2021年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon VPC」は何に使えるのか? ネットワーク制御機能と監視機能を整理「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第2回】

AWSの仮想ネットワークサービス「Amazon VPC」は、どのような目的で利用できるのか。Amazon VPCの主な機能を説明する。

[Adam Bertram,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)の仮想ネットワークサービス「Amazon Virtual Private Cloud」(Amazon VPC)は、各AWSサービスで構築した仮想マシンなどのAWSリソース同士を、論理的に他のネットワークから分離した仮想ネットワークで接続する。対象のAWSサービスは、コード実行サービスの「AWS Lambda」やストレージサービス「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)、仮想マシンサービスの「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)などだ。

 他のAWSのネットワークサービスとも連携できる。ゲートウェイサービスの「AWS Transit Gateway」は、Amazon VPCとオンプレミスネットワーク間の相互接続を実現する。プライベート接続サービス「AWS PrivateLink」は、アクティブなAWSサービスとAmazon VPCとの間に安全な経路を作成する。前回の「『Amazon VPC』とは? AWSの仮想ネットワークサービス」に続く本稿は、Amazon VPCのネットワーク制御機能や監視機能を説明する。

Amazon VPCのネットワーク制御機能

 AWSサービスの管理ツール「AWS Management Console」(AWSマネジメントコンソール)や「AWS Command Line Interface」(AWS CLI:AWSコマンドラインインタフェース)から、Amazon VPCを起動できる。Amazon VPCではネットワークアクセス制御リスト(ACL)を設定できる。このACLがファイアウォールとして機能し、ネットワークを流れるデータをフィルタリングする。

Amazon VPCの監視機能

 運用チームはAmazon VPCの「VPC Flow Logs」(VPCフローログ)を利用することで、ネットワークを流れるデータを監視・可視化し、疑わしいイベントを強調表示できる。「Traffic Mirroring」(VPCトラフィックミラーリング)は、パケットの検査や指定された転送先への転送を可能にする機能だ。脅威の検出や、データ転送に問題が生じたときのトラブルシューティングを可能にする。2つのAWSリソース同士の通信に問題がある場合は、「VPC Reachability Analyzer」で接続のボトルネックを特定することで、問題を素早く解決できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...