クラウドデータベース「Amazon RDS」のデータ保護に欠かせない4つの視点データベースセキュリティの管理責任はユーザーに

クラウド利用で常に議論される「セキュリティ」に対する懸念。その責任所在の境界線は、サービスプロバイダーや利用サービスによって異なる。AWSの場合を見てみよう。

2015年04月10日 08時00分 公開
[Ofir NachmaniTechTarget]

 米Amazon Web Services(AWS)では、セキュリティに対する責任はユーザーと共有すべきものと考えている。従って管理者は「Amazon Relational Database Service」(Amazon RDS)にあるデータの安全を確保するため、あらゆる対策を講じなければならない。

 AWSは、RDSのセキュリティ対策機能を幾つか提供している。だが他の多くのAWSサービスと同様に、RDSもセキュリティ対策については「責任共有」モデルの対象となる。この姿勢に基づき、RDSやゲストOSなどAWSインフラストラクチャとAWS基盤サービスについてはAWSが管理する。一方で、データベースのセキュリティ対策についてはITチームが責任を負う。

 Amazon RDS内のデータのセキュリティとプライバシー、完全性を保つため、管理者は以下の4分野を考慮しなければならない。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


1.アクセスコントロール

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...