グローバル進出をにらむ「SuperStream」、視線の先には何が?ERP製品カタログ【第7回】エス・エス・ジェイ

新たにSaaS対応を発表した「SuperStream」が機能強化を急いでいる。特にグローバル対応機能を追加することで大企業顧客を獲得したい意向だ。IFRS対応にも先進的に取り組む同社に戦略を聞いた。

2011年01月07日 08時00分 公開
[吉村哲樹]

豊富な実績を持つ国産ERPパッケージ「SuperStream」

 エス・エス・ジェイ(以下、SSJ)が提供する「SuperStream」は、中堅・大手企業向けの国産ERPパッケージとして長い実績と高いシェアを持つ製品だ。現在、SuperStreamは2つの製品ラインに分かれている。1つは、1999年に初代バージョンがリリースされた「SuperStream CORE」。既に12年近い歴史があり、6000社近くもの導入実績を持つ。

画像 エス・エス・ジェイ マーケティング企画部 部長 山田 誠氏。SSJは1986年創業で、現在はキヤノンMJアイティグループホールディングスの傘下にある

 もう1つが、2009年12月にリリースされた「SuperStream NX」である。こちらは、既に長い実績を持つSuperStream COREの機能を引き継ぎつつ、さらにWebアーキテクチャやグローバルビジネス、クラウドコンピューティングなどに対応した製品である。

 まずは、SuperStream COREの特徴を簡単に紹介しよう。同製品は、主に会計と人事の業務をカバーするERPパッケージ製品である。それ以外の業務領域に関しては、SuperStream COREは機能を提供せず、他システムとの連携によって対応する。なぜ会計と人事以外の機能は実装していないのか。その理由を、SSJ マーケティング企画部 部長 山田 誠氏は次のように説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...