2011年08月25日 09時00分 公開
特集/連載

クラウドERP製品カタログ【第3回】エス・エス・ジェイ真の意味でのSaaS――「SuperStream-NX」が提供する価値とは

多くのユーザーを抱える「SuperStream-NX」のSaaS版が登場した。中堅・中小企業だけでなく、グローバル展開するような企業もターゲットにした製品だ。「真の意味でのSaaS」の真意を探る。

[吉村哲樹]

「SuperStream-NX」のSaaS提供を開始

 キヤノンMJ ITグループのエス・エス・ジェイ(以下、SSJ)が提供する「SuperStream」は、初代バージョンのリリースから16年の間に6000社以上もの導入実績を重ねてきた、国産ERPパッケージ製品の代表選手の1つである。

 同製品には、伝統的なクライアント/サーバ型のアーキテクチャに基づいて作られた「SuperStrem-CORE」と、完全Web対応版の「SuperStream-NX」の2つの製品ラインがあるが、SSJは2010年11月、SuperStream-NXの機能をSaaSのサービスとして提供することを発表した。実際にサービスの提供が始まったのは2011年2月からだが、本稿執筆時点(2011年8月)で早くも導入企業が現れ始めているという。

 同社 マーケティング部 部長 山田 誠氏は、このSuperStream-NX SaaS対応版のビジネスの将来性に自信をのぞかせる。

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...