TechTargetジャパン

ボトルネックはコストがかさむストレージ
仮想化導入を一気に進める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」パートナーシップ最前線
投資ではストレージ需要増大とコスト抑制が相反する、そのレベルは常に上がっている。この問題を解決するのがSDS(Software Defined Storage)を超えたハイパーコンバージドインフラストラクチャ」だ。(2016/6/15)

最新事例に見る、本当に価値のあるインフラ統合とは
主要調査機関も注目する、「コンバージド・インフラストラクチャ」最新事情
今ITの世界では地殻変動が起きている。クラウド、モバイル、ビッグデータ。こうした環境変化に、サイロ化されたインフラで対処するのはもう限界だ。だが問題は、単にインフラを統合すればいいわけではないことだ。(2013/11/26)

「仮想」「物理」の選択で鍵となる要素は
仮想デスクトップインフラ(VDI)導入に失敗した企業は、何を見落としていたのか?
「仮想デスクトップインフラ」(VDI)はデスクトップ環境の効率的な運用管理に役立つものの、導入成功に向けて検討すべき項目は多岐にわたる。押さえておきたいポイントを紹介する。(2017/7/21)

デル株式会社提供Webキャスト
スマホやタブレットでサーバ管理――設定変更や状況確認を安全に行う仕組みとは
めまぐるしく変化するビジネスシーンにおいて、組織のITインフラストラクチャ、特にその中核を担うサーバの停滞は許されない。モバイルデバイスとサーバを連携させ、いつでも、どこからでもサーバ管理が可能な環境の構築が必要だ。(2018/5/8)

SDxのおかげ?
ベンダーロックインでOK、ハイパーコンバージドを選ぶユーザーの本音は?
コンバージドインフラやハイパーコンバージドインフラは多くの場合、1社のベンダーによって構築される。それに伴うベンダーロックインへの懸念はどの程度あるのだろうか。(2017/3/15)

これからは特定の知識だけではいけない
ハイパーコンバージドインフラで失職? 技術動向によって変わるIT担当者の仕事
コンポーネントが全てパッケージ化されているハイパーコンバージドインフラ。IT部門はシステム全体を一括して管理できるため便利そうだが、この技術により別の課題が起こる可能性がある。(2015/9/1)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2015」チケットプレゼント
(2015/4/15)

調査から見えるユーザーの本音
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)でも、やっぱりSSDとHDDの性能は大事
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、ベンダーロックインに対する万能薬と位置付けられている。しかし、ある調査によると、ITインフラのベンダーロックインは、一時期ほど重視されなくなってきているという。(2017/10/16)

システム統合が最大の課題
「コンパニオンアプリ」はモバイルワークの切り札になるか、導入時の注意点
外出先から社内業務システムへのアクセスをもっと便利にしたいと考えている組織は、コンパニオンアプリの導入を検討してみてはどうだろうか。モバイルと既存のデスクトップインフラを統合できるかもしれない。(2017/12/4)

一部の企業が敬遠する理由は?
万能ではない「ハイパーコンバージドインフラ」、仮想デスクトップとの“微妙な相性”
ハイパーコンバージドインフラは、VDI導入企業が求めるパフォーマンスと管理性を実現する。だが一部の企業は、柔軟な調整がしにくいと敬遠するかもしれない。(2015/8/31)

2017年のデータセンターはどう変わる?
IoTにトライしていない企業はたった11%、IT投資動向調査で驚きの結果
TechTargetの調査「IT Priorities Survey」で、データセンターはアップグレードとインフラの改善に取り組み、新たに出現したテクノロジーを取り入れるようになることが明らかになった。(2017/4/3)

データ保護/セカンダリストレージまで
広がる「ハイパーコンバージド」の波と、ベンダーのざわめき
ハイパーコンバージドインフラはプライマリストレージに影響を与えているが、ベンダーはこのインフラのコンセプトをデータ保護にも応用しようとしている。(2015/9/17)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2014」チケットプレゼント
(2014/3/10)

スケーラビリティはどれも十分
ハイパーコンバージドの主要3製品比較: Nutanix vs. VMware vs. SimpliVity
米SimpliVityや米Nutanix、米VMwareのハイパーコンバージドインフラ製品は、購入前にリソース構成やスケーラビリティを理解する必要がある。(2015/9/10)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2013」チケットプレゼント
(2013/2/22)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2012」チケットプレゼント
(2012/2/24)

AWSが本気のクラウド型デスクトップ発表
「Amazon WorkSpaces」が実現する“夢のデスクトップサービス”
Amazon WorkSpaceは、自身のデスクトップ環境をさまざまなデバイスから利用でき、ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャ、そして長期的な契約が不要という夢のようなデスクトップサービスだ。(2013/11/28)

料金改定と機能改善で使えるクラウドに
“打倒AWS”に本気な「Windows Azure」の価格競争力
米Microsoftが正式提供を開始した「Windows Azureインフラストラクチャサービス」。強気の料金設定や機能で、王者Amazon Web Servicesの牙城を切り崩すことができるか?(2013/6/11)

企業とネットワークの新しい関係(前編)
ネットワークだけではない、企業インフラがSDNに期待できること
「SDx=ソフトウェアで定義されたx」として最も有名な「SDN(Software Defined Networking)」。だが、その実態はいまいちつかみにくい。SDNとは何か。また、SDNに期待できる価値、そしてSDNをとりまく業界動向をリポートする。(2013/11/21)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】
ビッグデータは世の中を変えるか?
ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。(2012/7/18)

Hyper-Vのラインセンスの仕組み
VMware vSphereとHyper-Vを組み合わせるメリットとは?
VMwareの仮想化インフラストラクチャにHyper-Vを導入するとどの程度有益なのか。Hyper-Vのライセンスは、2つ目のハイパーバイザーとしてコストに見合うのかを見ていこう。(2011/9/7)

Efficient ITを実現する情報インフラの全体最適化
コストを削減しながらビジネスに貢献する戦略的ITを実現する、情報を中心としたEfficient IT。それを実現するのが情報インフラストラクチャの全体最適化だ。企業は今、何をすべきか? そのヒントになるホワイトペーパーを集めた。(2009/3/11)

TechTargetジャパン プレミアムレビュー
Windows 8.1に見るMicrosoftの思惑と日本企業が見過ごせない3つの傾向
賛否両論を呼んだWindows 8に市場ニーズを反映し、さまざまな改善点を盛り込んだWindows 8.1 Preview。だが、そのリリースの背景には改善点だけではなく、今後の業務インフラ整備のための鍵が隠されている。(2013/7/26)

ハイパーバイザーを2つのタイプで分析
仮想化セキュリティ:ハイパーバイザー攻撃の対策
仮想化のセキュリティでは、各インフラストラクチャに適したハイパーバイザーを選択することが肝要だ。(2011/3/2)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2009」チケットプレゼント
(2009/2/12)

ストレージネットワーキング技術の最新事情(前)
帯域幅のアップグレードに温度差があるファイバーチャネルとイーサネット
新しく仮想データセンターインフラを選択するITアーキテクトの多くが、ファイバーチャネルとイーサネットのどちらを採用するかで悩むようになった。拡張性を考慮すると、果たしてどちらを選ぶべきなのだろうか?(2012/6/12)

TechTargetジャパン 会員限定プレゼント
【お知らせ】「ガートナー ITインフラストラクチャ&データセンターサミット2008」のチケットが当たる!
(2008/5/23)

NEWS
日本CA、物理/仮想環境の統合管理が可能なインフラ障害管理製品を国内投入
クラウド移行などで複雑化するIT環境を可視化。ユーザー部門より先にIT管理者側で障害発生などを把握でき、リポート機能を利用した企業内での意思疎通も可能だという。(2010/2/23)

NEWS
仮想化、クラウドで求められるシステム化したセキュリティ――RSAがコンセプトを説明
EMCとRSAは戦略説明会を開催。クラウドで変化する情報インフラのセキュリティに対し、同社が提唱する“セキュリティシステム”のコンセプトを紹介した。(2010/9/10)

「Lean IT」戦略でスリムなITを実現
コスト削減とサービス向上の第一歩はインフラの「見える化」から
ITコストをどこから削減すればいいのか分からない。新たなIT投資の根拠を経営層に明示できない。結局、従来通りのシステム運用を続けていかざるを得ない……。こんな状況を打破するためのソリューションを紹介する。(2009/7/29)