2010年02月03日 09時00分 公開
ニュース

富士通、製造業向け情報管理システム「PLEMIA M3」に構想設計支援を追加NEWS

富士通と富士通長野システムエンジニアリングは、製造業向け統合設計情報管理システム「PLEMIA M3」シリーズに、構想設計の支援機能とデータ管理機能を追加した。3月1日より提供を開始する。

[TechTargetジャパン]

 富士通と富士通長野システムエンジニアリングは2月1日、製造業向け統合設計情報管理システム「PLEMIA M3」シリーズに、製品開発時の構想設計を支援する新機能を追加したと発表した。3月1日より提供を開始する。

 製品の全体構想を検討する「構想設計」は、製品の部材/保守コストの大部分を決定する重要な段階だ。しかし、現状では多くの企業が設計に関する情報(不具合対策、テストデータ)の共有や参照の仕組みが不十分であるため、個人の経験値で検討を行うことが多く、過去資産の検証やノウハウを活用しきれていないという。

画像 レビューするごとに品目、関連文書のスナップショットを保存でき、任意のレビュー段階に立ち戻って検討を行うことも可能

 新機能では、製品開発にかかわる要求機能/仕様、設計者負担、設計プロセスをPLEMIA M3上で一元管理するほか、過去の製品開発で発生した不具合に関する対策、強度の検証が可能。設計ミスによる手戻りの削減や部品の共通化がスムーズに進み、新製品設計時の構想段階から製品コストの削減、品質の向上を支援する。

 なお、両社ではPLEMIA M3で扱うデータの管理機能「PLEMIA M3/EDM」も別途用意。データの全文検索や関連データのリアルタイム表示、タブ機能などが可能で、業務効率を向上するとしている。

 価格は新機能搭載のPLEMIA M3シリーズが360万円。「PLEMIA M3/EDM」が276万円。既にPLEMIA M3を導入しているユーザーで新機能を追加する場合は160万円となる。

関連ホワイトペーパー

富士通 | 製造業 | 業務効率 | 検索


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

外出自粛をきっかけにオンラインで購入した商品は?――アドビが東京都の消費者1000人に調査
東京都の消費者1000人に調査。これまで店舗購入のみだったものが、今後はオンラインと店...

news016.jpg

withコロナ時代のB2Bマーケティング リード獲得に強い「ウェビナー」とは?
展示会への出展やセミナーの開催を制限、または中止せざるを得ない状況が続く中でB2B企業...

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。