TechTargetジャパン

「IBM Cloud」が最適な理由
VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか?
企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。(2017/8/10)

IBMクラウド活用法ビジネスへの懸念点を解消
「VMware環境をクラウドで構築したい」と言われたら? SIerのためのクラウド活用法
ユーザー企業から「VMware環境をクラウド化したい」と相談を受けるSIerが増えている。他社と差別化し、顧客から選ばれ続けるSIerとなるための“クラウド活用法”とは。(2017/8/10)

柔軟で安全な仮想ネットワークを実現
丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか?
ネットワーク仮想化の手段として登場した「VMware NSX」。その実態はどのようなものなのか。導入によって得られるメリットとは。専門家の話を基に解剖する。(2017/6/8)

未来のオフィスの必須ツールになる?
「デジタルワークスペース」でしのぎを削るVMwareとCitrix、ベンダー動向を追う
デジタルワークスペース製品を利用すると、会社のITリソースへのアクセスや管理が一元化され、IT部門もユーザーも仕事がしやすくなる。現状、この市場でしのぎを削っているのはVMwareとCitrix Systemsだ。(2017/5/1)

NetAppの問題はVSANで解決
導入企業がVMware Virtual SANに望む機能改善とは?
NetApp MetroClusterに起因するボトルネックに悩んでいた小売業者が、Virtual SANとフラッシュストレージに移行。導入効果に満足している同社だが、VSANにはまだ改善すべき点があるという。(2017/1/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
OpenStack、CloudStack、VMware、プライベートクラウドでベストな選択肢はどれ?
オープンソースのクラウドプラットフォームには多くの選択肢がある。その代表格が「OpenStack」と「CloudStack」だ。またVMwareは、ハイブリッドおよびプライベートクラウドの有力な選択肢だ。あなたの会社はどれを選ぶべきだろうか。(2016/11/25)

「ストレージ」から見る仮想化の今【後編】
「VMware/Hyper-V」と「Docker」では、ストレージの扱い方がどう違うのか
仮想化関連の技術開発においてストレージへの注目度が高まる中、ベンダー各社はどのような取り組みを進めているのか。後編では、外部ストレージやデータ管理、コンテナに関する技術動向を紹介する。(2016/11/15)

「ストレージ」から見る仮想化の今【前編】
VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が「内部ストレージ」に移った訳
仮想化ベンダーが技術開発の中核にストレージを据え始めている。前編では、特に動きが活発なサーバの内部ストレージを活用した仮想化技術の最新動向を追う。(2016/11/14)

業務アプリが全てクラウドネイティブになるとは限らない
AWSとVMwareのハイブリッドクラウドは、DevOpsに鉄板の組み合わせ
併用しても魅力が損なわれない2つの製品がある。これまでVMware製品を使っていた企業は、DevOpsを進めるにつれ、AWSと併用するケースが増えていくだろう。(2016/10/24)

VMwareにあるのはチャンスだけ?
クラウド時代にVMwareが楽天的なのは現実逃避なのか
VMwareの役員会は、課題は何もないと考えているらしい。同社の顧客がクラウドへ移行する中、本当に問題はないのか。だとすると、同社の自信の根拠とは何か。(2016/10/20)

真のハイブリッドクラウドが実現できるIBM Cloud
VMware SDDC on IBM Cloud だからできる、ハイブリッドクラウドの課題解決
VMwareを中心にプライベートクラウドを構成する多くの企業は、パブリッククラウドを活用したくても、構成や運用の変更に伴う検討事項が山積みだ。ハイブリッドクラウドの多過ぎる課題を解決するクラウドとは。(2016/9/12)

2陣営に分かれるEMM市場
成長中のモバイル管理市場を二分、Microsoft&Citrix連合とVMware陣営の戦いが熱い
CitrixとMicrosoftのパートナーシップは、仮想化市場のみならず企業のモバイル管理市場においても顕在だ。Microsoftとの連携が、CitrixのAppConfig Communityへの参加をとどまらせている。(2016/8/25)

負担だらけのモバイル管理はもう止めよう!
VMwareが提案するシンプルかつ強力なモバイル活用の道しるべとは?
MDMによるモバイル「管理」からEMMによるモバイル「活用」へとシフトしているが、なぜMDMだけでは不十分なのか? その答えを探りつつ、業務部門にも情報システム部門にも有用なEMMの条件を考えてみよう。(2016/8/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
社内のVMware環境を「Amazon Web Services」(AWS)のクラウドと連係したいという企業は多い。だが、そこには数々の難問が立ちはだかる。この難問をいかにしてクリアできるのだろう。(2016/4/8)

Hyper-Vはそもそも対象外
VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが選んだ仮想環境とは?
データアナリティクスサービスを提供するSaaSプロバイダーのPiは、システムの全面入れ替えを決断。その際、定番のVMware vSphereはコストと複雑性を理由に導入しなかったという。同社が選んだ製品とは?(2016/3/24)

数秒でアプリケーションを配信
専用の仮想デスクトップはもう不要? 「VMware App Volumes」の仕組み
「VMware App Volumes」を使用すると、IT管理者は、非永続的な仮想デスクトッププールから永続的なアプリケーションを配信できる。本稿では、App Volumesの仕組みを紹介する。(2016/2/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/30)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/24)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/17)

ユーザーの操作性に影響
Citrix vs. VMware、デスクトップ仮想化のプロファイル管理ツールを比較する
CitrixとVMwareのユーザープロファイル管理はいずれも、Windowsの基本的な移動プロファイルよりも仮想デスクトップのデータ保護やログイン/ログオフ時のレイテンシ削減に役立つ。両者の違いは?(2016/1/14)

アプリケーション配信技術、RDSHとは
リードするCitrixと追うVMware、「XenApp 7.6」と「Horizon 6」のRDSH機能を比較
アプリケーションのリモート配信製品市場では、XenAppが依然としてトップの座を占めているが、VMwareもHorizon 6にリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)を追加して差を縮めている。(2015/11/25)

専門知識とハードワークが必要
AWSとVMwareのハイブリッドクラウドってどうなの? FlightStatsとGetty Imagesの事例
ハイブリッドクラウドに関する問題は手ごわい。だが、AmazonとVMwareのクラウド環境で構成されたハイブリッドクラウドで見事に問題を解決した企業も存在する。本稿ではその事例を紹介したい。(2015/11/24)

ハイブリッドクラウドへの道は険しい
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド連係に立ちはだかる数々の難問
ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。それどころか、社内のVMware環境をAWSに連係する作業を進めることで、新たな問題が次々と出現するのだ。(2015/11/12)

相違点を明らかにする
VMwareのアプリケーション仮想化ツール、2製品あるのには意味がある
VMwareは2種類のアプリケーション仮想化ツールを提供しているが、IT部門はどちらか一方を選ぶ必要はない。「VMware App Volumes」と「VMware ThinApp」を併用すれば、アプリケーション配信のさまざまな選択肢を利用できる。(2015/11/5)

FTやvMotionを強化
徹底レビュー:ストレージ管理者に朗報をもたらす「VMware vSphere 6」
米VMwareの「VMware vSphere 6」のリリースから、VMwareが徹底的に仮想化したインフラを備えた完全なるソフトウェア定義のデータセンターを目指していることが見て取れる。(2015/11/4)

マシンでも働きすぎは深刻な問題に
フラッシュメモリが“過労死”? VMwareとMicrosoftの仮想環境が心配だ
米VMwareのハイパーバイザーや米Microsoftの「Hyper-V」では、フラッシュメモリを酷使して仮想マシンが“動作”する。仮想マシンのウェイトが高くなるにつれて、フラッシュメモリの短命化が深刻な問題になる。 (2015/10/27)

スケーラビリティはどれも十分
ハイパーコンバージドの主要3製品比較: Nutanix vs. VMware vs. SimpliVity
米SimpliVityや米Nutanix、米VMwareのハイパーコンバージドインフラ製品は、購入前にリソース構成やスケーラビリティを理解する必要がある。(2015/9/10)

VMworld 2015で明らかに
「Windows 10」で“冷戦”終了、VMwareとMicrosoftの本当の仲は?
米VMwareは、Windows 10アプリケーションの新しい配信・管理ソリューションのテクノロジープレビューを披露した。このソリューションでは同社の「AirWatch」と「App Volumes」が使われる。(2015/9/8)

TechTargetジャパン用語事典
VMware Horizon View
VMware Horizon View/VMware View(2015/8/24)

TechTargetジャパン用語事典
VMware App Volumes(旧称:CloudVolumes)
VMware App Volumes/CloudVolumes(2015/8/19)

後発のVMwareが苦戦している理由
注目度“高”のハイパーコンバージド市場、VMwareの「EVO:RAIL」に勝算は?
VMwareが「EVO:RAIL」と「EVO:RACK」でハイパーコンバージドインフラ市場に参入する。問題は競合製品との差別化だ。VMwareの参入はVDIを導入する企業にとって何を意味するのか。(2015/8/12)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vs. OpenStack──ストレージ機能を徹底比較(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/8/8)

既存のVMware環境をどうするか
徹底比較:OpenStack vs. VMware プライベートクラウドにベストな技術は?
OpenStackとVMwareは、ハイブリッドおよびプライベートクラウドの有力な選択肢だ。あなたの会社はどちらを選ぶべきだろうか。(2015/8/5)

ストレージ管理やバックアップの悩みを解決
話題の「VVOL」にも対応 VMware環境の最新ストレージ運用術
米VMwareが発表したストレージ管理技術「VVOL」。仮想マシン単位で細かく管理することで、性能やバックアップ運用の課題を解決する。いち早くVVOLを取り入れた最新のストレージ運用方法を紹介する。(2015/7/24)

ソフトウェア定義データセンターに最適なのは?
VMware vs. OpenStack──ストレージ機能を徹底比較
市場で大きなシェアを占めるVMware vSphereと、大規模導入事例で注目度上昇中のOpenStack。これから導入するならどちらを選ぶべきか? 本稿ではストレージの観点から両者を比較した。(2015/7/28)

進化するソフトウェア定義のストレージ
「VMware vSphere 6」で注目のストレージ機能、VVOL/ VSANでデータ保護はどう変わるか?
「VMware vSphere 6」で新たに加わったストレージに関する機能「VMware Virtual Volumes」(VVOL)と「VMware Virtual SAN」(VSAN)。「Software-Defined Storage」(SDS)を実現するこれら2つの機能により、データ保護はどう変わるのだろうか?(2015/5/25)

クラウドへの移行負荷を軽減
「OpenStack」の簡単導入、VMware無料ツールが見逃せない理由
企業が「OpenStack」を導入するには、多くの時間と高度な技術的知識が要求される。これをチャンスと捉える米VMwareは、同社独自のディストリビューションを開発した。(2015/5/18)

「Azure Site Recovery」登場で変わる市場
「DRaaS」をめぐる頂上決戦、Microsoft vs. VMwareの行方は
Azureのクラウド障害復旧サービス「Azure Site Recovery」は、VMwareの「vCloud Air Disaster Recovery」とどう戦うのか。(2015/4/26)

「vCloud Air」は戦えるか?
VMware本格参入でますます面白くなるハイブリッドクラウド市場、AWSとAzureへの対抗軸を占う
VMwareはハイブリッドクラウドの販売に仮想化の顧客ベースを活用しようとしているが、果たしてAWSとAzureから支配権を奪うことはできるのだろうか。(2015/4/15)

「VMware Horizon 6」でRDSホスト型が実現
機能追加でCitrixに迫るVMwareのデスクトップ仮想化
VMwareの「VMware Horizon 6」にはさまざまな新機能が追加されている。だが、Citrix製品に追い付くには、もっとプラットフォームに磨きをかける必要がある。(2015/4/6)

現時点では意味がないパートナーシップ?
Googleとのクラウド連携に見る、VMwareの「vCloud Air」への本気度
米Googleのクラウド機能を米VMwareの「vCloud Air」に組み込むことで合意されたのは、大きなニュースだ。だが、パブリッククラウドを使っていない企業にとってはあまり実用的なものではないとの見方がある。(2015/4/3)

だがクラウドの信奉者ではない
VMwareのCIOが考える、仮想化の用途と限界
VMwareのCIOトニー・スコット氏は、仮想化について最も理解している人物の1人だ。同氏は、自社のITインフラ構築の経験を通して、仮想化の可能性と限界を説明する。(2015/2/12)

2015年も目が離せない
アプリ仮想化ライバル対決、CitrixとVMwareの攻防はどうなる?
米Citrix Systemsは2014年に「Citrix XenApp」を復活させ、新たに「Citrix Workspace Services」(CWS)を発表した。だが、米VMwareもすぐ後を追随している。2015年も仮想化ベンダーの動向から目が離せないだろう。(2015/1/14)

混戦状態の市場を制するのは、どのベンダー?
2014年は「DaaSの年」だった AWS、Microsoft、VMwareの気になる戦略とは
2014年は「Amazon WorkSpaces」「VMware Horizon DaaS」「Microsoft Azure RemoteApp」などのサービスによって、クラウド型のデスクトップやアプリケーションの重要性が確認された1年となった。(2015/1/14)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
MSとVMwareのライブマイグレーション機能を徹底比較(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/12/26)

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第2回】
OpenStackは企業ITで有りか無しか AWS、VMwareとの違い
OpenStackが企業ITの進化にどのように寄与するかを考える。「VMware vSphere」のような仮想化基盤や「Amazon Web Services」(AWS)のような非オープンソースクラウドとの違いは? 両者との使い分け、共存の可能性も探る。(2014/12/22)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

Windows偏重主義から脱却するVMware
Macでも「VMware vSphere」を管理、ユーザーにとって最適な方法は?
米VMwareはプラットフォーム「VMware vSphere」を広範なOSに対応させる取り組みを進めているが、Macを使いたいという管理者の要求に応えるには、まだ課題が残されている。(2014/12/2)

追いついてきたHyper-V
MicrosoftとVMwareのライブマイグレーション機能を徹底比較
仮想マシンの柔軟な運用に不可欠なライブマイグレーション機能。MicrosoftとVMwareはこの領域で激しい機能競争を繰り広げている。(2014/11/27)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第4回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜サイト間切り替え(グローバルクラスタ)編
代表的な3つのDR(災害対策)方式のうち、「サイト間切り替え(グローバルクラスタ)」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/11/26)

Windows仮想デスクトップをローカルで
MacユーザーにWindows環境を提供、「VMware Horizon FLEX」とは?
米VMwareの「VMware Horizon FLEX」では既存のテクノロジーを組み合わせて、オフラインの仮想デスクトップを提供する。だが、現時点ではこの製品がどれだけ普及するかは未知数だ。(2014/11/6)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第3回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜サイト間切り替え(バックアップリストア)編
代表的な3つのDR(災害対策)方式のうち、「サイト間切り替え(バックアップリストア)」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/10/7)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編
DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/9/9)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第1回】
VMware環境のBCP/DR対策で陥りやすい失敗
従来は高度な技術や高価な製品が必要だった事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策も、最近は仮想環境の導入や技術の進歩によって身近なものとなってきた。VMware環境のDRで陥りやすい失敗、DRの仕組みなどを解説する。(2014/8/5)

ヴイエムウェアとトレンドマイクロが徹底対談
仮想化のプロが明かす、見落とせない「大規模VMware環境」の注意点とは?
システム基盤を仮想化する動きが広がりつつある今、大規模環境ならではの課題に直面するユーザー企業も少なくない。仮想化の雄であるVMwareを例に、専門家2人がその課題と、「vSOM」などの効果的な解決策を語り尽くす。(2014/6/30)

VMware環境を生かし切るHAクラスタの条件
vMotionが使えない? アプリ障害が見えない? VMwareの可用性確保「意外な盲点」
仮想環境の計画外停止の30%以上は、サーバではなくアプリ障害が原因との指摘がある。一方、仮想環境のアプリ障害対策製品の多くは、「vMotion」などの重要機能を無効化させる。仮想環境の可用性確保の盲点と対策を示す。(2014/6/30)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware対応HAクラスタ製品の機能を「比較表」で大解剖
連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。(2014/6/23)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第4回】
VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜vSphere HA+アプリ監視編
VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA+アプリ監視」の動作、推奨設計・運用を紹介する。また、3つのHAクラスタ方式の機能を表にまとめた。(2014/6/9)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第3回】
VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜vSphere HA編
VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA」の動作、推奨設計・運用を紹介する。また、もう1つの方式の「仮想マシン間HAクラスタ」方式と比較したメリット/デメリットにも着目する。(2014/5/26)

両社の最新ソリューションを紹介
意外と知られていない? 仮想環境の災害対策の実力 EMCとヴイエムウェアの連携でここまでできる!
仮想環境の災害対策を効率的で確実、低コストに実現できるというベンダーは多い。しかし、その正体には大きな差がある。ヴイエムウェア、EMCの連携で実現できる最新の災害対策ソリューションを深掘りして紹介する。(2014/5/30)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第4回】
VDA不要のServer-VDIも、進化した「VMware Horizon 6」先行レビュー
2014年4月10日に発表された「VMware Horizon 6」は、ホスト型アプリケーションやマルチデバイス対応、Microsoft VDAライセンスを要しないServer-VDIなど、注目の機能が多数登場した。現時点では発表のみであるが、先行してレビューを行いたい。(2014/5/19)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第2回】
VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜仮想マシン間HAクラスタ編
VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「仮想マシン間HAクラスタ」に着目し、製品選定を行うために必要な知識(動作、メリット/デメリット、製品選定ポイント、推奨する設計・運用)を紹介する。(2014/4/21)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第1回】
仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”HAクラスタ
仮想環境においても物理環境と同様のHAクラスタ構成を組めばよいと思われがちだが、実はそう簡単ではない。物理環境のHAクラスタ製品を仮想環境で使用した場合に起こる3つの課題について整理する。(2014/4/7)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第3回】
モバイル活用を安全に、「VMware Horizon Workspace」5つの機能
時間や場所にとらわれず多様なデバイスを活用して業務を遂行したいというニーズが高まっている。IT部門はこうした要求を叶えるとともに、安全で快適な情報システム基盤を構築しなければならない。(2014/3/28)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第2回】
Windows XP移行で「VMware Horizon Mirage」が使える理由
物理PCのイメージを統合管理する「VMware Horizon Mirage」は、クライアントPCの保護/修復、クライアントOSの移行など、多くの使い道があるソリューションだ。本稿ではWindows XPからWindows 7へのOS自動移行に焦点を当てて解説する。(2014/2/27)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界
ヴイエムウェアが提供するEnd User Computing(EUC)の包括的なプラットフォーム「VMware Horizon Suite」には、どのような製品があり、何を実現するのか。主要製品の機能と特徴を解説する。(2014/2/27)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第1回】
EUCを再定義する「VMware Horizon Suite」のコンセプトと主要機能
ヴイエムウェアが提供するEnd User Computing(EUC)の包括的なプラットフォーム「VMware Horizon Suite」は、どのようなコンセプトで何を実現するのか。主要な機能の概要を解説する。(2014/1/27)

vCenter SSO周りで変化
小規模環境では注意すべし、VMware vSphere 5.5導入のポイント
「VMware vSphere 5.5」を導入した使用感をリポートする。vSphere 5.1に比べて利用しやすくなった点、設計上の注意しなければならない点をまとめた。(2013/12/26)

両社の矛盾するコスト試算
Windows Server 2012 R2とVMware、ハイブリッドクラウド向け機能が主戦場
MicrosoftのサーバOS新版がリリースされた。パブリック/プライベートクラウド展開戦略の見直しをCIOに提案したい。(2013/12/4)

AppHAやFlash Read Cacheを紹介
これだけ読めばOK! VMware vSphere 5.5の注目すべき変更ポイント
スケーラビリティやパフォーマンスの向上、高可用性機能など、各種機能が改良・追加された「VMware vSphere 5.5」。変更点の中から、注目すべき点に絞って解説する。(2013/12/2)

DaaSベンダー買収で「Horizon View」が新展開
VMwareのデスクトップ戦略はどう進む? 2014年を予想する
VMwareがDaaSを手掛ける米Desktoneを買収したことは、VDIソリューション「VMware Horizon View」に少なからず影響を及ぼすだろう。今後、Desktone製品とHorizon Viewがどのように調和するかを予想した。(2013/11/22)

アプリケーション仮想化事例
メタルワン鋼管、VMware Horizon Mirageフル活用で“一粒で三度美味しい”を実現
メタルワン鋼管は「VMware Horizon Mirage」導入によって、Windows XPからWindows 7への移行でネックになっていた基幹アプリケーションの仮想化(OS非依存)を実現。合わせて、ユーザーデータ移行とクライアントバックアップも達成した。(2013/11/11)

AppleとMicrosoftの構図に似ている?
SDNを巡って衝突が避けられないVMwareとCiscoの奇妙な蜜月
VMwareとCisco Systemsは公にはパートナー関係を維持しつつも、ネットワーク仮想化やSDNの分野ではライバル関係であると言わざるを得ない。両者のネットワークに関するアプローチを比べた。(2013/10/22)

ライバルはAmazon、HP、Rackspace
VMwareは「vCloud Hybrid Service」で企業クラウドの首位に立てるのか
VMworld 2013で発表されたクラウドサービス「vCloud Hybrid Service」は、機能面・価格面でVMwareユーザーから多くの期待が寄せられている。VMwareはこの製品で、ライバルのAmazon、HP、Rackspaceに対抗できるか。(2013/10/18)

聖域ない仮想化を目指して
全てのアプリケーションに仮想化を ミッションクリティカル対応が強化された「VMware vSphere 5.5」
VMworld 2013で発表された「VMware vSphere 5.5」は何が新しくなったのか。スケーラビリティとパフォーマンスの向上、高可用性機能など、注目のバージョンアップ箇所をまとめた。(2013/10/7)

「VMware NSX」はネットワーク仮想化市場の起爆剤になるか
VMwareの新しいSDNソリューションが実現することとは?
VMwareはVMworld 2013で「VMware NSX」を発表した。これは、同社が買収したNiciraのネットワーク仮想化製品「NVP」を基にした、新たなSDN製品である。NSXの機能や注目されるパートナー連携を紹介する。(2013/10/2)

パートナー企業との競争に発展?
さっそうとクラウドに参入したVMwareを待ち受ける市場の壁
多くのクラウドサービスが登場し、クラウド事業者の間で激しい顧客争いが展開されている。そんな中、彼らの盟友であるはずのVMwareが市場に参入。VMwareの主張と、事業者の声をまとめた。(2013/8/27)

連載:クラウド基盤とネットワーク【第2回】
VMware環境を複数の論理ネットワークに分割するには
業務クラウド環境では、ユーザー組織やアプリケーションごとに、ネットワークを分離したいというニーズがある、VMware vCloud Directorにおけるネットワーク分離機能を説明する。(2013/7/18)

連載:クラウド基盤とネットワーク【第1回】
VMware環境の仮想スイッチはどう進化してきたか
サーバ仮想化が大規模化し、クラウドに進化すると、それに応じたネットワーク機能が求められるようになってくる。今回は仮想化基盤として最も普及しているVMwareの仮想スイッチの進化を考える。(2013/7/11)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】コストを詳細分析、VMware環境の主要バックアップ4製品
VMware環境をバックアップすると、どれくらいのコストが掛かるのか? 小規模/中規模/大規模環境を想定し、主要バックアップ製品を用いたバックアップシステムのコストを比較する。(2013/7/9)

もう迷わない仮想化ソフトの定番
違いはMac対応だけじゃない、VMware FusionとWorkstationを比較する
クライアント端末でOSを仮想化するソフトウェアとして、しばしば混同されるVMware WorkstationとVMware Fusion。両者の共通点と違いを整理する。(2013/6/7)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第4回】
【徹底比較】VMware環境に最適なバックアップ製品の機能を大解剖
VMwareの仮想環境におけるバックアップ製品選定のポイントとともに、主要なバックアップ製品の機能を比較。CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など主要なベンダー製品の機能比較表付き。(2013/5/23)

クラウドプロバイダーの競争力に貢献
VMwareが仕掛ける自動化されたデータセンターとは?
物理リソースを抽象化してソフトウェアで機能を定義するアプローチが注目されている。中でも、データセンターインフラ向けのアプローチは、クラウドプロバイダーの作業負荷やユーザーのコスト削減などに有効だ。(2013/5/1)

PaaS「Cloud Foundry」も提供
AWSに勝負を挑むVMware、新クラウドサービス「vCloud Hybrid Service」の勝算は
Amazon Web Serviceに対抗する新しいクラウドサービスが、VMwareによって2013年後半にもリリースされる見通しだ。新サービスではvCloudインフラがプラットフォームとして採用される。(2013/4/25)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第3回】
失敗しないVMware環境に最適なバックアップ製品の選び方(重複排除編)
VMware環境に最適なバックアップ製品を選択するポイントを解説する。特に、製品によって実装形態や機能が異なる重複排除機能に着目し、容量削減だけでなく高速化や災害対策を意識した選定方法を指南する。(2013/4/10)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【後編】
管理性に着目、VMwareとMSで比べるアプリケーション仮想化
アプリケーション仮想化の主要3製品を比較する後編では、VMware ThinAppとMicrosoft App-Vの特徴を解説する。(2013/4/1)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第2回】
失敗しないVMware環境に最適なバックアップ製品の選び方(VADP編)
VMwareが提供するバックアップ用API「vStorage API for Data Protection(VADP)」は、仮想環境のバックアップを効率化する上で欠かせない機能だ。VADPに着目し、バックアップ製品選択のポイントを説明する。(2013/3/11)

ハイパーバイザーのコモディティ化
VMware vSphere 5.1はアップグレードに値するか
VMware vSphere 5.1には多数の新機能が搭載されている。しかしアップグレードに値するかどうかは現在のバージョンにもよる。(2013/3/1)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第1回】
【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ
サーバ仮想化の導入が急速に進む一方で、データ量も増え続けている。物理環境と同様のバックアップでは、バックアップ時間や容量、システムへの負荷など多くの課題が出てくる。(2013/2/13)

クラウド向け暗号化製品紹介:日本セーフネット編
暗号鍵は手元で管理、Amazon/VMwareクラウドを守る「SafeNet ProtectV」
クラウド環境の仮想マシンを暗号化で保護したいが、暗号鍵をクラウドに預けたくない――。こうしたニーズに応えるのが、日本セーフネットの「SafeNet ProtectV」である。(2013/1/18)

Honda Hybrid Cloud構想
【事例】世界6極をVMwareで統合、要件決めたら“一気に作る”ホンダのIT文化
災害対策とグローバル対応から、VMwareソリューションで共通基盤を整備したホンダ。標準的な仮想化基盤の構築、DR機能の実装、仮想デスクトップ導入の3つを実現した。(2012/12/13)

vCenterとESXiの機能強化ポイント
【製品紹介】共有ストレージが不要、VMware vSphere 5.1の進化を追う
VMware vSphere 5.1は、vSphere 5からのマイナーバージョンアップではあるが、多くの機能強化がある。vCenterとESXiを取り上げ、既存の機能を振り返りながら新機能と機能拡張ポイントについてまとめる。(2012/12/10)

VMwareはなぜvRAMライセンスを廃止したのか
VMwareのvRAMライセンス廃止の背後にMicrosoftの影
VMwareはvSphere 5でvRAMライセンスを廃止した。その背景には、Windows Server 2012やSystem Center 2012のライセンスを簡素化するMicrosoftとの競合関係が少なからず存在する。(2012/11/19)

デスクトップ仮想化に関する読者調査結果リポート
今後導入したいデスクトップ仮想化製品、XenDesktopを抑えVMware Viewが躍進
TechTargetジャパンは9月にデスクトップ仮想化に関する読者調査を実施した。今後導入したいVDI製品では、導入済み製品首位のXenDesktopを抑えVMware Viewが人気を集めた。(2012/10/29)

データの安全性やユーザー体験がポイント
VMwareのCTOに聞く、モバイル戦略策定のキーポイント
モバイル仮想化製品「VMware Horizon Suite」の開発を進める米VMware。同社の最高技術責任者(CTO)に、モバイル仮想化製品の現状と、モバイル企業利用の勘所を聞いた。(2012/10/23)

成功の鍵は既存製品との統合性
VMwareがファイル共有アプリ「VMware Octopus」でMicrosoftを追撃
既に混戦模様の企業向けファイル共有市場に、新たに「VMware Octopus」が投入される。既存のITインフラとの統合性が強みとなり、他の製品と一線を画すことができるかもしれない。(2012/7/11)

米TechTarget調査から見える仮想化の最新動向【前編】
VMwareはなぜ選ばれるのか? 仮想化上位3製品の動向をひも解く
多数の仮想化ベンダーがひしめきあう中、今日のハイパーバイザー市場における主要プレーヤー3社を確認するとともに、自社のインフラに最適な製品を選択をする上での基準を示す。(2012/8/29)

VMwareとの競合だけではない「複雑な問題」に直面
VMwareがOpenFlowベンダー買収、Ciscoはどうなる?
OpenFlowの雄、米Nicira Networksの買収を電撃発表した米VMware。この発表は、「変化に尻込みする」米Cisco Systemsの姿勢に変化をもたらすかもしれない。(2012/8/23)

特定製品への先入観を取り払う
「Hyper-VかVMwareか」の選択に役立つ移行評価ツール
ハイパーバイザーの選択は、客観的データに基づいて行われることが望ましい。選択肢のハイパーバイザーに移行した際のROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を、算出するツールを紹介する。(2012/8/6)

ハイパーバイザー機能をVM保護に生かす
【技術解説】仮想マシンの脅威を払拭するVMwareのセキュリティ技術
仮想マシンの安全性を高める鍵となるのが、ハイパーバイザーの機能を生かしたセキュリティ対策だ。本稿は、ヴイエムウェアが提供するセキュリティ技術に焦点を当てて解説する。(2012/8/3)

食べ放題のSystem Centerは柔軟性に欠ける?
VMware vs. Microsoft:「MS製品の方が安い」は通用しないクラウド管理市場
MicrosoftとVMwareは、クラウド管理ソフトのライセンス体系が異なる。1ライセンスで包括的に機能を提供するMicrosoftと、機能単位でライセンスメニューを用意するVMware。来たるクラウド時代ではどちらを選ぶべきか。(2012/7/24)

1つの窓口で管理することの理想と現実
vCenterでは限界も? 物理リソース管理に消極的なVMware
多種類の管理ツールの存在は、多くのIT管理者にとって苦労の種になっている。VMware vCenterは、物理リソースの管理も行えるよう拡張されるべきなのだろうか。(2012/6/22)

ストレージネットワーキング技術の最新事情(後)
VMwareの認証が鍵となるFCoE、バックエンドストレージで注目のInfiniBand
FCoEとInfiniBand。データセンターと仮想サーバとの統合を検討する上では欠かせない2つの技術について、市場動向や導入傾向などを交えながらその最新動向を紹介する。(2012/6/21)

VMware vs. サードパーティー
【Q&A】VMware環境で災害復旧計画を立てるには?
VMware環境で災害復旧(DR)計画を立案するために効果的なツールとは。用途や目的に応じてVMware Site Recovery Manager(SRM)かサードパーティーのDRツールを選択すべきだ。(2012/6/4)

パワーアップしたHyper-V 2008 R2 SP1
VMwareユーザーはHyper-Vに乗り換えるべき?
Windows Server 2008 R2 SP1版で導入された新機能のおかげで、Hyper-VはVMwareに匹敵する機能を提供できるようになった。Hyper-Vが仮想化市場の勢力図を塗り替えるかもしれない。ユーザーはどちらを選ぶべきか。(2012/5/18)

高額なプロプライエタリ製品をしのぐツールも
VMware vShieldより高性能? OSSの仮想ファイアウォールとIPS/IDS
仮想化製品「VMware vSphere」のセキュリティ機能群である「VMware vShield」は、パフォーマンスや使い勝手に課題がある。本稿は、vShieldをしのぐ性能や機能を持つオープンソースツールを紹介する。(2012/5/14)

ホワイトペーパーレビュー
VMware環境のストレージ運用に役立つ3つのホワイトペーパー
サーバ仮想化が進むほどに重要性を増すストレージ。その機能を活用することで、仮想インフラ全体の運用負荷を軽減できる。本稿では、VMware環境の効率的な運用に役立つストレージ機能を解説したコンテンツを紹介する。(2012/4/12)

Hyper-VとVMware vSphereのライセンス対決
ライセンスが簡素化された「System Center 2012」、VMwareに対する優位性は?
マイクロソフトは、仮想環境を管理できるソリューションスイート「System Center」のライセンス体系を2つに簡素化する。これによってVMware vSphereの牙城を切り崩すことはできるのか?(2012/2/13)

VMware View 5×日立製作所
動画で分かる! 日立×VMwareがデスクトップ仮想化で選ばれる理由
セキュリティ対策、運用負荷削減、BCP。今、さまざまな業務課題からデスクトップ仮想化が注目されている。では、導入すべきデスクトップ仮想化製品とは? それを実行するベストなサーバ&ストレージの要件とは?(2012/1/30)

複数のvCenterも追加可能
「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版
VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。(2012/1/18)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(後編)
VMware関連の情報整理に役立つ、汎用iPadアプリ10選
VMwareの管理に特化していなくても、VMware管理者にとって有益な汎用のiPadアプリは多数ある。VMware関連の情報やニュースを押さえておく上で役立つアプリケーションを紹介する。(2011/12/22)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(中編)
VMwareネットワークのためのiPadアプリ トップ3
VMware環境をiPadでリモート監視するアプリと、iPadからネットワークを監視するためのアプリを紹介する。(2011/12/16)

NEWS
データ重複排除も可能なVMware環境用データ保護の最新版 Quest
VMware環境におけるデータ保護機能を提供するソフトの最新版を発表。vSphere 5への対応やデータ重複排除などの機能が追加された。(2011/12/7)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(前編)
VMwareの監視と保守で使えるiPadアプリ トップ3
仮想マシンの起動やシャットダウン、VMware vMotionの使用など、VMwareの基本的な機能を制御するiPadアプリを紹介する。(2011/10/26)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

前バージョンVMware vSphere 4との違いに着目
【製品紹介】ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌
VMware vSphere 5は、前バージョンのVMware vSphere 4とどこが違うのか。VMware vSphere 4から追加・拡張された機能、削除された機能、ライセンスの変更点に着目してVMware vSphere 5の全貌を詳解する。(2011/10/19)

管理者/ユーザー、双方のアプリを紹介
Windowsを操作できるVMware公式iPadアプリの使い方
米VMwareがモバイルワーカー向けに提供するiPad用アプリケーションとして、管理者向けの「VMware vSphere Client for iPad」とエンドユーザー向けの「VMware View for iPad」の機能と利用方法を説明する。(2011/10/18)

VMware vSphere、Hyper-VからXenServerへの移行
VMware vSphereやHyper-Vの仮想マシンをXenServerに移行する方法を説明する。(2011/10/4)

NEWS
仮想化“前提”時代のVMware最適化アプライアンス 日本HP
日本HPが仮想化インフラを提供するアプライアンスを発表。VMware vSphere 5の管理機能を統合するなど、仮想環境の早期構築から運用の効率化までを支援する。(2011/9/27)

VMware vSphere Tips
VMware ESX/ESXiサーバ構成情報のバックアップとリストア
VMware vSphere 4.1で提供されているVMware ESX/ESXiサーバにおける構成情報のバックアップ/リストア機能と、利用時の注意点について紹介する。(2011/9/8)

Hyper-Vのラインセンスの仕組み
VMware vSphereとHyper-Vを組み合わせるメリットとは?
VMwareの仮想化インフラストラクチャにHyper-Vを導入するとどの程度有益なのか。Hyper-Vのライセンスは、2つ目のハイパーバイザーとしてコストに見合うのかを見ていこう。(2011/9/7)

限られたメモリを有効活用するのはどっち?
VMwareと比較! Hyper-Vメモリ管理機能の強みと弱み
Hyper-VのDynamic MemoryがVMwareのメモリオーバーコミットと異なる点には、物理的に使用可能な量よりも多くのメモリを割り当てないことなどがある。これらのメリットを確認すべく、Dynamic Memoryを利用するための要件を見てみよう。(2011/8/25)

VMware vSphere 5特集(後編)
ユーザーが物議を醸す、VMware vSphere 5の新しいライセンス
VMware vSphere 5の新しいライセンス体系を中心に、VMware vSphere 5のVDIとしての可能性や、VMware vSphere 5のハイパーバイザー「VMware ESXi」への移行について紹介する。(2011/8/17)

満たされないユーザーニーズ
VMware vCloud Expressがいまいちはやらない理由
VMwareのクラウド事業者向けプログラム「VMware vCloud Express」の不振が続いているようだ。その理由をサービスプロバイダーが明かす。(2011/8/12)

管理者向けTips
管理者が知っておきたい、Hyper-VとVMwareの微妙な相違点
Hyper-VとVMware ESX/ESXi、2つの仮想環境を管理するIT管理者にとって、両製品の相違点を知ることは重要だ。以下、ハードウェアの互換性やフェイルオーバー、ファイルフォーマットなどにおける違いを説明する。(2011/8/11)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereのログ管理における注意点
VMware vSphereのログ管理における注意点と、VMware vSphereがログ外部出力機能として提供しているSyslog、VMware vSphere Management Assistant(vMA)の機能について紹介する。(2011/8/10)

VMware vSphere 5特集(前編)
VMware vSphere 5の新機能
VMware vSphere 5は、同プラットフォームの多くの部分に変更が加えられている。特にストレージ関連では大幅な機能追加がなされた。前編ではVMware vSphere 5の新機能を中心にリポートする。(2011/8/9)

専門家2人が優劣を論じる
Hyper-VとVMwareで動的メモリ割り当て機能を比較する
MicrosoftのDynamic MemoryとVMwareのメモリオーバーコミットは、どちらも動的なメモリ割り当てを行う機能だが異なるアプローチを取っている。以下では、仮想化の専門家2人が両機能の優劣を論じたコラムを紹介する。(2011/8/4)

「Microsoft以外なら何でも」の二の舞?
仮想化市場のVMware優位を揺るがす同盟軍が急成長
KVMの普及を促すOpen Virtualization Alliance(OVA)が急成長している。その視野に仮想化大手のVMwareが入っていることは明らかだ。(2011/8/3)

NEWS
米TintriのVMware環境専用NAS製品の国内販売を発表 ノックス
ノックスが米Tintriが開発したNAS型ストレージ製品の国内販売を9月から開始すると発表した。(2011/7/28)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereで仮想マシンの信頼性を向上させる方法
仮想マシンの信頼性を向上させる機能として、VMware HAやVMware FTの他、MSFC(Microsoft Failover Cluster)におけるクラスタ構成、ロードバランサーを利用した負荷分散などの方式について紹介する。(2011/7/25)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereに関するユーザーのつまずきやすいポイントを取り上げ、毎回1トピックずつ解説する。(2011/7/14)

VMware vSphere Tips
VMware vSphere 4.1におけるエディション選択の注意点
VMware vSphere 4.1では従来同様、選択するエディションにより利用できる機能が制限される。従って、利用する機能が該当エディションで利用できるかを計画時にチェックすることが必要だ。(2011/6/27)

NEWS
シマンテック、VMware環境アプリケーションのリカバリソフト最新版
シマンテックがVMwareの仮想環境上で稼働するアプリケーションのリカバリソフトウェアの新バーションを発表した。仮想マシンとその上で稼働するアプリケーションのリカバリ・再起動が可能。(2011/6/17)

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(後編)
Linux環境におけるVMwareパッチ管理ソフトに集まる不満の声
VMwareをLinuxで利用する大企業にとって、ゲストOSのパフォーマンスを管理する「VMware Tools」、ゲストOSのパッチ管理ソフト「VMware vCenter Update Manager」には難点が多い。(2011/6/8)

Oracle VMを利用しないことの代償
VMware vSphere 4.1をめぐるOracleのライセンス方式に憤るユーザー
VMware vSphere 4.1の2つの新機能をOracleのライセンス条件にどう適合させるかで意見が割れている。意見の食い違いを理由に、Oracleのアプリケーションやデータベースの使用を全面的に避けている企業もあるほどだ。(2011/6/7)

VDIのバックアップをクラウドで
VMwareのVDI/クラウド戦略に統合されるMozy
米VMwareが最近買収したクラウドベースのバックアップサービス「Mozy」。Mozyの買収は、VMwareのバックアップ/ストレージ戦略よりもクラウド戦略に沿ったものだと思われる。(2011/6/3)

仮想マシンの災害復旧計画を策定する(後編)
失敗しないVMware災害復旧対策の見極め方
仮想マシン(VM)の災害復旧として広く利用されているジオクラスタリング。その効果は選択したソフトウェアやソリューションに大きく依存する。(2011/6/3)

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(前編)
VMwareゲストOSのパッチ管理はMicrosoft製品に軍配
VMwareユーザーの多くは、Windows環境におけるゲストOSのパッチ管理に、「VMware vCenter Update Manager」よりも「Windows Server Update Services」を使う方が効率的だと主張している。(2011/6/2)

XenServerに対するユーザーの反響は?
Citrixが「XenServer 6.0」でVMwareへの対抗を強化
XenServer 6.0では、プライベートクラウドとパブリッククラウド間での作業負荷の移動、管理を行いやすくするための機能が追加される見通しだという。(2011/6/1)

仮想マシンの災害復旧計画を策定する(前編)
VMwareで仮想マシンの遠隔フェイルオーバーを実現する唯一の選択肢
多面的な作業を伴う仮想マシン(VM)の災害復旧。そのアプローチはさまざまあるが、そのベストオプションとしてはSite Recovery Managerとジオクラスタリングの2つが挙げられる。(2011/5/31)

マインドマップで作成
構成管理や障害対応で役に立つVMwareダイアグラムの作り方
VMware vSphereの要素をマッピングするのは非常に手間の掛かる作業だ。だがマッピングツールを使うことでダイアグラムの作成が容易になる。ダイアグラムはVMware vSphereの障害対応や各種機能の実装で役に立つ。(2011/5/17)

Hyper-V、XenServer、KVMに足りないもの
VMware、仮想化の機能競争でMicrosoft、Citrix、Red Hatを依然リード
仮想化ベンダー各社の技術革新によって、ハイパーバイザー間の違いが薄れつつあるが、Hyper-V、XenServer、KVMには、いまだ機能的に弱い部分が残っている。(2011/4/12)

デスクトップ仮想化市場に新展開
VMware View/XenDesktopを拡張するデスクトップ仮想化ソリューション
Citrix SystemsとVMware製品の拡張で市場に活路を見いだす小規模ベンダー2社の、デスクトップ仮想化ソリューションを紹介する。(2011/3/31)

バルーンドライバの使い方に違い
Hyper-VとVMwareのメモリ管理の違い
MicrosoftとVMwareのメモリ管理における相違点を解説するとともに、Hyper-Vにどのような改善の余地があるかを指摘する。(2011/3/8)

ホワイトペーパーレビュー
VMware仮想環境のバックアップ/リカバリ対策を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、VMware仮想化環境におけるバックアップ/リカバリ手順などを解説した3つのコンテンツを紹介する。(2011/2/10)

VMware製品で統一するか? サードパーティー製品を使うか?
VMwareの仮想化管理ツールの多様なラインアップに戸惑うユーザー
VMwareが非常に多くのツールをラインアップしているため、リセラーですら混乱している。(2011/2/1)

VMwareにはホットアドメモリ機能がある
Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(後編)
MicrosoftとCitrix Systemsの動的メモリ管理に対する考え方は、VMwareのようにホストメモリの統合率を高めることではなく、管理の容易性を重視することにある。(2011/1/27)

VMwareの独自技術、メモリオーバーコミット機能
Microsoft「Dynamic Memory」のライバルはVMwareではなくCitrix Systems(前編)
「Windows Server 2008 R2 SP1」のHyper-Vに追加される新メモリ管理機能「Dynamic Memory」のアプローチは、VMwareの「メモリオーバーコミット」とは全く異なるものだ。(2011/1/24)

SCVMM 2012新機能 〜ストレージ管理&ネットワーク管理
Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(後編)
Microsoftがプライベートクラウド市場への参入を狙い、2011年下半期にリリースする仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」。後編では、ストレージ管理とネットワーク管理の分野における新機能について紹介する。(2011/1/12)

クラウドのセキュリティを考える【第5回】
VMware vShieldにセキュリティ機能を組み込んだEMCのクラウド
クラウドでのセキュリティサービス提供は予定していないと話すEMCジャパン RSA事業本部。同社は、同社ならではの視点でクラウドセキュリティを捉える。(2011/1/11)

プライベートクラウド市場への参入
Microsoft、SCVMM 2012でVMwareのvCloud Directorに挑戦(前編)
Microsoftはプライベートクラウド市場への参入を狙い、仮想データセンター管理ツール「SCVMM 2012」を2011年下半期にリリースする。前編では、新機能である管理ロールとセルフサービス型ポータルを中心に紹介する。(2011/1/5)

NEWS
ネットワールド、VMware専用の仮想共有ストレージを販売開始
外部共有ストレージを使わずに、ESXサーバ内蔵のディスクを利用した仮想共有プールを構築し、VMware HAやvMotionなどの機能を利用する。(2010/12/2)

VMwareエバンジェリストがお勧めする
管理者必携のVMwareツール10選
定番のバックアッププログラムやSSHクライアントなど、仮想環境を運営する管理者必携のVMware関連ツールを紹介する。(2010/11/30)

ホワイトペーパーレビュー
VMware vSphere 4の新機能が分かる3つのホワイトペーパー
VMware vSphere 4は、 前バージョンVMware Infrastructure 3と比較して何がどのように向上したのか。パフォーマンス向上や新機能を解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2010/11/30)

NEWS
EMCジャパン、VMwareに運用管理ソリューションの一部を統合
VMwareに「EMC Ionix」製品群の一部の開発を移管して、VMware製品と統合。また、2011年末までに販売パートナーの拡充とコンソーシアムの設立を目指す。(2010/11/18)

デスクトップ仮想化製品紹介【第2回】
シンプルなインタフェースと優れた表示品質を提供するVMware View
ヴイエムウェアの仮想化環境vSphere 4を基盤にしたデスクトップ仮想化ソリューションVMware Viewの特長とライセンス体系について解説する。(2010/8/23)

高信頼と拡張性で基幹システムの仮想化も現実に
クラウドの発展を支えるVMware vSphere 4とインテル® Xeon® プロセッサー 7500番台の強力タッグ
仮想化技術の導入が加速して いる。1つの方向性は大規模仮想環境を活用したERPパッケージなど基幹システムでの利用だ。最新の仮想化ソフトウェアと、最新プロセッサーの強力なタッグがそのIT基盤を支える。(2010/8/19)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第2回】
VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」
サーバ仮想化の代表的な製品であるヴイエムウェアの仮想化統合パッケージVMware vSphere 4について、運用管理製品vCenterを中心に紹介する。(2010/5/24)

NEWS
国内のVMware対応アプリケーションを確認できるサイトが開設
ヴイエムウェアは「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。ユーザー企業は、既存のアプリケーションについて、仮想化環境のサポート状況を素早く確認できる。(2010/3/12)

NEWS
ソニックウォール、VMware対応の仮想セキュリティ製品を国内発売へ
ソニックウォールは、同社初となる仮想化環境に対応するセキュリティアプライアンスを国内で販売すると発表。サポート体制の強化に努める意向も示した。(2010/3/11)

NEWS
米VMware CEO「仮想化だけでなくクラウドでもリーダー企業を目指す」
米VMwareは、仮想化だけでなくクラウドにおいてもリーディングカンパニーとしての存在感を示す方針を発表した。(2010/3/3)

NEWS
丸紅情報システムズ、VMwareベースの仮想化インフラ構築パッケージを販売開始
丸紅情報システムズは、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」の販売を開始する。(2010/1/20)

オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」
VMwareやMicrosoftの仮想PC製品に匹敵する無償ソフトウェア
VMwareやParallels、Microsoftの製品にも引けを取らないのではといわれている、オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」の特徴を紹介する。(2009/7/10)

NEWS
北弘電社、VMware Infrastructure 3で12台の物理サーバを2台に統合
北弘電社がVMware Infrastructure 3の導入でネットワーク系/業務系サーバ12台を2台に統合し、本格稼働を開始した。今後30〜40%の運用コスト削減を見込んでいるという。(2009/6/19)

「VMware 仮想化サミット2009」イベントリポート
ベールを脱いだヴイエムウェアの「クラウドOS」戦略
2009年5月29日、東京・六本木で開催された「VMware 仮想化サミット2009」。4月に発表された新仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 4」を中心とした、ヴイエムウェアのクラウド戦略が明かされた。(2009/6/15)

NEWS
エーピーシー・ジャパンのUPS電源管理ソフトウェアがVMware ESXiに対応
エーピーシー・ジャパンのUPS電源管理ソフトウェア「PowerChute Network Shutdown」が、VMware ESXに続きVMware ESXiにも新たに対応。サーバ仮想化環境への電源管理ソリューションの導入促進を図る。(2009/4/10)

NEWS
ネットワールドが“VMwareレディ”の仮想化対応10Gスイッチを販売
ラックレベルでのネットワーク仮想化機能を搭載した10GbEスイッチの国内販売を開始。VMwareやNetApp FASといったサーバ/ストレージ仮想化環境にマッチしたネットワーク機器として売り込む。(2009/1/27)

同じ仮想化製品でも単純には比較できない
VMwareとHyper-Vは「リンゴとニンジン」
オーストラリアのある会社がサーバ仮想化の見積もりを取ったところ、VMwareは5万豪ドルだった。結局、サーバ当たりの費用が49豪ドルで済むからとHyper-Vを選択したというが……。(2008/11/21)

「Symantec Backup Exec System Recovery 8.5 Server Edition」
VMware、Hyper-V、XenServer対応の新世代システム復旧ソリューション
ダウンタイムは最小限にとどめたいが、HAクラスタなどを構築する予算はない。そうしたニーズに最適なのが、HDDを丸ごとバックアップする復旧ソリューションだ。仮想化技術への対応も強化し、柔軟な運用が可能だ。(2008/11/20)

NEWS
慶応大学、VMware Infrastructure 3導入で100台のサーバを12台に統合
慶応大学がVMware Infrastructure 3を導入し、ITインフラを仮想化環境で統一。100台あった物理サーバを12台まで削減し、新規ITサービスの導入時間も大幅に削減した。(2008/11/13)

SAP ERP仮想化へのベストプラクティス
VMwareによるSAP ERP仮想化のメリットを徹底検証
SAPがVMwareをWindows版の本番稼働環境としてサポート開始したことにより、SAPユーザーにとって仮想化が現実的なものとなった。SAP ERPのアップグレード、災害対策システムなど、仮想化の適用範囲は広い。(2008/10/29)

NEWS
佐倉市がVMware Infrastructureによる仮想化環境導入、約50台のサーバを8台に集約
千葉県佐倉市がVMware Infrastructure 3を導入。庁内のサーバを大幅に集約化し、本格稼働を開始した。今後5年間で約4000万円のIT関連コストの削減が見込まれるという。(2008/10/24)

NEWS
シマンテックがVMware対応仮想メールセキュリティを発表 ブランド一新でSMB向け施策強化へ
メールセキュリティ製品の名称を「Brightmail」に統一。また、価格表示やライセンス体系も見直すことでSMBマーケットでの競争力を強化する。(2008/10/10)

仮想化環境の運用に欠かせないスナップショット
VMware環境で仮想マシンのスナップショットを活用する
仮想マシンのスナップショットは有益なツールだが、特徴や仕組みを理解しないまま利用すると、ディスク容量の問題や仮想マシンの不調につながる恐れがある。(2008/10/8)

NEWS
ヴイエムウェア、次世代仮想化技術を見据えた製品戦略を発表
ヴイエムウェアは10月6日、先立って開催された「VMworld 2008」で発表された製品戦略についての記者説明会を行った。クラウドコンピューティングとデスクトップ仮想化が今後のキーワードになるという。(2008/10/7)

NEWS
インテルら4社、SAP ERPを利用した日本初のVMware DRツール検証
インテル、SAPジャパン、ネットアップ、ヴイエムウェアの4社がSAP Co-Innovation Lab Tokyoで初の共同検証プロジェクト。SAP ERPを使ったディザスタリカバリの実施、検証完了を発表。(2008/9/16)

NEWS
ジェイピー・セキュア、純国産WAF製品の最新版でVMwareに対応
シグネチャ型WAF製品「SiteGuard」の最新バージョンをリリース。VMware環境の正式サポートにより、システムリソースを最適化した形でWAFを導入できる。(2008/9/8)

Hyper-V単体版は2008年内発売の予定
Microsoft vs. VMware──次の動きは?
MicrosoftはHyper-Vの低価格戦略を打ち出し、VMwareはESXiの無料化に踏み切った。過熱する仮想化市場の今後を予想する。(2008/9/8)

NEWS
センドメール、VMwareに対応する仮想メールゲートウェイを発表
VMwareに対応する初のメールゲートウェイ製品として、オールインワン型のソフトウェアアプライアンスを提供する。併せて、情報漏えい防止オプションも発表した。(2008/8/26)

NEWS
国興産業が障害対策でVMware導入、NTサーバなど12台を統合
サーバ仮想化により12台のサーバを1台の物理サーバに集約。障害・災害時の早期復旧とともに、ハードウェアコストと運用管理コストの大幅削減を実現した。(2008/8/22)

NEWS
トレンドマイクロ、VMware環境でのWeb/メールセキュリティ製品を提供
トレンドマイクロがゲートウェイ向け仮想アプライアンス市場へ参入。「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」および「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」を販売する。(2008/8/6)

NEWS
シマンテックが仮想化環境の検証・体験施設、VMware対応製品を紹介
VMwareの仮想化環境にシマンテックのシステム管理製品を導入したソリューションを検証し、顧客やパートナー企業に紹介する。将来的には、XenやHyper-V環境も視野に入れる。(2008/7/28)

NEWS
CTC、VMwareに特化した仮想化検証施設を開設
VMwareによる仮想化に特化したシステム検証施設を国内で初めて開設。ヴイエムウェアの技術支援を得て実環境同等の環境で検証を実施する。(2008/7/24)

NEWS
FBMS、VMwareによる基幹システム刷新で移行コストを40%削減
フランスベッドメディカルサービスは仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」とブレードサーバを活用し、13台あった既存サーバを4台に統合。サーバはTISのデータセンターで運用している。(2008/6/24)

NEWS
バックボーン、VMware ESXに対応した仮想マシンバックアップツールをリリース
VMware ESXのデータ保護ソリューションとしてVCBに対応した「NetVault Backup」オプションをリリース。NetVault Backup 8.1からサポートされ、VMware ESX 3.0、3.5に対応する。(2008/6/20)

管理性とセキュリティが売り
デスクトップ仮想化を推進するVMware
VMwareのVDI担当者が、デスクトップ仮想化のさまざまな形態を説明し、VDIとターミナルサービスとの違いやコスト問題などについて語った。(2008/6/17)

NEWS
ヴイエムウェア、仮想デスクトップ管理製品の日本語版を発売
デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」の販売を開始。クラスタ当たりの同時接続数を最大5000までサポートし、数万台規模のデスクトップ管理にも対応する。(2008/6/11)

NEWS
千葉興業銀行がブレードサーバとVMwareを導入、76台のサーバを5台に集約
OKIのブレードサーバ「if Server BL460c」と仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3 Enterprise」をベースに新システムを構築。各営業店にあった76台のサーバをデータセンター内の5台に集約した。(2008/5/21)

NEWS
NEC、VMware仮想化ソフトを組み込んだ小型ブレードシステムを発売
組み込み型仮想化ソフトウェア「VMware ESXi 3.5」を出荷時にあらかじめ搭載したブレードサーバ「Express5800/120Bb-d6」と静音タイプの100V電源ユニットを小型ラックに収納して販売する。(2008/5/20)

NEWS
「サーバが1台減少すると約12.5トンのCO2排出削減効果」――ヴイエムウェア
ヴイエムウェアは、環境問題におけるサーバ仮想化の有効性について都内で記者向けに説明会を行った。(2008/5/15)

NEWS
日本HP、サーバ組み込み型の「VMware ESXi」をUSBメモリで提供
日本HPが、VMware ESXiを組み込んだUSBメモリを使って簡単に仮想化環境を構築できるソリューションを発表。同時にVMware製品の値下げで仮想化の導入を促進するという。(2008/5/7)

NEWS
ヴイエムウェア、Infrastructure 3の日本語版で市場拡大へ
ヴイエムウェアは、VMware Infrastructure 3 version 3.5の日本語版の出荷を5月1日より開始すると発表した。(2008/4/25)

NEWS
デルがVMware、Oracle、Exchangeの導入/更新を支援するアセスメントサービスを提供
各種システム新規導入・更新検討段階に、システムの診断・評価・要求事項の取りまとめ、コスト算出などを実施するサービスを「仮想化」「データベース」「メッセージング」のメニューで提供する。(2008/4/3)

NEWS
サン、VMware環境との親和性を高めたVDI統合ソフトの最新版
VMware Infrastructure 3を実行するWindows仮想デスクトップ環境とのブリッジ機能と、その仮想デスクトッププールの運用管理機能を提供する。(2008/3/26)

NEWS
日本HP、仮想化環境への移行代行サービス「VMware Converter P2V移行サービス」を開始
仮想化環境移行作業を日本HPが行う「VMware Converter P2V移行サービス」を提供開始。同時に「VMware Capacity Planner アセスメント・サービス」を値下げ。(2008/2/4)

NEWS
NECと米EMC、VMware仮想環境および中堅・中小企業向けストレージを共同開発
NECとEMCによる共同開発ストレージをNECは「iStorage E1」、EMCは「EMC CLARiX AX4」として販売(2008/1/9)

ちょっとしたテストがコスト削減につながる
VMwareを使ってオープンソースのネットワーク解析ツールを試す
オープンソースのネットワーク解析ツールに乗り換えたいが、検証する環境も時間もない──。そんな管理者にお勧めの方法を紹介する。(2007/11/8)

仮想解析ラボの構築とそのポイント
マルウェア解析に威力を発揮するVMware
マルウェアがファイルシステムやレジストリ、ネットワークに、どのような作用を及ぼすかを観察するには、VMwareのような仮想化ソフトウェアでラボ環境を作るのが手軽だ。(2007/7/30)

Ask The Expert
【Q&A】VMwareの仮想マシンに名前を付けるコツ
質問:わたしの会社では、VM(仮想マシン)の命名、配置、管理全般が非常に混乱しています。VMwareを使っている場合、VMの文書化はどのように行えばよいのでしょうか。VMとその状態、配置を特定するための良いツールや、標準的な手法、方策があったら紹介してください。(2007/6/27)

デルが実証するVMware環境
直接調達コスト約4割減! VMwareの社内本格導入を開始したデルの挑戦
コンピュータシステムの直販世界最大手のデルでは、グローバル企業であるがために、そのビジネスを支えるシステムの増大、複雑化が加速している。そこで増え続けるサーバ問題を解消すべく、仮想化テクノロジーの導入を決定。これにより、多大な直接コスト削減効果とともに、さまざまなメリットを身を持って享受することになった。(2007/6/28)

Interview
ヴイエムウェア製品の次なる進化の方向
ヴイエムウェアの仮想化プラットフォームが今後どのように強化されていくかを同社の製品マーケティング担当ディレクターにインタビューした。(2007/5/24)

NEWS
ネットワールド、VMwareのVDI用のシンクライアント接続管理ツールを発売
ネットワールドは、PCなどの端末とVMware社の仮想デスクトップインフラストラクチャ上で稼動する個人の仮想マシンの接続を管理する製品「VMconnector」を発売した。(2007/4/5)

Interview
仮想アプライアンスがLinuxの普及を後押しする――ヴイエムウェア幹部
構成済みのアプリケーションとOSを仮想マシン内にパッケージする「仮想アプライアンス」はLinuxをベースにしているものが多いが、それを意識せずに使うことができる。(2006/11/6)

Interview
ヴイエムウェアのダイアン・グリーン社長にインタビュー
仮想化ソフト企業、ヴイエムウェアのダイアン・グリーン社長に、急成長中の仮想化市場の現状、問題点とその対策、展望を聞いた。(2006/7/25)

Case Study
ヴイエムウェアの仮想化技術でデータセンターをオーバーホール
ケベコールは自社のデータセンターにヴイエムウェアの仮想化技術を採用した。今では仮想サーバで全社のデータを扱っているが、プロジェクト開始段階ではさまざまな障害があった。(2006/5/18)

Column
いまさら聞けない仮想化の基礎――ヴイエムウェア、マイクロソフト、Xen
2006年には「仮想化」は普及の段階に進むだろう。先駆的なITプロたちは、仮想化製品をどのように使っているのだろうか?(2006/2/9)

Loading