンテナの配備や監視を支援する「コンテナオーケストレーション」ツールを提供している。各ツールの機能を比較する。(2017/4/18)

AWSコンテナサービスとBeanstalkの違い
AWSで「Docker」を使い倒す、最適な方法とは?
「Docker」を「Amazon EC2 Container Service」で使用すると、クラウドのポータビリティ強化とコスト削減を実現できる。この2つのサービスを利用するに当たり必要な情報を提供する。(2015/6/1)

NEWS
ワークスアプリケーションズ、「COMPANY」をAmazon EC2で提供
ERPパッケージ「COMPANY」を提供するワークスアプリケーションズがパブリッククラウド「Amazon EC2」でERPの機能を提供すると発表。テスト環境から始めて、本番環境にも対応する方針だ。(2010/9/14)

データベースもクラウドで動かす時代か
Oracle DatabaseをAWSへ、ダウンタイム別に考える3つの移行方法
オンプレミスのデータベースをクラウドへ移行する企業が出てきている。「Oracle Database」から「Amazon EC2」インスタンスにデータを移行する最適な方法は。(2016/3/16)

Amazon EC2の料金表をチェック
Amazonクラウドサービスの選び方
Amazon EC2の利用形態には、標準的なスタンダードインスタンスの他にもオプションを含めて多数の選択肢がある。自社にとって最も採算性の高い利用形態を選ぶ方法を解説。(2011/7/12)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第4回】
AWSの3大ネットワーク機能を理解する
AWSの仮想ネットワーキングサービスである「Amazon VPC」、VPCと組み合わせて使用する「AWS Direct Connect」、そしてDNSサービスである「Amazon Route 53」について解説する。(2013/12/19)

Amazonは強くなり過ぎた?
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/24)

Microsoftのクラウドファーストは成功するか?
アナリストが分析する、MicrosoftのAzure戦略の勘所
クラウド市場の覇権を懸けて、MicrosoftとAmazonの競争が激化している。挑戦者のMicrosoftはAzureを強化してAmazonに挑む。注目すべきAzure戦略をアナリストが分析する。(2015/1/29)

無料枠、コスト、SLA、サポートを徹底比較
結局、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureはどちらが優れたクラウドなのか?
「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」はどちらが優れたクラウドサービスなのだろうか。無料枠やコスト、SLA、サポートといった観点で両者を比較した。(2014/8/14)

ケッセル上級副社長から漏れたAmazonの本音
AmazonのKindle FireはiPadに対抗できるか
日本でも注目されている、Amazonの「Kindle Fire」。デモを見て実機に触れた筆者が、Amazonのケッセル上級副社長から同社の戦略を聞いた。(2011/10/14)

Microsoft、Googleが挑みかかる
10周年を迎えた「AWS」、ライバル急伸で本当の勝負が始まる
2016年3月で10周年を迎えた「Amazon Web Services」(AWS)は、市場で本当の競争が生じる可能性に初めて直面する。これからの10年間はこれまでと違うものになることが予想される。(2016/4/11)

「AWS Lambda」「Amazon EC2 Container Service」から分かること
「IaaSのAWSはもう古い」、PaaS進出で何が変わる?
AWSのIaaS導入は始まりにすぎなかった。「AWS Lambda」や「Amazon EC2 Container Service」のようなサービスが、IaaSとPaaSを次のレベルに引き上げた。(2015/3/31)

「AWS Summit Tokyo 2014」EdTech & Research セッションリポート
広島大学が基幹系をAmazonクラウドへ移した理由
「Amazon Web Services(AWS)」に基幹系システムを移行した広島大学。その決断を後押ししたものとは何か。なぜAWSなのか。同大学の情報担当副理事を務める相原玲二教授の話から明らかにする。(2014/7/31)

Loading