2012年02月20日 09時00分 公開
特集/連載

「COMPANYシリーズ」をAmazon EC2で運用、パブリッククラウド選択の背景はクラウドERP製品カタログ【第8回】ワークスアプリケーションズ

ERPパッケージ「COMPANYシリーズ」がAmazon EC2に対応した。企業はハードウェアコストを負担することなく人事システムなどを構築できる。プラットフォームにAmazon EC2を選んだ理由は「進化スピードの速さ」だ。

[吉村哲樹]

 ワークスアプリケーションズが提供する「COMPANYシリーズ」は、大手企業向けの国産ERPパッケージとして長く高シェアを保ち続けている製品だ。COMPANYシリーズの製品ラインアップは、対象業務別に「COMPANY人事シリーズ」「COMPANY会計シリーズ」などと分かれており、特に人事シリーズは大手企業向け人事システムの市場で長くトップシェアを誇っている(参考記事:「COMPANYシリーズ」を貫く“本来のパッケージ”という開発思想)。

 またCOMPANYシリーズは、他社製ERPパッケージ製品にはあまり見られない独自の製品コンセプトを持つことでも知られる。その最大の特徴は、カスタマイズやアドオン開発がほぼ不要なこと。あらゆるユーザーニーズに応えられるだけの豊富な機能をあらかじめ実装しているためノンカスタマイズで導入できるという。また、定額の保守料だけで無償バージョンアップを提供する独自のバージョンアップポリシーも持つ。こうしたことから、他社製品と比較して導入・運用コストを大幅に削減できるというのが同製品の主なセールスポイントになっている。

 ワークスアプリケーションズは2011年3月、このCOMPANYシリーズの主力製品であるCOMPANY人事シリーズを、Amazon EC2のパブリッククラウド環境に対応させたと発表した(参考記事:ワークスアプリケーションズ、「COMPANY」をAmazon EC2で提供)。現在、さまざまなERPベンダーが自社製品のクラウド対応を進めているが、その多くは財務・会計分野の製品であり、本格的な人事システムのクラウド対応はCOMPANY人事シリーズの他には、まだあまり例がない。しかも、プライベートクラウドではなくAmazon EC2のようなパブリッククラウドでとなると、なおさらだ。

 パブリッククラウドを用いた製品、サービスは一般ユーザー向けアプリケーションというイメージもあるが、ワークスアプリケーションズ プロダクションソリューション事業本部 ソリューションプランニンググループ マネジャー 安部孝之氏は、むしろ業務アプリケーションこそクラウドでの利用に適しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...