2016年03月29日 15時00分 公開
特集/連載

AWSで「Oracle Database」を動かすならどっち派? 「Amazon EC2」と「Amazon RDS」を比べた規模、求めるパフォーマンス、管理方法によりけり

Oracle DatabaseをAWSで実行する際に、「Amazon EC2」と「Amazon RDS」のどちらを選択して移行すべきなのか。気になるライセンス、それぞれのメリット/デメリットをまとめた。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
Amazon RDSのWebサイト《クリックで拡大》

 Amazon Web Services(Amazon)が提供する「Amazon Web Services」(AWS)には、Oracleの「Oracle Database」を実行する複数のアプローチが用意されている。Oracle Databaseの実行に「Amazon RDS」と「Amazon EC2」のそれぞれを使用するメリット/デメリットは何だろうか。

クラウド ナビ


 パブリッククラウドがローカルデータセンターに代わる有効な選択肢という認識の高まりを受けて、Oracleはクラウドで業務アプリケーションの実行をサポートしている。だが、クラウドで複雑なアプリケーションを実行することは、経験豊富なITスタッフにとっても難しい場合がある。AWSのアプリケーションは定期的なテストとパフォーマンスの監視が必要になる。これは、Oracle Databaseのようなミッションクリティカルなワークロードの操作性と可用性を確実に維持するために必須の作業だ

 Oracle Databaseは、適切なAmazon EC2インスタンス内またはAmazon RDS経由で実行できる。Oracle DatabaseをAmazon EC2とAmazon RDSで実行することは、どちらも可能な選択肢で、他に例を見ないメリットをもたらす。

 一般的に、Oracle DatabaseをAmazon EC2にインストールするより、Amazon RDSで設定、管理、維持する方が企業にとっては簡単だろう。Amazon RDSは高い拡張性を備え、ユーザーはコンピューティングのニーズに応じてサービスをスケールアップ/ダウンできる。ただし、ライセンスはAmazon RDS経由で時間単位の料金として処理されるため、この用途専用の長期ライセンスはない。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。