【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「デスクトップ仮想化」に関するアンケート
デスクトップ仮想化について、アンケートにご協力をお願いします。全問ご回答いただいた方の中から、抽選でAmazonギフト券3000円分を10名様にプレゼントします。(※回答数が規定値に達し次第終了いたします。お早めにご回答ください。)(2018/10/12)

マイクロ仮想化技術で守るものとは?
ホストOSは守らない! 仮想化ベースセキュリティ技術
攻撃を仮想マシン内に隔離してホストOSを守る従来のセキュリティ技術に対して、Bromiumが新たに提唱するのは仮想化で「アプリケーションを守る」セキュリティ対策。逆転の発想は受け入れられるのか。(2018/10/9)

Nutanixのシンプルさをバックアップでも
あのシンプルさをバックアップでも、人気HCI×仮想化バックアップが凄い
HCIの中でも、無償のハイパーバイザー「AHV」が利用できるNutanixは人気が高い。だがAHVに対応するバックアップ製品の少なさが弱みだ。弱点を克服する方法はあるのか。(2018/9/26)

キャッシュに読み込めばオフラインでも稼働する
「Microsoft App-V」で見るクライアント型“アプリケーション仮想化”の仕組み
アプリケーション仮想化の世界は分かりにくい。Microsoft App-Vを詳しく見ることで、クライアント型仮想アプリケーションの仕組みを理解しよう。(2018/9/17)

それぞれのメリットとデメリットを確認
「VDI」「RDS」の違いは? クライアント仮想化の2大手段を比較
「仮想デスクトップインフラ」(VDI)と「リモートデスクトップサービス」(RDS)の違いは、エンドユーザーにとってはささいなことでも、IT部門にとっては重要だ。両者は何がどう違うのか。(2018/9/13)

見落としがちな、サーバ仮想化の次のステップ
サーバ仮想化の次に取り組むこと、仮想マシンが無防備のままでは?
水際のセキュリティを強化しても、内部の無防備なサーバネットワークは少なくない。このような構成では一度侵入されると素早く拡散してしまう。シンプルに守る方法を探る。(2018/9/7)

配信方式、アプリの種別、使用感、セキュリティ……
アプリケーション仮想化ツール選びはここを見よ 重要な6つの検討事項
アプリケーション仮想化ツールを選択する際には、使用しているアプリケーションのタイプを把握し、自社に必要なセキュリティのニーズなどを認識しなければならない。6つの重要な検討事項をまとめた。(2018/8/14)

【PR】回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「デスクトップ仮想化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/8/13)

画面転送プロトコルにも違いが
管理機能で比較する、デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化の主要製品
デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化へのニーズは企業ごとに違う。購入に際し正しい判断を下すには、各ベンダーのモビリティー機能やデータ管理機能を比較する必要がある。(2018/4/18)

ランサムウェアなどの新たな脅威に対抗
新マルウェア対策「モバイル脅威検知」「UEM」「マイクロ仮想化」とは
ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの新たな脅威に対処するには、防御側にも新たな対策が必要となる。Windowsデバイスやモバイルデバイスを狙う、現代のマルウェアへの対抗策とは。(2018/6/12)

もはや珍しくないアプリの大量グラフィックス処理
Microsoft OfficeをVDIで動かすならGPUは必須? 求められる仮想化インフラ再考
「Microsoft Office」にGPUは必要ないというのがVDIを導入する企業の想定だった。だが、それはもはや過去の話だ。この種のアプリケーションやWebサイトなどは、グラフィックスを多用することが増えている。(2018/6/8)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「デスクトップ仮想化製品」に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先での「デスクトップ仮想化製品」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2018/6/5)

【PR】回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「仮想化インフラについての課題」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/5/29)

【PR】回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/4/23)

【PR】回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「仮想化インフラについての課題」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2018/4/23)

仮想化インフラの課題に関する調査レポート
仮想マシンが増えるほど運用負荷が重く 調査で分かった仮想化インフラの悩み
キーマンズネットとTechTargetジャパン会員を対象に、仮想化インフラの導入に関する読者調査を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2018/2/16)

既存のITインフラが足かせになっていませんか?
仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方
HCIなどの登場で効率化が進む業務システムの運用。しかし、いまだに統合できない環境が残るのが多くの企業が抱える現実だ。だが、これを解消する技術が登場したという。(2018/1/31)

国内屈指の専門家が語り尽くす
ネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由
サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。(2017/12/15)

仮想化で変わるSMBのITインフラ【後編】
中堅・中小企業にこそメリット、ネットワーク仮想化にまつわる3つの成功談
「中堅・中小企業にネットワーク仮想化は不必要」という考えは誤りだ。ネットワーク仮想化によって、高いセキュリティと運用の効率化を実現した組織の成功談を紹介する。(2017/12/7)

仮想化で変わるSMBのITインフラ【前編】
物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由
サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。(2017/12/7)

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「アプリケーション仮想化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2017/11/28)

回答者の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分が当たる
「仮想化インフラについての課題」意識調査
簡単な調査にご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2017/11/21)

注目の「ネットワーク仮想化」「SD-WAN」とは
ネットワーク仮想化、そして「SD-WAN」 注目技術はどこまで使える?
迅速な新サービスの立ち上げなどで求められるネットワークの柔軟性や運用管理性を確保するため、ネットワーク仮想化が注目されている。ポイントになる技術とは?(2017/11/2)

セキュリティパッチ適用やトラブル対応が簡単に
「Windows 10」の仮想化を検討すべきこれだけのメリット
ローカルのPCではなく、データセンターでWindows 10環境を稼働させる仮想デスクトップには、ユーザーはもちろん、管理者の運用を楽にする大きなメリットがある。(2017/10/30)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「デスクトップ仮想化基盤(VDI)環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。 (2017/10/30)

OSの強化に役立つ
「Windows 10」の使い勝手をピカピカに磨く仮想化ツール
Microsoftの「Windows 10」にはIT担当者が必要とするもの全てが組み込まれているわけではない。本稿では、導入をスムーズに行うためにIT担当者が使用しているテクノロジーやサードパーティー製ツールを紹介する。(2017/10/18)

仮想化ベースセキュリティ機能を紹介
Windows 10の知ると驚く技術、仮想化ベースのセキュリティ機能「デバイスガード」
Microsoftは「Windows 10」搭載マシンから企業情報が流出する事態を防止するため、「デバイスガード」「資格情報ガード」といった仮想化ベースのセキュリティ機能を強調している。どのような機能なのか。(2017/10/13)

「EVPN-VXLANファブリック」が解決策に
“総仮想化時代”に適した「次世代ネットワークアーキテクチャ」の具体像
変化に強いインフラを構築できる仮想化技術のメリットが、ネットワークの限界によって損なわれてしまう可能性があるという。それはどういうことなのか。(2017/9/29)

成功の鍵は物理ネットワークにあり
ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは
サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。(2017/9/22)

IT担当者はここで判断すべし
移行前に知りたかった「Windows 10仮想化」4つのメリット
Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。(2017/8/30)

ビジネスの成功の基盤
「仮想化の自動販売機」としてのハイパーコンバージドシステム
複雑なIT運用を簡素化して豊富なデータ管理サービスを提供するハイパーコンバージドシステムは、企業のデジタル改革を支え、ビジネスの成功を支える確かな基盤となる。(2017/8/23)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド製品を徹底比較、仮想化機能でどれだけ差がつくのか?
仮想化環境の構築法として、主流となりつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットを引き出すには、仮想化機能が重要になる。本資料では仮想化機能がHCIにもたらす影響を解説する。(2017/8/9)

VMware CTOが語る
CitrixとVMwareを比較、デスクトップ仮想化はモバイルデバイスを含む一元管理が鍵に
CitrixとVMwareの競争関係が、データ分析にも広がっている。VMwareのEUC部門最高技術責任者(CTO)は、アプリケーションやデータのセキュリティ強化に分析が役立つと語る。(2017/8/8)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
構築例で学ぶ「ネットワーク仮想化」、導入前に知っておきたいセキュリティ知識
サイバー攻撃から自社のネットワークを守るセキュリティ対策としても導入が進むネットワーク仮想化。関連技術の中でも特に注目されている「分散ファイアウォール」を中心に、ネットワーク仮想化における重要ポイントを解説する。(2017/8/2)

仮想化の導入、拡張、管理をシンプルに
仮想化技術の理想と現実を解決、一味違うハイパーコンバージド製品とは
コストや柔軟性などの理由からやむなく仮想化インフラの自前構築を選んだ企業が、仮想環境をもっとシンプルに構築して管理できる手段はないだろうか。(2017/7/12)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

代表的な製品も紹介
「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較
デスクトップを仮想化する方法を選ぶのは難しい判断だ。最良の選択をするには、効率とユーザーの操作性を考慮することが重要になる。「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較する。(2017/3/28)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
仮想化が目指すのは「自動販売機」、数クリックで仮想マシンを生成・管理
アプリケーションが急増し、IT部門の負担が高まる中、企業には仮想化環境の効率的な導入・運用が求められている。単に構築が容易なだけでなく、仮想マシンを自動販売機のように生成・管理するクラウドレベルの効率化が必要だ。(2017/5/26)

VDI経由の提供は避けた方がいいケースも
アプリケーション仮想化か、ローカルPCへのインストールか、それが問題だ
新しいアプリケーションをユーザーに提供するベストな方法を決めるのは難しい。VDI経由でアプリケーションを利用できるようにする方が良い場合もあれば、ローカルにインストールするのが最適な場合もある。(2017/4/19)

IT部門の責任はどう変わる?
DaaSとVDIを比較、オフィスからの解放を現実にするデスクトップ仮想化とは
デスクトップ仮想化市場の独占をかけた争いが進行中だ。DaaSはVDIと比べると、コストメリットやクラウドサービスとしての柔軟性の高さで上を行くが……。(2017/3/10)

進化する画面転送プロトコル
デスクトップ仮想化3大ベンダーの画面転送プロトコル、その違いは?
仮想デスクトップを使用している企業にとって、さまざまなデスクトップ仮想化プラットフォームで用いられている画面転送プロトコルが担う機能を理解することは重要だ。(2017/3/7)

Computer Weekly製品ガイド
ネットワーク機能仮想化で高まる柔軟性
固定ネットワークアーキテクチャではもはや、現代のネットワークニーズには対応できなくなった。答えはネットワーク機能仮想化(NFV)にある。(2017/3/3)

設置に1日、その日のうちに仮想化環境が稼働するハイパーコンバージドとは
問題がなければシステムインフラの乗り換えは避けたい。こう考えるIT部門は多いが、ムトウは積極的に新技術を採用し、将来性のある仮想化サーバインフラを手に入れた。(2017/2/16)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
仮想化環境への高い要求水準を満たすために「ハイパーコンバージドインフラ」を導入する事例が増えている。低コストかつ高パフォーマンスな仮想化環境を求める企業が、いま選ぶべき製品とは何か? ESGが実施した検証結果を基に、その条件を明らかにする。(2017/2/16)

ハイパーコンバージドインフラ、選択のポイント【前編】
オールフラッシュ+ストレージ仮想化がキモ、ハイパーコンバージドの本命は
拡張性や運用管理性で注目を集めるハイパーコンバージドインフラだが、「高コストでは?」などの疑問も企業からは寄せられる。そのような疑問に応える製品が登場した。(2017/2/10)

二者択一の選択ではない
「いざデスクトップ仮想化」、VDIとDaaSのどちらを選ぶか“5つの判断基準”
VDIとDaaSのどちらを選ぶかは重大な決断だ。多くの企業にとっては、管理のしやすさ、制御レベル、パフォーマンスニーズ、セキュリティ、コストが重要となる。(2017/2/9)

コンテナの検討課題をピックアップ
コンテナ vs. 仮想化、クラウドでアプリケーションを構築するならどっち?
メモリ効率、アプリケーションのテナント化、ネットワーク接続など、要件に応じてコンテナで構築できるクラウドアプリケーションは変わってくる。(2017/1/11)

会員が注目した2016年記事ランキング(ネットワーク編)
「802.11ac Wave2」に注目、ネットワーク仮想化の課題と可能性に依然として高い関心
TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2016年にアクセスが多かった記事の傾向から、需要動向を振り返り、2017年の流れを予測します。(2016/12/30)

仮想化特有の課題を払拭
1人5万円台で手に入る、仮想化不要のリモートデスクトップとは
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。(2016/12/1)

仮想環境“健康診断”のススメ【後編】
メタボな仮想化基盤に効く、実績豊富な「健康診断サービス」とは
知らないうちに肥大化する仮想サーバ。放置するとリソースがすぐに枯渇する。この問題を解決するには定期的な“健康診断”が必要だ。実績豊富なサービスを紹介しよう。(2016/11/21)

仮想環境“健康診断”のススメ【前編】
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、運用管理をどう楽にする?
広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。(2016/11/21)

「ストレージ」から見る仮想化の今【前編】
VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が「内部ストレージ」に移った訳
仮想化ベンダーが技術開発の中核にストレージを据え始めている。前編では、特に動きが活発なサーバの内部ストレージを活用した仮想化技術の最新動向を追う。(2016/11/14)

ネットワーク機器を仮想化
なぜ今、ネットワーク機能仮想化(NFV)が必要なのか
ルーターやロードバランサーなどのネットワーク機器を仮想化し、通常のサーバ上で実行するネットワーク機能仮想化が注目されている。(2016/11/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。(2016/11/4)

「UEM」で仮想デスクトップ密度の70%向上も
デスクトップ仮想化の厄介な“リソース過剰割り当て問題”をなくす方法とは?
VMwareやCitrix Systemsなどによる「ユーザー環境管理」(UEM)ベンダーの買収は、デスクトップ仮想化の課題解消に向けた大きな一歩となる可能性がある。(2016/10/31)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
従来のストレージと仮想化のミスマッチを避ける「ストレージ構築のポイント」
多額の設備投資やアップグレード費用、運用の複雑さという従来のストレージが抱える問題は、企業のIT部門が解決すべき課題の1つだ。この解決にストレージをソフトウェアで制御するSoftware-Defined Storageを採用する企業が増えてきている。(2016/10/26)

仮想化環境の運用管理をよりスマートに
仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法
ITインフラの効率運用を目指して仮想化を進めたのに、かえって管理負荷が増えた。そんな課題に悩んでいないか。仮想化が生み出す「複雑性」を解消する技術を紹介しよう。(2016/9/21)

低価格ソフトってどうなの?
「クライアント仮想化」の主要3社を比較、ユーザー企業が着目すべきポイントとは
デスクトップ/アプリケーション仮想化を実現するソフトウェアの中から、主要3社(シトリックス、ヴイエムウェア、パラレルス)の製品をピックアップ。それぞれの特徴を紹介する。(2016/9/13)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

【お知らせ】サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化導入」についてお伺いします。(2016/4/11)

日本ビジネスシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワークセキュリティ徹底解説、標的型攻撃対策に「仮想化」が必要な理由
標的型攻撃に対して、物理アプライアンスだけで構成されたネットワークが多くの弱点を持つことが知られるようになった。そこで、今後さらに高度化することが予想されるサイバー攻撃のリスクを抑えるためのセキュリティ対策について、基礎から応用まで解説する。(2016/6/30)

富士ソフト株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワーク仮想化でVDIの3大課題を一気に解決 その秘密とは?
VDIを導入した企業の中には、ネットワークの負荷増大、ユーザー数の増加、セキュリティセグメントの細分化などへの対応を課題とするケースが見られる。そこで、これらの課題を解決するネットワーク仮想化の技術を紹介する。(2016/6/30)

NVIDIA、AMD、Intelが三つどもえの戦い
今更聞けない「GPU仮想化」の真実、なぜ価格破壊が止まらないのか?
複雑なグラフィック処理が必要な仮想デスクトップユーザーに役立つ「GPU仮想化」。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/6/29)

セキュリティ強化と運用管理の負荷軽減に効果あり
医療機関にも「安全なインターネット接続」を――セキュリティ強化の一手は“仮想化”
医療機関では「診療の補助や患者へのインフォームドコンセント、臨床研究のためにインターネットへ接続したい」という要望があり、医療情報部門は対応に頭を悩ませている。セキュアなネットワーク整備の解決策とは。(2016/6/20)

ボトルネックはコストがかさむストレージ
仮想化導入を一気に進める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」パートナーシップ最前線
投資ではストレージ需要増大とコスト抑制が相反する、そのレベルは常に上がっている。この問題を解決するのがSDS(Software Defined Storage)を超えたハイパーコンバージドインフラストラクチャ」だ。(2016/6/15)

その手法はNVIDIA、Intel、AMDで三社三様
ゲームをやらないお堅いオフィスにもGPUの仮想化を勧めたい理由
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。(2016/6/10)

10名様に商品券3000円分が当たる!
「デスクトップ仮想化に関するアンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「商品券(3000円分)」をプレゼント。(2016/4/26)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

仮想PC、SBC、DaaSを比べる
混在環境が続くデスクトップ仮想化市場、どの方式を選ぶべき?
Windows環境を最適化するソフトウェア「Norskale」を開発するフランス企業のCOOが来日し、世界の「デスクトップ仮想化」利用状況や配信方式のトレンドを語った。(2016/3/17)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
仮想化環境のストレージに生じる5つの問題(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/7)

最新技術を低コストで
山積みIT課題をズバッと解決、自社に最適なサーバ仮想化・クラウドをスピーディーに構築する秘策とは?
サーバ仮想化やクラウド導入をスピーディーに進めるには? 「アオイ・ミライX」が解決に導きます!(2016/1/28)

新旧の技術を体系的に学ぶ
ここから始まる「ストレージ仮想化」、5つの方法とは?
企業でストレージを仮想化するアプローチには大きく5つがある。各アプローチのメリットとデメリットを把握し、自社のデータセンターに最適なアプローチを見つけてほしい。(2016/1/22)

ユーザーの操作性に影響
Citrix vs. VMware、デスクトップ仮想化のプロファイル管理ツールを比較する
CitrixとVMwareのユーザープロファイル管理はいずれも、Windowsの基本的な移動プロファイルよりも仮想デスクトップのデータ保護やログイン/ログオフ時のレイテンシ削減に役立つ。両者の違いは?(2016/1/14)

ビジネスアジリティは向上するが代償も大きい
仮想化環境のストレージに生じる5つの問題と解決法
仮想化環境では、簡単に仮想マシンを作成することができ、アプリケーションや新サービスを迅速に展開できる。それ故に生じる5つの問題と、その対処方法を解説する。(2016/1/14)

2015年記事ランキング(仮想化/クラウドインフラ編)
ユーザー企業 vs. SIer、それぞれが注目する仮想化/クラウドのトピックは?
仮想化/クラウドインフラでは2015年にどのような話題が注目されたのでしょうか。ユーザー企業とSIer、それぞれの記事ランキングから「売りたい製品」「買いたい製品」を探ります。(2015/12/31)

500人に調査
デスクトップ仮想化導入理由の1位は「情報漏えい対策」ではない
TechTargetは約500人のIT/ビジネスプロフェッショナルを対象に「デスクトップ仮想化を使用する理由」について調査。上位4位には半数以上の回答者が挙げた理由が並んだ。調査結果の概略を紹介する。(2015/12/3)

HDDは全てSSDに置き換えられる
2020年データセンター「完全仮想化」への旅、技術進化から未来を予想する
未来のデータセンターではソフトウェア定義型インフラが一般的になっているかもしれない。ネットワーク、サーバ、ストレージの進歩の延長線上にある、2020年のデータセンターの姿を予想してみよう。(2015/11/18)

相違点を明らかにする
VMwareのアプリケーション仮想化ツール、2製品あるのには意味がある
VMwareは2種類のアプリケーション仮想化ツールを提供しているが、IT部門はどちらか一方を選ぶ必要はない。「VMware App Volumes」と「VMware ThinApp」を併用すれば、アプリケーション配信のさまざまな選択肢を利用できる。(2015/11/5)

デル株式会社提供Webキャスト
答えは1つではない、これからの「仮想化/クラウドソリューション」の選び方
目まぐるしく外部環境が変化する現在、ビジネスの将来を見据えた拡張性・速度・省コスト性を備えたIT基盤の整備は喫緊の課題だ。そこで、このIT基盤を支えるソフトウェア志向共通基盤の設計図となる「Dell Blueprint」のラインアップと導入優位性について見ていきたい。(2015/10/30)

VMwareが得をすればCitrixは損をする
DellのEMC買収でCitrixの運命は? デスクトップ仮想化市場の次を占う
米VMwareの親会社である米EMCを米Dellが買収することで、VMwareのエンドユーザーコンピューティング事業にどんな影響が及び、また米Citrix Systemsの立場がこの買収でどう変化するのか。(2015/10/20)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第3回】
徹底比較:生い立ちから分かる、デスクトップ仮想化主要3製品の違いとは?
「VMware Horizon View」「Citrix XenDesktop」「Microsoft VDI」といったデスクトップ仮想化の主要製品の機能について紹介する。(2015/9/28)

VDIのためのハードウェア選び
あらためて知りたい「ハイパーコンバージド」がデスクトップ仮想化に最適な理由
VDIを導入する場合は、VDIに最適化されたハイパーコンバージドインフラを選択するべきだ。例えば、NutanixやSimpliVityなどの製品には、VDIのサポートが組み込まれている。(2015/9/25)

TechTargetジャパン用語事典
アプリ仮想化(アプリケーション仮想化)
アプリ仮想化/アプリケーション仮想化/App Virtualization/Application Virtualization(2015/7/10)

VDIとDaaSの利点を比較
次のPC導入できっと問われる「PCは仮想化で使う? それともクラウド?」
VDIとDaaSは、どちらかではなく両方を選択するケースもある。どの配信モデルにもメリットがあり、適しているユースケースも異なる。ただし、両方をサポートする作業は複雑だ。(2015/8/24)

あなたは正しく回答することができますか?
ここが変だよデスクトップ仮想化 エンドユーザーが感じる5つの疑問とは
仮想デスクトップに関して、エンドユーザーからは実にさまざまな疑問や質問がIT部門に寄せられる。その中でも、VDIに関するよくある5つの質問について、その原因と対策を明らかにする。(2015/8/13)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第2回】
違いが分かる デスクトップ仮想化の配信方式
デスクトップ仮想化の配信方式は大きく2つに分けられる。よく耳にするVDIやサーバ共有は、そのうちの画面転送型に分類される方法だ。それぞれの違いを理解しよう。(2015/8/13)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(仮想化編)
無料のHyper-Vは本当にお得? 2015年上半期、仮想化で最も読まれた記事は
2015年上半期に公開した仮想化関連の記事ランキングを紹介します。Hyper-Vやデスクトップ/アプリケーション仮想化といったキーワードが人気でした。(2015/8/12)

米国の先行事例も紹介
第3のデスクトップ仮想化製品「Ericom Connect」の実力を見る
安価なデスクトップ仮想化製品を提供するイスラエルのEricomが、後継製品「Ericom Connect」の国内提供を開始した。従来製品との違い、先行するCitrix、VMwareとの差別化ポイントはどこにあるのか。(2015/8/11)

技術革新がもたらすストレージとデータセンターの変化
SSDと仮想化で実現する「ハイパーコンバージドインフラ」
急速な進化を遂げるディスクとそれに伴う階層化や仮想化技術で、ストレージやデータセンターはまさに日進月歩で進化してきた。そして、今また一段と大きなパラダイムシフトが起きようとしている。(2015/8/10)

「アシストフォーラム2015」リポート
安価なデスクトップ仮想化はどこまで使える? 事例で分かる最新国内事情
新興のデスクトップ仮想化ソフトEricomは、安価で制約が少ないことから人気だ。2015年7月に開催された「アシストフォーラム2015」で、Ericomの魅力、最近のユーザー事例が語られた。(2015/8/5)

管理者は肝に銘じるべし
仮想化をめぐる間違った常識ワースト10
ベストプラクティスは本来、管理者による大きな失策を回避するためのものだ。だが頻繁に指摘されるアドバイスの中には、間違っているものもある。本稿では、そうした間違ったプラクティス10選を紹介する。(2015/7/30)

キーワードは“ハイパーコンバージド”
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、基盤再構築にどう取り組むべきか
企業で一般的になったサーバ仮想化。リソースの効率的な利用や、運用管理の向上など企業は多くのメリットを享受してきた。その一方で「こんなはずじゃなかった」という声も聞こえてくる。その問題点と解決策を探る。(2015/7/28)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第1回】
物理PCと何が違うの? デスクトップ仮想化、基本の「き」
デスクトップ仮想化(VDI)が注目される背景や、どのようなメリットが期待できるのか、導入に向けての課題を解説する。(2015/7/10)

Citrix製品でNVIDIA「GRID」を実行
「GPU仮想化」が覆す「仮想デスクトップで画像アプリは使えない」という常識
米中西部の大学がCitrix環境にNVIDIAの技術を導入し、仮想デスクトップ/アプリケーションの配信で複雑な画像を使ったアプリケーションを利用できるようにした。(2015/6/12)

エンタープライズストレージ要件にも十分に対応
仮想化、ストレージ課題を一掃する「ハイパーコンバージド」の何がすごい?
90年代以降今日まで続くサーバと共有ストレージをSANで結ぶアーキテクチャは、ITインフラの運用管理や構成変更を複雑なものにした。近年この課題に抜本的な解決策が登場した。キーワードは「徹底的にシンプル」。(2015/6/4)

IT部門のためのデスクトップ仮想化導入の勘所【第1回】
ワークスタイル改革で再燃するデスクトップ仮想化という選択
デスクトップ仮想化への関心が再燃している。背景にあるのは、IT技術の進化やワークスタイル改革に対する関心の盛り上がりだ。デスクトップ仮想化が企業にもたらす本当のインパクトとは?(2015/5/28)

仮想化に潜むセキュリティ課題を考える
“仮想化のセキュリティ盲点”とその解決策とは?
仮想デスクトップ基盤(以下、VDI)の導入が広がっているが、VDIへのログインや本人認証における従来型認証方法の脆弱性や、利便性における課題は従来のままだ。盲点になりがちな「認証セキュリティ」の課題に迫る。(2015/6/29)

AirWatchとVMware NSXの統合は何をもたらすのか
モバイルのセキュリティ強化、次の一手「ネットワーク仮想化」とは?
モバイル管理機能とネットワーク仮想化の組み合わせで、許可したアプリケーションへのみアクセスさせる仮想ネットワークを構築できる。モバイルユーザーへの影響は?(2015/5/17)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
仮想化普及の弊害がついに発生 その対処法は?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/5/6)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
仮想化普及の弊害がついに発生 その対処法は?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/4/29)

VMwareのチャレンジの成否は?
仮想化の次は「EVO:RAIL」か、サーバの未来を見通す
米VMwareのユーザーはハイパーコンバージドインフラ「EVO:RAIL」に関心を示しているが、競合製品が複数存在している。EVO:RAILは今後どう戦っていくのか? (2015/4/24)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
仮想化普及の弊害がついに発生 その対処法は?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/4/24)

VDI vs, DaaS
クライアントPCは「クラウド」と「仮想化」へ、従来のPCはお役御免?
ある大学のグループは、デスクトップインフラのリフレッシュを検討していた。VDIを実装するよりもクラウドに移行する方が、同グループにとって最適な選択肢であることが判明した。(2015/4/17)

仮想化構築の第一歩
2015年、「失敗しない仮想化技術選び」の答えは“コンバージド”?
社内で仮想化を計画しているが、多くの要素があって混乱する。仮想化への第一歩として、どのようなポイントを考慮して計画を進めればよいかを紹介する。(2015/4/10)

既存環境を生かしたVDI導入のヒント
今どきのデスクトップ仮想化導入は“1社完結”が賢い理由
限られた予算でVDI導入を成功させるには、サーバ、端末、ネットワークと必要な製品を全てそろえ、導入/保守サービスに至るまでをワンストップで提供し、かつロックインしないベンダーを選ぶことが大切だ。(2015/4/14)

VDIとDaaS 、普及の真実
「5年後、PCはほとんど仮想化される」はどうなった? 仮想デスクトップの成功と誤算
VDIもDaaSも、担当者が適切な状況で導入したとき、大きな力を発揮する。それぞれをどのような場合に使えばよいのかを説明する。(2015/4/9)

「VMware Horizon 6」でRDSホスト型が実現
機能追加でCitrixに迫るVMwareのデスクトップ仮想化
VMwareの「VMware Horizon 6」にはさまざまな新機能が追加されている。だが、Citrix製品に追い付くには、もっとプラットフォームに磨きをかける必要がある。(2015/4/6)

まずは正しい評価から
「デスクトップ仮想化」は何が何でもやらなくてはいけないことなのか?
全ての物理デスクトップPCが仮想化の対象になるのだろうか。デスクトップPCの評価は、仮想デスクトップインフラ(VDI)への大規模な投資を行う前に仮想化対象のPCを判断する一助となる。(2015/4/3)

存在理由はVMware対抗のためだけ?
無料の仮想化ソフト「Hyper-V Server」の魅力と、大き過ぎる落とし穴
インストールの容易さ、そして何よりも無料であることを考えると、Hyper-V Serverは費用対効果に優れた選択肢だ。利用しない手はないということだろうか?(2015/4/1)

何が問題なのか?
仮想化の弊害、“VMスプロール”との戦い方
手軽に仮想マシンを立ちあげられるようになった結果、仮想マシンが際限なく増殖する“VMスプロール”が問題になってきた。VMスプロールの問題と対処方法を紹介する。(2015/3/24)

業界エキスパート4人が解決策を披露
サーバ仮想化にまつわる“不満”の正体、「ストレージの課題」を解決するには?
多数の仮想サーバを運用する企業では、運用やパフォーマンスの課題に直面するところが少なくない。その背景にあるのがストレージの制約だ。ストレージの最新動向を紹介しつつ、仮想環境における課題と解決策を示す。(2015/3/23)

ハイパーバイザーベースとの違いを解説
「Docker」席巻の理由はこれだ、コンテナベースの仮想化を他と比較する
コンテナベースの仮想化がもたらすメリットに業界が注目している。特に従来のハイパーバイザーベースの仮想化が持つ弱点をカバーする点が評価されている。それぞれの技術を比較する。(2015/3/16)

VDIのパフォーマンスを左右
デスクトップ仮想化用ハードウェアをどう選ぶ? 選定者必携のチェック項目
VDI導入では適切なハードウェアを選ぶことが不可欠だが、これは必ずしも難しいことではない。まず、使用するVDIソフトウェアに対応するコンポーネントのリストをベンダーが持っているかを確認することだ。(2015/3/11)

SDN、VDIなど幅広い分野で利用されるVMware
仮想化技術で実用的なサービスを生み出した4つのユーザー事例
多くの企業が仮想化を活用して新たなサービスを展開している。TCO削減だけではない、ビジネスを活性化させるための仮想化とは。ネットワーク仮想化(SDN)やデスクトップ仮想化(VDI)など、4つのユーザー事例を紹介する。(2015/3/5)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

実質的に無料にならない場合も
タダに弱い人ほど注意 失敗しない「無料アプリ仮想化ソフト」選び6カ条
「無料で使えるアプリケーション仮想化ソフト」といえば聞こえはいいが、厄介な事態を引き起こしたり、必要な機能が無かったりすることがある。事前に検討すべき6つの項目を紹介する。(2015/2/25)

システムの信頼性、処理性能が大幅向上
社長が太鼓判、地域密着の不動産会社が達成した「サーバ仮想化+共有ストレージ」の効果とは
サーバ仮想化と共有ストレージを使ったシステムの可用性向上はもはや一部の大企業だけが利用できる技術ではない。千葉県八千代市の不動産会社が取り組み、ビジネス拡大を実現した注目事例を紹介する。(2015/2/25)

これが仮想化のベストプラクティス
VMworld User awards受賞企業に学ぶ、仮想化活用術
VMworld Europe User awardsを2回も受賞したドイツの旅行代理店は、仮想化をどのように活用しているのか? VDIによるWindows 7への移行作業など、彼らの事例を詳しく紹介する。(2015/2/23)

仮想化市場に切り込む新興企業
2015年に期待される仮想化スタートアップ企業トップ10
2015年注目の仮想化スタートアップ企業10社をピックアップ。大手ベンダーに挑戦しているスタートアップ企業もあれば、全く新しいテクノロジーを定義しようとしているところもある。(2015/2/20)

Red Hat Enterprise Virtualization導入事例
Red Hatの仮想化と自動化で「イノベーションを生む余裕」を実現
ダウンタイムが許されないニュースサイトが、Red Hat Enterprise VirtualizationとSatelliteを導入。得られたのは可用性だけではなかった。(2015/2/19)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化時代のバックアップと災害復旧
仮想化を利用するメリットの1つに、バックアップ対応の充実が挙げられる。新旧のサプライヤーが提供する製品を紹介する。(2015/2/17)

だがクラウドの信奉者ではない
VMwareのCIOが考える、仮想化の用途と限界
VMwareのCIOトニー・スコット氏は、仮想化について最も理解している人物の1人だ。同氏は、自社のITインフラ構築の経験を通して、仮想化の可能性と限界を説明する。(2015/2/12)

VDIの2大障壁、コスト&パフォーマンス課題を解決
コストが10分の1に、低コストで高性能なデスクトップ仮想化構築の方法
コストとパフォーマンスがネックとなり仮想デスクトップインフラ(VDI)導入をとどまる企業は多い。だが、利用形態や用途を特定することで低コストかつ高パフォーマンスなVDI導入が可能になる。(2015/2/3)

安さだけではなく管理性、保守性を追求したPSQL v12
「仮想化、クラウドならOracleかSQL Server」は本当に正しいのか
基幹系システムを仮想化、クラウド環境で稼働させる際、焦点の1つになるのがデータベース選びだ。選択肢は限られていたが、安価かつ導入しやすいデータベースの登場で状況が変わりつつある。(2015/2/2)

2014年は「DaaSの年」だったが、2015年は?
「Windows 10」か「Chromebook」か、2015年のデスクトップ仮想化の主役は?
専門家はDaaS、BYOD、Linuxのサポートを2014年の大きなトレンドだと考えている。2015年にはこれらのテクノロジーにまつわる弱点を解決する方法が誕生することを期待している。(2015/1/26)

仮想化運用管理に関する調査リポート
サーバ仮想化を導入済みは半数強 運用の鍵は障害時対応とバックアップ体制
TechTargetジャパンは2014年10月、「仮想化運用管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは企業の仮想化環境への対応状況が明らかになった。(2015/1/16)

2015年も目が離せない
アプリ仮想化ライバル対決、CitrixとVMwareの攻防はどうなる?
米Citrix Systemsは2014年に「Citrix XenApp」を復活させ、新たに「Citrix Workspace Services」(CWS)を発表した。だが、米VMwareもすぐ後を追随している。2015年も仮想化ベンダーの動向から目が離せないだろう。(2015/1/14)

「VMware NSX」導入で仮想環境を構築
ウエストジェット航空がネットワーク仮想化で解決したパフォーマンスの問題
カナダWestJet Airlinesは、米VMwareの「VMware NSX」の「マイクロセグメンテーション」を評価し、ネットワーク仮想化の導入に踏み切った。NSXによって同社ではコアファイアウォールの複雑さが緩和され、ボトルネックを回避することができる。(2015/1/9)

「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【第7回】
セキュリティ製品不要? 仮想化データセンターを賢く守る方法
データセンターでの活用が進む仮想化技術は、インフラの柔軟性確保だけがメリットではない。仮想環境の特性をうまく生かせば、効率的なセキュリティ対策が可能になる。その方法を示す。(2015/1/8)

2014年 記事ランキング(仮想化編)
Top10で振り返る2014年、仮想化のホットトピックは「デスクトップ」
デスクトップ仮想化を筆頭に、VMware環境のバックアップ、vSphere 5.5といったトピックが注目された2014年の仮想化関連の記事。記事ランキングからトレンドを探る。(2015/1/6)

システムの運用も変わる
常識として知っておきたい「デスクトップ仮想化」と「サーバ仮想化」の違い
デスクトップ仮想化とサーバ仮想化は種類が異なる仮想化だ。これらの違いを知らなければVDI導入に失敗する恐れがある。(2014/10/3)

サーバ仮想化のネットワーク課題はこれで解決
バンダイナムコがネットワーク仮想化を導入「管理工数が3分の1以下に」
サーバ仮想化によってネットワークスイッチには高い耐障害性と拡張性が求められるようになった。だが、高性能なシャーシ型10GbE/40GbEスイッチは高価で導入をためらう。そんな企業に現実的な「解」を紹介する。(2014/12/26)

物理環境とは違った観点が必要
完璧な製品は存在しない、4つの仮想化バックアップ/リカバリ製品を比較
仮想環境では、バックアップ/リカバリの新しいアプローチが必要だ。本稿では、仮想バックアップの機能を備えた製品を紹介する。(2014/10/27)

ベアメタルサーバのススメ
仮想化の時代は終わった――時代はベアメタル+Docker
今、仮想化されていない「ベアメタル」サーバが注目されている。仮想マシンではなくDockerを使うケースも増えてきた。仮想化せずにベアメタルサーバを使うメリットとは?(2014/10/27)

SMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第1回】
「Windows Server 2003」移行であらためて考えたい“サーバ仮想化”
2015年7月に延長サポートが終了する「Windows Server 2003」。サーバの刷新は大きな負担であることは確かだが、業務システムの課題を改善するための良い機会でもある。中堅・中小企業(SMB)が知っておくべきポイントを解説する。(2014/10/16)

NEWS
仮想化基盤の運用性を高めたストレージ製品群を発表――NEC
SSD採用によるディスクI/Oの高速化に加えて、業務システムが混在する仮想化基盤の運用性を高める機能を利用できる。(2014/10/15)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】「仮想化運用管理」に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、仮想化環境の運用管理状況についてお伺いします。(2014/10/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
ネットワーク機能仮想化によるネットワークの再構築
ネットワーク機能仮想化の目的は、ハードウェアへの依存度を低減してネットワークの複雑性を解消することにある。(2014/9/1)

F1チームのIT事情
弱小F1チームのケータハムが仮想化で実現した「意外なコストダウン」
わずか半年でIT環境を構築してケータハムのF1参戦を実現させたピータース氏。同氏は仮想化を推し進めてコストを削減しただけでなく、サーキットにハイパフォーマンスコンピューティングを持ち込もうとしている。(2014/8/29)

Computer Weekly製品導入ガイド
Juniper、HP、Ciscoは仮想化ネットワーク管理の解決策を持っているか?
変わり続けるネットワークの管理では、できる限り自動化する必要がある。JuniperやHP、Ciscoといったグローバルサプライヤーにその答えを出すことができるのか?(2014/8/27)

IT部長さんのための技術トレンド【第5回】
1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?
サーバエンジニアを中心に話題になっているオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」。従来の仮想化技術とはどう違うのでしょうか。また、システム開発や運用にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。(2014/8/21)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
【コンパクトデータセンター完全ガイド】1台で仮想化基盤を簡単構成、“机の下のデータセンター”の中身
小規模オフィスでも導入できる低価格な垂直統合製品が登場した。システムに必要なハードウェア一式と機能をコンパクトな筺体に統合した「コンパクトデータセンター」で、ITインフラの課題を一気に解決しよう。(2014/8/6)

Googleも支持、期待の先にあるものとは
大注目の仮想化ソフト「Docker」に乗り遅れないために
Googleをはじめとした多くの企業や多数の開発者に支持され、急成長を遂げている「Docker」が、本格的に企業利用を推し進めるべく商用サービスをリリースした。(2014/7/24)

トラブル対応に追われるA社をよそに、B社はITを戦略的に活用
“残念事例”にならないために 事例形式で学ぶサーバ仮想化の基盤選び
サーバ仮想化のメリットの1つは、サーバ集約によるコスト削減だ。だが、仮想化の導入でかえって運用コストが上昇するケースもある。仮想化環境の運用課題を解決するための解決策を事例形式で紹介する。(2014/6/30)

ヴイエムウェアとトレンドマイクロが徹底対談
仮想化のプロが明かす、見落とせない「大規模VMware環境」の注意点とは?
システム基盤を仮想化する動きが広がりつつある今、大規模環境ならではの課題に直面するユーザー企業も少なくない。仮想化の雄であるVMwareを例に、専門家2人がその課題と、「vSOM」などの効果的な解決策を語り尽くす。(2014/6/30)

重要度別データ保護のススメ
仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ
ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。(2014/6/19)

各社が取り組む機能強化
“変化するものだけが生き残る” 仮想化ハイパーバイザー進化論の現在
サーバ仮想化技術はすっかり成熟した感があるが、各社のロードマップを見ると、それぞれのハイパーバイザーにまだまだ秘策があるようだ。(2014/6/16)

数百台の物理サーバを統合
NTTぷららの仮想化基盤構築、エンジニアの信頼を得たプラットフォームとは?
大規模な仮想化基盤構築で重要になるプラットフォーム。NTTぷららが選んだプラットフォームは長い歴史と実績があり、最新技術をリードするOSだった。(2014/6/13)

その仕組みとメリットを解説
徹底入門:知らないと損をする「アプリケーション仮想化」の基本
アプリケーション仮想化によって、IT管理者はPCやモバイルデバイスにリモートアクセス経由でアプリを直接提供できる。だが、アプリケーション仮想化とは何であり、どのように機能するのだろうか。(2014/5/27)

検討不足のA社、スピーディーなB社 その差は一体?
サーバ仮想化基盤を導入したものの…… “失敗あるある”を事例形式で検証
サーバ仮想化はコスト削減と同時に、ビジネスの変化に素早く対応するIT基盤を実現する。だが導入は決して容易ではない。事例形式で検証しながら、陥りがちな落とし穴や、その解決策を紹介する。(2014/5/27)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第1回】
Microsoftの仮想化の歴史から振り返る、Hyper-V誕生のストーリー
昨今のクラウド時代においてはすっかり定着した仮想化テクノロジー。現在、Microsoftは仮想化においてWindows Serverの一機能としてHyper-Vを提供している。仮想化における概況とMicrosoftの仮想化の歴史を解説する。(2014/4/10)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第1回】
仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”HAクラスタ
仮想環境においても物理環境と同様のHAクラスタ構成を組めばよいと思われがちだが、実はそう簡単ではない。物理環境のHAクラスタ製品を仮想環境で使用した場合に起こる3つの課題について整理する。(2014/4/7)

【お知らせ】サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化導入」についてお伺いします。(2014/1/14)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第4回】
サーバ仮想化の活用から次の一歩を踏み出す統合運用管理への道
本連載は、中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回はその全体像、第2回はサーバ、第3回は動向について述べた。最終回の第4回は、「統合運用管理/資産管理ツール」を取り上げる。(2014/3/20)

拡張性や運用効率も視野に
万全な事前検証で、デスクトップ仮想化を“最速構築”する方法
「導入に時間がかかる」「構築が難しい」といわれるデスクトップ仮想化。成功の鍵は事前検証にあるが、そのための設備や予算がない企業も多い。これらの難題を一掃し、さらに拡張性も見込めるソリューションがある。(2014/3/20)

真のICTリソースプールを実現! サーバもネットワークも“まるごと仮想化”
Windows Server 2003サポート終了にも効く「SDN×仮想化共通基盤」とは
「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了が2015年7月に迫り、最新OSへの移行を考えなければならない。一時的な延命策として仮想化環境で運用する方法もあるが、ネットワーク経由での脅威に注意が必要だ。その有効策とは?(2014/3/12)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第4回】
5つの仮想化方式を一覧表で比較 〜デスクトップ仮想化導入で準備すべきこととは
デスクトップ仮想化プロジェクトを実行する上で準備・理解しておくべきポイントをまとめる。特に重要なポイントであるデスクトップ仮想化方式については一覧表(ダウンロード可能)で整理する。(2013/12/27)

デスクトップ仮想化に関する調査リポート
VDI中心のデスクトップ仮想化市場、ユーザーが重視する製品選択基準は?
普及期を迎えつつあるデスクトップ仮想化だが、デスクトップ仮想化方式ではVDI(仮想PC)以外の知名度はまだ低いようだ。また、インフラ構築の難しさから性能に不満を抱えるユーザーが少なくないことも明らかに。(2014/2/27)

サーバ仮想化に関する調査リポート
技術革新の進むサーバ仮想化、残る課題は運用管理
TechTargetジャパンでは2014年1月にサーバ仮想化に関する調査を実施。回答者の3分の2がサーバ仮想化を導入済み・導入予定と回答するなど、すっかり当たり前の技術となったサーバ仮想化。残る課題はやはり運用のようだ。(2014/2/27)

製品選びで重要な3つのポイントを解説
モバイルでVDIは最適解ではない デスクトップ仮想化の真実
既にデスクトップ仮想化を導入している経験者は、製品選びの重視点を「パフォーマンス」「運用管理性」「費用対効果」と指摘する。来たるスマートデバイス活用も視野に入れた最適な製品選びの基準とは?(2014/2/27)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【最終回】
モバイル活用でデスクトップ仮想化を無視できない3つの理由
モバイルデバイスをビジネスで活用する上で有力な手段となるデスクトップ仮想化。本稿では、デスクトップ仮想化がなぜビジネスのモバイル化において重要なのか、3つのポイントで解説する。(2014/2/20)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第3回】
簡単なようで難しい Hyper-Vによるサーバ仮想化の意外な落とし穴
Windows Server 2003ベースのシステムでは、長期稼働しているケースもあり、ハードウェアの寿命などさまざまな不安があります。物理サーバを仮想化すれば問題の一部は回避できます。しかし、実際はそう簡単にいかないようです。(2014/2/13)

使用率とライセンスをチューニング
仮想化のコストを大幅に削減する3つの処方せん
仮想化してもコストが下がらない。それどころかコストが増大する可能性もある。仮想化のコストに悩む企業は、以下の3つの手法を検討すべきだ。(2014/2/12)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第5回】
デスクトップ仮想化導入で準備すべき技術的なポイント
デスクトップ仮想化プロジェクトを進めるに当たり、サーバ、ストレージ、セキュリティなど、技術的に準備・検討しておかなければならないポイントを解説する。(2014/1/30)

「Windows Server 2003」サポート終了に対応
事例で分かるサーバ仮想化の“ホンネ” Hyper-V採用の理由は?
確実に増えつつある仮想化技術を活用したサーバ統合。成功のための鍵はどこにあるのだろうか。「Hyper-V」サーバ仮想化で大きなメリットを出した事例から成功のポイントを探る。(2014/1/27)

医療機関のIT導入に関する調査リポート
「医療クラウド」「仮想化システム」に注目、読者調査で分かった医療ITトレンド
医療機関に勤務する会員を対象に実施したIT導入に関する調査リポート。電子カルテなどのIT導入状況、導入目的や期待する効果、関心のあるトレンドなどが明らかになった。(2013/12/17)

NEWS
仮想化環境特化型ストレージの新シリーズを発表、ティントリジャパン
ティントリジャパンがストレージ新製品群を提供開始。単一システムで最大2000の仮想マシンをサポートできる。同時に統合管理ツールの提供や販売パートナーの拡充を発表した。(2013/10/30)

医療クラウド構築も視野に
“サーバ仮想化”で医療システムはどう変わるのか?
積極的にIT化に取り組んでいる医療機関の多くが、サーバの運用管理負荷の軽減のためにサーバ仮想化技術の導入を進めている。一見すると良いことづくしに見える仮想化技術の採用にも思わぬ落とし穴が存在する。(2013/10/15)

物理、仮想の並行管理のポイントは
OpenFlowの生みの親が語る――ネットワーク仮想化のパラダイムシフト
ネットワーク仮想化で課題となる物理ネットワークとの並行管理や、トラブル発生時にトラブルシューティングについて、OpenFlowの生みの親と呼ばれるマーティン・カサド氏に聞いた。(2013/10/10)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第3回】
業界別に見る デスクトップ仮想化による課題解決
代表的な業界(金融、製造、流通・小売り、社会基盤)におけるデスクトップ仮想化の適用例を解説する。デスクトップ仮想化を自社のビジネス課題に適用するためのヒントとしてほしい。(2013/10/10)

仮想デスクトップをサービスとして利用する
デスクトップ仮想化の価値を最大化する極意とは?
生産性向上や事業継続性の確保などのメリットで利用が拡大するデスクトップ仮想化。近年になりVDI環境をサービスとして提供するDaaSが相次ぎ登場している。果たして、そのメリットとは。(2013/10/18)

聖域ない仮想化を目指して
全てのアプリケーションに仮想化を ミッションクリティカル対応が強化された「VMware vSphere 5.5」
VMworld 2013で発表された「VMware vSphere 5.5」は何が新しくなったのか。スケーラビリティとパフォーマンスの向上、高可用性機能など、注目のバージョンアップ箇所をまとめた。(2013/10/7)

製品導入ガイド
デスクトップ仮想化導入を成功させる提案依頼書(RFP)作成法
ITベンダーからより良い提案を受けるには、適切な情報を盛り込んだ提案依頼書(RFP)が不可欠だ。デスクトップ仮想化の導入を成功させるRFP作成のノウハウを伝授する。(2013/10/1)

バックアップ/リストア処理の遅さに限界を感じたら
仮想化環境のバックアップ“超”高速化はこうして実現する
仮想化技術の普及により、多くの企業が柔軟なシステム運用を目指している。しかし、従来型のバックアップ/リストアでは仮想化環境の運用を最適化できずにさまざまな課題を抱えている。(2013/9/19)

読者調査から浮かび上がった仮想化運用課題に応える
運用コスト・工数を抑えて、サーバ仮想化のコストメリットを最大化する4つの秘訣
コスト削減策として、多くの企業に浸透したサーバ仮想化。だが、システムの複雑化によって管理コスト・工数がかさみ、仮想化のコストメリットを十分に享受できない例が続出している。この問題を解決する秘訣とは?(2013/8/29)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
運用管理? セキュリティ? サーバ仮想化運用フェーズの課題
TechTargetジャパン読者の多くがサーバ仮想化を導入している今、その関心は運用フェーズに移っている。セキュリティや監視、バックアップなど、運用フェーズの課題を解決する各種ソリューションを紹介する。(2013/8/29)

Intelも一般企業と同じ課題を抱えている
クラウドで560万ドル削減したIntel、その仮想化、クラウド戦略
2万台のサーバを擁していたIntelも、一般企業と同じく低いサーバ利用率が課題だった。同社ITディレクターに、Intelの仮想化/クラウド導入の事情を聞いた。(2013/8/28)

3000ユーザー分のエンドポイントをどう守る?
PCの新規購入なし、モバイル利用も安心――デスクトップ仮想化の効用
複雑なエンドポイント管理というパズルのピースはたくさんある。エンドポイント管理には、スイスアーミーナイフのように万能なアプローチは今のところ見つかっていない。(2013/8/22)

低コストかつ容易で中堅企業に最適な選択肢
失敗しない仮想化/クラウド環境の障害対策とは?
仮想化環境やクラウドの普及とともにシステム障害対策の在り方も多様化している。一方で、多大なコストを掛けられないのも企業の実情だ。仮想化/クラウド環境における障害対策のベストプラクティスを探る。(2013/8/9)

3層のネットワークトポロジーの限界を克服
仮想化/クラウド時代のネットワーク「ファブリック」
仮想化とクラウドの企業導入が進み、従来の3層構造のイーサネットではトラフィックなどの面で不都合が生じてきた。これを打開するために提唱されえいるのが、「ファブリック」というアプローチだ。(2013/8/1)

ITの課題別にメリットを解説
基礎から知る、初めてのデスクトップ仮想化
サーバとストレージの仮想化は導入済みだが、デスクトップ仮想化は考えていなかったという人へ。デスクトップ仮想化に詳しいDell Wyseのジェフ・マクノート氏が、デスクトップ仮想化の基礎知識を簡単に説明する。(2013/7/25)

ストレージの利用状況に関する読者調査リポート
ストレージ仮想化の導入率は26.0%、読者調査が示すユーザーの期待感
TechTargetジャパンが実施したストレージ利用状況の調査では、今後導入予定または検討中の機能として「ストレージ仮想化」が最も多く挙げられ、現状の不満を解消できる方法として期待されていることが分かった。(2013/7/18)

サーバ仮想化に関する読者調査リポート
安定期に入ったサーバ仮想化、Hyper-Vへの乗り換えは増える兆し
TechTargetジャパンは2013年6月にサーバ仮想化導入に関する読者調査リポートを実施した。本稿では調査結果の一部として、2012年と比較したサーバ仮想化の導入状況や製品導入状況をリポートする。(2013/7/17)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン
デスクトップ仮想化を実践するためのポイントを解説する。デスクトップ仮想化がもたらす価値、費用対効果の考え方、技術的なポイントなどを整理する。デスクトップ仮想化導入のガイドラインとして参考にしてほしい。(2014/2/20)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第2回】
デスクトップ仮想化のトータルコストを削減する効果的な手段
物理PCに比べ導入コストが高いといわれるデスクトップ仮想化。だが、両者の単純な比較は無意味だ。デスクトップ仮想化の投資対効果を考えるポイント、投資対効果を高めるためにトータルコストを削減する方法を紹介。(2013/7/4)

レガシーでは歯が立たない
クラウドの頂へ登れ―米Columbiaが仮想化を決意した理由
サーバ仮想化をした米アパレル会社は、どのようにしてプライベートクラウド化へ移行したのか。廃止した製品、新たに導入した製品を考察する。(2013/7/3)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:NEC
仮想化環境の必須要件を満たすミッドハイストレージ「iStorage M700」
NECが2012年11月に販売開始した「iStorage M700」は、SSDの二次キャッシュやキャッシュ分割機能など、クラウドや仮想化との親和性を高める機能を備えたミッドハイモデルストレージだ。(2013/7/2)

イベントはもはやモビリティの国際見本市
モバイル市場に吸い寄せられる仮想化ベンダー
多くのITベンダーがデスクトップ向けソリューションからモバイル向けにシフトしている。特に、Citrix、VMwareといった仮想化ベンダーはその動きが顕著だ。(2013/6/25)

SDNデータセンター事例
サーバ仮想化のネットワーク問題、OpenFlowでどう解決できる?
仮想化技術によるサーバとアプリケーションの統合を進めたデータサービスプロバイダーのEdgenet。同社が直面したのはネットワークの課題だった。OpenFlowでどう解決したのか? 事例を紹介する。(2013/6/12)

利用するソフトウェアの要件も重要
CPU、ストレージはどう選ぶ? サーバ仮想化に最適なハード選びの基本
サーバ仮想化で利用するハードウェアを選ぶ際、サーバのCPU、メモリ、内蔵ディスク、NICなどのコンポーネント、また、ストレージについてもさまざまな選択肢が存在する。それぞれの選び方のポイントを解説する。(2013/6/13)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】サーバ仮想化に関するアンケート調査
本調査では、サーバ仮想化に関して、導入状況や導入の課題などをお伺いいたします。(2013/6/3)

データ保護のエキスパートが語る
サーバ仮想化がBCP/DRのための最大のチャンスである理由
多くの企業がデータ管理で直面している課題は複合的だ。事業継続計画(BCP)/災害対策(DR)も、データ増大、データセキュリティ確保などの課題とともに対応する必要がある。仮想化を活用して対策を進めるコツとは。(2013/5/31)

知らないと損する仮想化とネットワークの関係
サーバ仮想化の効果を引き出すネットワーク構築の新定番とは
サーバ仮想化の導入により、新規サーバの立ち上げやサービスの実装は従来よりもグンと簡単になった。一方、仮想化環境のネットワークは複雑さを増し、その設定や構築にはこれまで以上の手間がかかってしまい……。(2013/5/30)

デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第1回】
企業の成長を維持、加速させるデスクトップ仮想化の真価
生産性向上や事業継続性などさまざまなメリットが取り沙汰されるデスクトップ仮想化。だが、本当の価値は「企業の成長を維持、加速させる」ことに他ならない。デスクトップ仮想化が持つ2つの側面からその真価を解説する。(2013/5/21)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ仮想化の活用パターンが分かる3つのホワイトペーパー
大量データをより効率的に蓄積・管理できるとして、ストレージ仮想化が注目を集めている。その活用パターンを学べる3つのホワイトペーパーを紹介する。(2013/5/10)

NEWS
SDNに基づく、データセンター向けネットワーク仮想化製品を発表――富士通
データセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスなど特性が異なる3つの領域のネットワークを仮想化し、ICT基盤全体のネットワーク管理・制御を最適化する新しいアーキテクチャを発表した。(2013/5/9)

世界662人に調査
VDIユーザーが最も使う「アプリ仮想化製品」はどれだ?
デスクトップ仮想化を活用する企業は、どういった運用形態を採用しているのか。企業規模別の導入意欲は。調査結果をひも解くと、意外な事実が明らかになった。(2013/5/9)

デスクトップ仮想化の成否はストレージの設計で決まる
IDCアナリスト対談:デスクトップ仮想化を成功させるための条件とは
デスクトップ仮想化導入の際に課題となるコストとパフォーマンス。その鍵を握るのはストレージである。では低コストで高パフォーマンスを得るに何をすればいいのか。IDCのアナリストとストレージの専門家が語る。(2013/4/26)

「遅いバッチ処理」を効果的に解決
仮想化とインメモリで実現、高速かつ低コストなデータ処理手法とは?
バッチ処理を高速化したいが、余分な投資は抑えたい。その解決の鍵は、「仮想化」と「インメモリ」という2つの技術の組み合わせにあった。その具体像を探っていこう。(2013/4/23)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

パフォーマンスは落ちるのか
悩めるデータベース管理者に贈る「SQL Server仮想化の利点と欠点」
サーバを仮想化することで、事業継続性が向上したり、無駄のないITインフラを構築できるなどのメリットが得られる。だが、まだ多くのデータベース管理者がSQL Serverを仮想化すべきかどうかを迷っている。(2013/4/5)

自社に適した端末の種類を知る
デスクトップ仮想化環境で使える4種のクライアントを比較する
デスクトップ仮想化(VDI)環境で利用できる端末はPCやシンクライアントだけではない。ゼロクライアントやタブレットPC、スマートクライアントといった選択肢もある。それぞれも長所/短所をまとめた。(2013/4/3)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【後編】
管理性に着目、VMwareとMSで比べるアプリケーション仮想化
アプリケーション仮想化の主要3製品を比較する後編では、VMware ThinAppとMicrosoft App-Vの特徴を解説する。(2013/4/1)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【前編】
アプリケーション仮想化でCitrix XenAppを選ぶ理由とは?
OSとアプリケーションを切り離す技術であるアプリケーション仮想化には、さまざまな製品が出回っている。前編では、Citrix XenAppの特徴とともに、最新バージョン6.5の機能を解説する。(2013/3/27)

有償版を買わせるための「エサ」ではない
Hyper-V Server 2012で実現する仮想化のコスト削減
コストを掛けずにサーバ仮想化をしたい中堅・中小企業にとってHyper-Vは、信頼性の高い仮想環境を容易かつ低コストに構築できる選択肢といえよう。Hyper-V Server 2012を使った仮想環境構築のポイントを解説する。(2013/3/25)

仮想デスクトップ方式の選択が鍵
知らないと損する、デスクトップ仮想化の初期コストを下げる方法
導入に多額のコストが必要と思われがちなデスクトップ仮想化。だが、最適な実装手法の選択を通じて導入コストを削減でき、ROIを高めることも可能になる。(2013/5/1)

日本ストラタステクノロジー Avanceソフトウェア徹底検証
システム停止を未然に防ぐ、無停止仮想化ソフトウェア「Stratus Avance」――その実力とは?
標準IAサーバ2台にインストールするだけでシステムを無停止運用できる「Stratus Avanceソフトウェア」。同製品のセットアップからフェイルオーバーテスト、パフォーマンスなど、本ソフトウェアの機能と性能を徹底検証した。(2013/2/20)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第1回】
【技術解説】仮想化特有の課題がある、VMware環境の“従来型”バックアップ
サーバ仮想化の導入が急速に進む一方で、データ量も増え続けている。物理環境と同様のバックアップでは、バックアップ時間や容量、システムへの負荷など多くの課題が出てくる。(2013/2/13)

仮想ファイアウォールやリソース管理が重要に
仮想化の脅威、「ハイパーバイザー攻撃」を防ぐ3つの対策
仮想環境のセキュリティ対策は、物理環境と共通する部分が多い。ただし、仮想環境特有の要素であるハイパーバイザーは別だ。その主要なセキュリティ対策を紹介しよう。(2013/2/12)

ITインフラ運用担当者が語る選定と運用の経緯
セガの「ファンタシースターオンライン2」を支えるサーバ仮想化基盤とは
伝説のオンラインRPGアクションゲームが新バージョンで復活した。登録IDは約3カ月の間に100万を突破したという。これを支える基盤として、セガが選択したサーバとは。(2013/2/7)

アナリストに聞くデスクトップ仮想化動向
【技術動向】続く技術進化とデバイス多様化で、着実に増えるデスクトップ仮想化導入
取り立てて新しい分野というわけではないデスクトップ仮想化。だが、市場は着実に伸びているという。ベンダーによる地道な技術革新と業務端末の多様化が後押しする。(2013/2/4)

ハードウェアやネットワークとともに考える
デスクトップ仮想化環境で“信頼性+可用性”を実現する手法
仮想デスクトップ環境にはその仕組みから、高い信頼性と可用性を欠くことができない。では、その実現手法とは?(2013/1/31)

VMware vs. Microsoft
2大仮想化ベンダー2012年の動きに寄せられる称賛と批判
2012年も仮想化市場で注目を集めたVMwareとMicrosoft。両ベンダーの新製品やアップデートに対し、米国企業のIT担当者から称賛と批判が寄せられた。(2013/1/25)

リポート機能拡充、バグ対策、パートナー連携
専門家3人が提言する、サーバ仮想化ベンダーに改善してほしい3つの事
仮想化ベンダーおよびサードパーティープロバイダーは、製品やサービスの品質を改善するために何をすべきか。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー3人に聞いた。(2013/1/23)

ホワイトペーパーランキング
2012年、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
仮想環境の保護、デスクトップ仮想化――。仮想化関連のホワイトペーパーの中から、2012年に多く読まれた上位10本を紹介する。(2013/1/17)

時間の節約だけではないVDIのメリット【後編】
デスクトップ仮想化で驚異の高速化を実現した“ダブルホップ”手法とは?
デスクトップ仮想化(VDI)ベンダーに「これほど巧みにVDI技術を活用したIT部門は他に見当たらない」と言わせた米小児病院。秘密はXenAppを用いた“ダブルホップ”アーキテクチャにある。(2013/1/16)

サイロ化したシステムをいかに統合するか
“仮想化基盤へのシステム統合を阻む壁”を突破する秘訣
社内システムへの仮想化の適用範囲を広げていくと、多くの企業が必ずぶつかる壁がある。本稿では仮想化環境へのシステム統合の課題を整理するとともに、その確実・効率的な解決策を探る。(2013/1/15)

使い勝手に大きな課題
スマートフォンでデスクトップ仮想化を使うべきでない、これだけの理由
PC向けのアプリケーションを動かすためにスマートフォンやタブレットでデスクトップ仮想化を試す企業が増えている。だが使い勝手は良くない。企業はモバイル向けデスクトップ仮想化をどう考えるべきか。(2013/1/10)

アプリケーション仮想化Q&A【後編】
アプリケーション仮想化の2大製品、ThinAppとXenAppの違いとは?
アプリケーション仮想化を代表する2製品の違いを解説する。また、アプリケーション仮想化の導入で考えられるネットワーク上の課題、不適合なアプリケーションとは。(2013/1/10)

時間の節約だけではないVDIのメリット【前編】
「VDIなしでは考えられない」米小児病院のデスクトップ仮想化事例
「デスクトップ仮想化インフラ(VDI)が手放せない」というほどVDIのメリットを享受している米小児病院。一体、何がそんなにすごいのか? そして、導入のきっかけとは?(2013/1/9)

アプリケーション仮想化Q&A【前編】
専門家が解説する、2つのアプリケーション仮想化
アプリケーション仮想化とはどのような技術で、どのような場合に有効か。専門家のアラステア・クック氏が解説する。(2013/1/7)

VMware ThinAppによるアプリケーション仮想化
【事例】レガシーの壁を乗り越えたサッポログループ、アプリ仮想化でWindows 7へ移行
企業のWindows移行でネックとなるのがレガシーシステムだ。サーバとクライアントが密に結びついてため、容易にクライアント環境を変えられない。その状況をサッポログループはアプリケーション仮想化で乗り切った。(2012/12/26)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【最終回】
【コスト分析】シナリオで算出する、中小企業のサーバ仮想化コスト
中小企業がサーバ仮想化を導入した場合、どれくらいのコストが掛かるのだろうか。具体的なシナリオとともに2つのモデルケースでコストを算出した。果たして、費用に見合うのか?(2012/12/20)

現場経験豊富なエキスパートが指南
デスクトップ仮想化導入の失敗を避けるための心得
多くの企業の関心を集めている「デスクトップ仮想化」。その導入プロジェクトに取り組む企業が増える中、「“何となく”デスクトップ仮想化を進めると、失敗する可能性が高まる」と警鐘を鳴らす専門家もいる。(2012/12/21)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第3回】
中小企業がサーバ仮想化の投資対効果を最大化するには?
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、管理・運用や社内における意思決定など「モノ」以外に関する事項について明らかにし、それらの解決策を探る。(2012/12/6)

「サーバ仮想化」導入完全ガイド
物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。(2012/12/4)

トレーニングや管理面が新たな課題に
データセンター適用例が示す、サーバ仮想化のコスト削減以外のメリット
サーバ仮想化を利用した金融サービス会社のデータセンターでは、コスト削減と同時に自社ビジネスの急激な需要に対応するインフラを実現。しかし、仮想化に伴う新たな課題も浮かび上がった。(2012/12/3)

仮想化とIAサーバのトップベンダーがタッグを組んで実現!
1Wayサーバで実現する“中小企業に効く仮想化”
「サーバ台数が少ないと導入効果も低いのでは」といった理由で仮想化の導入をためらう中小企業が多い。だが仮想化は中小企業にこそ効く。仮想化ソフトとIAサーバのトップペンダーがタッグを組んでそれを実証する。(2012/12/17)

【お知らせ】「サーバ仮想化導入に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、サーバ仮想化導入に関するアンケート調査を実施しました。本リポートではサーバ仮想化の導入状況や製品選定のポイント、導入期間など購買にかかわるデータをまとめています。(2012/11/29)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
もっと「速く」そして「安く」――デスクトップ仮想化導入の課題と解決策
デスクトップ仮想化はセキュリティ強化やワークスタイル変革、災害対策など、さまざまな効果を発揮する魅力的なソリューションだ。だが、導入や運用には難しい面もある。これらの課題を解決する方法を紹介する。(2012/12/14)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化
IT活用のための予算や人員が限られる中小企業であればこそ、サーバ仮想化によって得られる恩恵も多々ある。本連載では4回にわたって「中小企業にとってのサーバ仮想化とは何か?」を詳しく見ていく。(2012/11/27)

ITインフラは持つべきか/持たざるべきか【前編】
ユーザー企業3社座談会 仮想化導入はどれくらい進んでいる?
ユーザー企業の情報システム部門/情報システム子会社で働く読者を集めた座談会リポート。前編では、クライアント/サーバの仮想化状況を中心に話を聞いた。(2012/11/22)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第2回】
サーバ仮想化導入の障壁、ハードウェアコストの課題を解決する
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、ハイパーバイザーやストレージなどの「モノ」に関する事項について明らかにした。本稿ではそれらの解決策を探る。(2012/11/14)

階層化やデータ配置の自動化などの機能を搭載
【製品動向】デスクトップ仮想化を見据え、高性能化するミッドレンジ向けストレージ
最近、導入コストを抑えながら、ハイエンド向け機能を継承するミッドレンジ向けストレージ製品が市場に提供され始めた。最新動向をまとめた。(2012/11/13)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化の運用に役立つ3つのホワイトペーパー
いつでもどこでも、どの端末からでも仕事ができる技術として注目を集めるデスクトップ仮想化。本稿では、デスクトップ仮想化の運用を効率化し、性能を向上させる上で役に立つホワイトペーパーを紹介する。(2012/11/13)

複雑化したシステムのパフォーマンスをどう守るか【第1回】
【導入効果】仮想化・クラウド時代のシステム障害対策「アプリケーションパフォーマンス管理製品」
仮想化、クラウドによりITシステムが複雑化している今、運用管理には「業務部門のスタッフやeコマースなどを利用する消費者にとって、システムは快適に使えているか」というエンドユーザーの視点が不可欠となる。(2012/11/9)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第1回】
【導入効果】台数削減だけではないサーバ仮想化のメリット
サーバ仮想化には物理サーバ台数の削減以外にも多くのメリットがある。本稿では、物理サーバを購入する予算や運用管理を担う人材が限られる中小企業が、サーバ仮想化をすべきメリットを解説する。(2012/11/8)

「ストレージI/Oの仮想化」用語集(前)
インフラ全体で仮想I/O管理を共通化できる「スイッチによるI/O仮想化」
ストレージI/Oの仮想化手法の1つである「スイッチによるI/Oの仮想化」は、ネットワーク全体で特定のVMに対して一定レベルのパフォーマンスを保証でき、さらに故障時の可用性対策にも有効だ。(2012/11/2)

米TechTarget調査から見える仮想化の最新動向【後編】
アンチ仮想化は劣勢に、サーバ統合だけではない仮想化のメリット
仮想化の最大の目的はサーバ統合だろう。だが、仮想化の目的はそれだけではない。システム管理の改善やディザスタリカバリなどでも効果を発揮する。一方で、仮想化の必要がない企業も存在する。(2012/8/31)

米国の専門家4人が「仮想化、最大の課題」を語る【後編】
仮想化の専門家いわく「仮想化の問題はCPU、メモリ、ネットワーク、ストレージ」
仮想環境における障害の原因となるのは、多くの場合、仮想化技術よりもホストリソースだ。またバックアップでは、幾つかの問題をクリアする必要がある。(2012/8/14)

米国の専門家4人が「仮想化、最大の課題」を語る【前編】
仮想化の専門家いわく「仮想化ベンダー同士のバッシングはやめろ」
成熟した仮想化技術であっても運用管理における課題は尽きない。前編では仮想化のライセンス管理、ベンダー同士のバッシング、管理ツールにおける課題を紹介する。(2012/8/9)

ネットワークアダプターで仮想I/Oを実現
煩わしいI/O管理からCPUを解放するネットワークの仮想化手法
仮想サーバと仮想デスクトップが普及し、ストレージへのI/O要求がさらに高まった。その解決策となる「仮想I/O」をネットワーク側で実装すると、ハイパーバイザーの負荷を大幅に減少し、CPUリソースを有効活用できる。(2012/10/31)

デスクトップ仮想化に関する読者調査結果リポート
今後導入したいデスクトップ仮想化製品、XenDesktopを抑えVMware Viewが躍進
TechTargetジャパンは9月にデスクトップ仮想化に関する読者調査を実施した。今後導入したいVDI製品では、導入済み製品首位のXenDesktopを抑えVMware Viewが人気を集めた。(2012/10/29)

富士通が提供するデスクトップ仮想化ソリューション
自由度の高いデスクトップ仮想化を実現するベストプラクティス
クライアント管理にまつわるさまざまな課題を解決してくれるデスクトップ仮想化だが、その運用管理に十分気を配っておかないと、思わぬトラブルや出費を余儀なくされるかもしれない。(2012/10/9)

ベンダー各社のサポートは?
VDI vs. RDS、2つのデスクトップ仮想化方式を比較
リモートデスクトップ環境を実現する仮想デスクトップインフラ(VDI)とRemote Desktop Services(RDS)はどこが違うのか。米Citrix Systemsと米VMwareによるVDIとRDSのサポートについても説明する。(2012/9/27)

ノックスが提供するNAS製品「Tintri VMstore」
共有ストレージのボトルネックを解消する「仮想化専用」ストレージの実力とは?
サーバ仮想化の適用範囲を広げると、必ずといっていいほどぶつかる「共有ストレージの性能ボトルネック」の問題。その根本的な解決を目指して開発された「仮想化専用」ストレージの導入効果を解説する。(2012/9/24)

現状ではセキュリティに懸念、近く市場再編も
モバイル仮想化の導入を見送るべき理由
BYODの安全性確保の特効薬とされるモバイル仮想化。ベンダーは製品の市場投入を急ぐが、導入を見送るユーザー企業も多い。背景には、製品や市場の成熟度の低さがある。(2012/9/19)

物理仮想環境を包括的に保護するバックアップソリューション「Symantec NetBackup」
仮想化環境のバックアップは「初めの第一歩」が重要
仮想化は企業ITにまつわるさまざまな課題を解決してくれるが、場合によっては新たな課題を突き付けることもある。その課題の1つはバックアップ。だが適切なソリューションを選んでおけばその多くは解消される。(2012/9/18)

製品リポート:NEC CLUSTERPRO X
企業事例に学ぶ仮想化システムの障害対策――その対策、本当に大丈夫?
多くのユーザーが不安に感じているサーバ仮想化環境の障害対策。他の会社はどういった対策を行っているのか。企業の実際の導入事例から仮想化システムの障害対策のあるべき姿を紹介する。(2012/9/18)

物理/仮想化混在、ハイパーバイザー混在の管理に最適
サーバ仮想化環境のバックアップと監視を楽にする3つの方法
サーバ仮想化の運用管理で難しいとされるバックアップ、そして障害やキャパシティー監視。これらは、仮想化ソフトウェアの標準ツールだけではなかなか負荷を軽減できない課題となっている。(2012/9/18)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
サーバ仮想化を進める理由、やらない理由
調査結果によると、サーバ仮想化を導入している企業の多くが運用や管理に課題を抱えているという。一方、回答者の4割はいまだ仮想化を導入してない。仮想化を導入するメリットは本当にないのだろうか。(2012/9/18)

富士通が提案するプライベートクラウドへの道しるべ
仮想化/クラウド化への“壁”を克服する運用管理ツールとは?
サーバ仮想化の次のステップとして、プライベートクラウドへの展開が積極的に進められている。課題となるのが「インフラ管理の複雑化」だ。クラウドへの円滑な移行を可能にするソリューションが注目を集めている。(2012/9/10)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】デスクトップ仮想化に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「デスクトップ仮想化の導入状況、デスクトップ仮想化製品の導入・検討状況」をお伺いします。(2012/9/3)

日本ストラタステクノロジー「Stratus Avanceソフトウェア」
アプリケーションの無停止運用と仮想化を低コストで同時に実現するには
オープン系システムが企業ITの隅々まで浸透した今、IAサーバ上で動くアプリケーションの可用性はこれまで以上に重要性を増している。しかし、そのために無尽蔵にコストを掛けられるわけでもない。どうすればいいか。(2012/8/31)

SunやVirtual Ironの二の舞になるか
OracleのI/O仮想化ベンダー買収にユーザーからは懸念の声
米Oracleは2012年7月にI/O仮想化アプライアンスベンダーの米Xsigo Systemsを買収。Xsigoのユーザーの間には、製品の今後や価格設定、サポートをめぐり懸念が広がっている。(2012/8/30)

米TechTarget調査から見える仮想化の最新動向【前編】
VMwareはなぜ選ばれるのか? 仮想化上位3製品の動向をひも解く
多数の仮想化ベンダーがひしめきあう中、今日のハイパーバイザー市場における主要プレーヤー3社を確認するとともに、自社のインフラに最適な製品を選択をする上での基準を示す。(2012/8/29)

仮想化環境の可用性、セキュリティ、データ保護の最新動向
「基幹システムの仮想化は不安」の誤解
仮想化の利便性や効果を知りながらも、いざ基幹システムへの適応となると可用性やセキュリティ、災害時の継続性に不安を感じる企業は少なくない。しかし、こうした不安は既に「誤解」になっている。(2012/8/27)

日本オラクル「Oracle VDIソリューション」
デスクトップ仮想化の実現を阻む2つの壁、打開策はシンプルで分かりやすいVDI
企業が抱えるさまざまな課題を解決する有効な手段である、業務デスクトップの仮想化。しかしながら、検討企業の多くが導入段階で「ある問題」に直面して最後の一歩を踏み出せないという。(2012/8/24)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化の性能を検証した3つのホワイトペーパー
いつでもどこでも、どの端末からでも仕事ができる技術として注目を集めるデスクトップ仮想化。本稿では、デスクトップ仮想化製品の性能を比較・検証したホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/21)

デスクトップ仮想化製品紹介:Ericom
費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品
デスクトップ仮想化製品の導入には“初期費用”という壁があった。ところが、従来製品の約2分の1から4分の1で導入できる製品があるという。Ericom Softwareの「PowerTerm WebConnect」を紹介する。(2012/8/15)

MicrosoftのRemoteFX改良をめぐる賛否【後編】
MSがデスクトップ仮想化の3Dグラフィックス機能を大きく改良
Windows Server 2012で改良されたデスクトップ仮想化の3Dグラフィックス機能「RemoteFX」は、パフォーマンス改良だけでなくRemoteFX全体のインフラ簡素化と管理機能の改善も施した。(2012/8/13)

医療現場のモバイルセキュリティ対策 8つのテクニック(前)
デスクトップ仮想化が医療分野で重宝される理由
医療機関でモバイル端末の利用が広がる中で懸念されている「セキュリティ」問題。医療情報のセキュリティとプライバシーの問題に効果的な各種の対策を紹介しよう。(2012/8/8)

仮想化に最適なサーバ「Cisco UCS」はVDIでも活躍
ストレージ容量を9割以上削減する、驚きのデスクトップ仮想化技術とは?
デスクトップ仮想化(VDI)のメリットは広く認知されつつあるが、一方でコストと処理速度の問題がネックとなり、導入に二の足を踏む企業が少なくない。しかし、これらの懸念を払拭するソリューションが登場した。(2012/8/8)

コンテナ型はホスティング事業者向き
ハイパーバイザー型よりもコンテナ型の仮想化が有利なケースは?
全ての仮想マシンが1つのカーネルを共有するコンテナ型と、仮想マシンごとにカーネルを含めたOSを入れる必要があるハイパーバイザー型、どちらを選ぶべきか。メリット/デメリットを解説する。(2012/8/3)

仮想化統合管理ツール紹介:マイクロソフト
Windowsの世界から飛躍した、System Center 2012の仮想化・クラウド管理
System Center 2012の中でもクラウド・仮想化管理を担う「System Center 2012 Virtual Machine Manager」を紹介。物理環境との統合管理、組織や部門単位での管理、サービステンプレートの3つの特徴を備える。(2012/8/2)

ハイパーバイザーのコモディティ化
マルチハイパーバイザー管理ツールがデスクトップ仮想化を後押しするわけ
仮想化管理ツールのマルチハイパーバイザー対応が進んでいる。それはつまり、仮想デスクトップインフラにおいても、1つのプラットフォームに縛られる必要がないこと示している。(2012/7/31)

DaaS(デスクトップ仮想化サービス)@absonneを採用し、ユーザーサポートまで一括委託
資生堂がPC3500台をデスクトップ仮想化へ、運用一元化とガバナンス強化を実現
化粧品やヘルスケア事業大手の資生堂は、更新時期を迎えた販売会社のPC3500台をデスクトップ仮想化サービス(DaaS)へ移行。端末運用一元化とガバナンス強化を実現するとともに、運用のトータルコストを削減した。(2012/7/30)

【お知らせ】「サーバ仮想化に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、サーバ仮想化に関するアンケート調査を実施しました。本リポートではサーバ仮想化の導入状況や製品選定のポイント、仮想環境に特化したバックアップ/セキュリティツールの導入意向など購買にかかわるデータをまとめています。(2012/7/25)

専門家の意見もさまざま
一筋縄ではいかない、データセンターの完全仮想化
ハイパーバイザーがミッションクリティカルなワークロードに対応できる今、企業は仮想データセンターを100%仮想化すべきかどうかの難しい判断を迫られている。(2012/7/18)

まずはコストモデルを分析
デスクトップ仮想化の投資対効果を高める5つの考え方
初期投資が掛かるといわれている仮想デスクトップインフラだが、導入規模や管理方式など、工夫次第で投資対効果を高めることができる。本稿では5つの手法を紹介する。(2012/7/10)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは?
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/6)

セキュリティ製品用API提供の動きも
【製品動向】VM間通信保護からパッチ管理まで、「サーバ仮想化」の弱点を克服する製品
仮想環境には、物理環境にはないセキュリティ課題が幾つかある。本稿はサーバ仮想化に絞り、サーバ仮想化特有の課題を解決するセキュリティ製品の最新動向を解説する。(2012/7/4)

登場から10年、衰えないiSCSI SANのパフォーマンス(前)
10GbEとサーバ仮想化の普及が追い風となったiSCSI SAN
登場から10年がたつ「iSCSI SAN」。当初の懸念を払拭し、より大規模な企業でも採用されるようになった理由は一体どこにあるのだろうか?(2012/6/28)

DB専用サーバ仮想化の注意点
SQL Serverの仮想化が最良の選択とはならない3つのケース
仮想化のメリットは既に周知の事実だが、集計・分析用途のシステムを仮想化する際には十分注意が必要だ。Microsoft SQL Serverを例に、仮想化が必ずしも正解とはならない3つのケースを紹介する。(2012/6/28)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
仮想化・クラウド環境の統合管理もできる「バックアップツール」選定のヒント
物理/仮想化環境の混在、クラウドにも対応可能な最新のバックアップ対策とは何か? TechTargetジャパンが2012年4月に実施した読者調査を踏まえ、バックアップツールの選定のヒントを探っていく。(2012/6/28)

3つの導入事例から学ぶ
仮想化の成功を左右するハードウェア、ソリューション選びのポイント
仮想化を成功させるには、正しいハードウェアとソリューション選び、計画的な導入プロセスが欠かせない。本稿では仮想化に成功した3つの導入事例を通して、仮想化に最適なハードウェア、ソリューションと導入方法を紹介する。(2012/7/9)

ビジネスチャンスの一方で難題も
iPad対応で医療市場を狙う仮想化ベンダー、それを阻むAppleの閉鎖主義
仮想化技術を使ってiPad端末から医療システムにアクセスしたいという医師のニーズが高まっている。仮想化ベンダーに追い風が吹いているが、App Storeをめぐって現場の開発者から不満の声が上がっている。(2012/6/19)

大規模DCの課題を解決するネットワーク最新技術【第1回】
【技術解説】ファブリックから仮想化対応まで、ネットワーク構築/運用技術5選
大規模データセンターにおけるネットワークにはどういった課題があるのだろうか。その解決策の現状と今後の方向性は。本稿は、大規模データセンターを取り巻く最新技術を示す。(2012/6/14)

具体的な発売時期は未定だが
Microsoftのアプリケーション仮想化ツール「App-V 5.0」の新機能
Microsoftが2012年4月初めに発表したアプリケーション仮想化ツール「Application Virtualization(App-V)」の新機能を紹介する。仮想化されたアプリケーションでも物理マシンと同等の性能が得られるという。(2012/6/11)

医療分野のIT活用事例:呉医療センター
【事例】デスクトップ仮想化で医療情報システムを刷新した呉医療センター
医療機関でもニーズが高い「デスクトップ仮想化」。電子カルテを中核とする情報活用を促進させるために仮想化技術を導入した呉医療センターの取り組みを紹介する。(2012/6/11)

総合的なコストは低いが妥協も必要
SMB向けデスクトップ仮想化製品VDI-in-a-BoxをXenDesktopと比較
米Citrix Systemsが中堅・中小企業向けに提供するデスクトップ仮想化製品のVDI-in-a-Boxを、価格、管理機能、サポートでXenDesktopと比較した。(2012/6/6)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(1)
単なる“全社仮想化”とは違うプライベートクラウドの本質的価値
仮想化によってITシステムを統合することと、プライベートクラウドを展開することは違う。両者の違いを整理しながら、プライベートクラウドへの移行ステップを解説。プライベートクラウドの本質的な価値に迫る。(2012/5/24)

仮想化環境用バックアップツールを比較検討する(後編)
比較表で解説! 仮想化バックアップツールの特徴と価格体系の違い
DR戦略の一環として導入が進む仮想化環境のバックアップツール。6つの主要なサードパーティー製品について、その導入検討に役立つ特徴やシステム要件、価格体系などを一覧表にまとめてみた。(2012/5/21)

仮想化環境用バックアップツールを比較検討する(前編)
主要な仮想化バックアップツールを評価してみた
DR戦略の一環として仮想化環境のバックアップツールを導入する場合、確認すべき8つの機能がある。本稿では幾つか具体的な製品を取り上げ、各ツールの特徴や機能比較の結果を紹介する。(2012/5/14)

通信障害の多発であらためて脚光
【製品動向】仮想化対応や障害分析の強化が進む「ネットワーク管理製品」
ネットワークの安定運用に欠かせないのが、性能監視や構成管理機能を持つ「ネットワーク管理製品」だ。本稿は、ネットワーク管理製品を取り巻く最新トレンドを紹介する。(2012/5/11)

10年後のエンドポイントセキュリティはこうなる(後編)
レピュテーションに仮想化対応――マルウェア検出技術の今を知る
ネットワークセキュリティとの統合が進むとみられるエンドポイントセキュリティ。後編はエンドポイントセキュリティ製品の最新動向を示しつつ、10年後に向けて企業がなすべき施策を探る。(2012/5/9)

サードパーティー製はMetroアプリのみサポート
Windows RTタブレット:非対応アプリはデスクトップ仮想化で
Windows RT(Windows on ARM)のデスクトップモードで使えるのはMicrosoftアプリのみ。サードベンダーアプリはMetro版しかサポートされない。この制限を回避する方法とは?(2012/5/2)

2012年度IT投資動向についての読者調査リポート
「仮想化」「タブレット」――読者調査で探るIT投資“次の本命”
ユーザー企業のIT投資についてその金額や増減、投資先を読者調査で聞いた。ユーザー部門の効率化を目的にタブレット端末やスマートフォンへの投資を新たに検討している企業が多いようだ。(2012/4/17)

VMware Viewの魅力に迫る
デスクトップ仮想化で、エンドユーザーと情報システム部門、双方の悩みを解決!
「ITによる業務効率改善」はこれまでも追求されてきた課題だが、社員が利用するデスクトップ環境の管理効率に関してはあまり進歩がない。近年注目を集めるデスクトップ仮想化はこれを打破する可能性を秘めている。(2012/4/3)

対応端末の不足が普及を妨げるとの声も
スマートフォン仮想化は私物端末管理の特効薬となるか
1台のスマートフォンで複数の環境を切り替えて利用することができる「モバイル仮想化」。私物端末の管理に役立つという評価がある一方で、対応端末の少なさが普及のネックとなるという声もある。(2012/3/2)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理
仮想化の運用管理製品を提供するベンダー各社の製品の特徴やメリットを、1製品ずつ紹介する。(2012/3/1)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第4回】
プロセス管理と自動化に優位性 IBM Tivoliの仮想化・クラウド対応機能
Tivoliの仮想化対応機能の中でも特徴的である、プロセス管理とプロビジョニングの自動化を中心にTivoliの製品群を見ていく。日本IBM自身のプライベートクラウドへの取り組みも紹介する。(2012/2/28)

仮想化管理ベンダーの業界再編が予測される
仮想化管理、2012年のキーワードはマルチハイパーバイザー対応
専門家によると、2012年は複数のハイパーバイザーを管理できるツールへのニーズが本格化するという。これは、自社以外の仮想化管理製品を開発するつもりのないVMwareにとって逆風となりそうだ。(2012/2/14)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化のコストとライセンスを知る3つのホワイトペーパー
BCP、セキュリティ対策などで注目が高まるデスクトップ仮想化。だが、イニシャルコストの高さが懸念されている。本稿では、デスクトップ仮想化のコスト感やライセンス体系をつかめるホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/9)

プライベートクラウド構築で役立つサードパーティー製品【後編】
サーバ仮想化でストレージ使用量が3割増! ストレージ効率化ツール6選
サーバ仮想化やクラウドによって、必要とされるストレージの量は大幅に増える。クラウド環境におけるストレージのニーズを満たすために、効果的なストレージ利用を支援するツールを紹介する。(2012/2/8)

VDIがPC市場で占める割合は2015年までに8〜12%
安価になり導入進むか? デスクトップ仮想化2012年の動向
アナリストによれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)は依然として小規模でニッチな市場ではあるが、2012年にはこれまでよりも多くの大企業がVDIを検討するという。(2012/2/7)

VMware View 5×日立製作所
動画で分かる! 日立×VMwareがデスクトップ仮想化で選ばれる理由
セキュリティ対策、運用負荷削減、BCP。今、さまざまな業務課題からデスクトップ仮想化が注目されている。では、導入すべきデスクトップ仮想化製品とは? それを実行するベストなサーバ&ストレージの要件とは?(2012/1/30)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
失敗しないデスクトップ仮想化ソリューション選定
ワークライフバランスや事業継続を目的にデスクトップ仮想化に注目が集まる一方、「費用対効果に見合わない」「導入・管理が大変」という臆測も飛び交う。こうした不安に対し、ベンダー各社が提案する。(2012/1/24)

CTCSPが提供する仮想化環境の統合運用管理サービス
「仮想化運用の思わぬ落とし穴」からの脱出へ
サーバ仮想化が導入企業にもたらすメリットは数多い。しかし、仮想化特有の運用上の課題が浮かび上がり、担当者はその解決に頭を悩ませている。解決策とは?(2012/5/24)

Citrixによるプライベートクラウド構築6のステップ【後編】
Citrixの仮想化技術と連携しクラウドポータルを実現するCloudStack
CloudStackはXenServerと連携しCitrixベースのクラウド環境の管理性を向上させる。後編では、Citirxのデスクトップ配信とクラウド運用管理に関するコンポーネントを紹介する。(2012/1/17)

ホワイトペーパーレビュー
2011年、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは? 〜ベスト10発表
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2011年にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。上位にはサーバ仮想化の導入・構築、運用管理に関するホワイトペーパーがランクインしている。(2012/1/10)

仮想化はDR計画を簡素化する
見過ごしがちなLANのディザスタリカバリ、今後のカギは「仮想化」
企業の重要なインフラであるLANは、多くの企業において災害対策が不十分な傾向にある。米国のアナリストに、LANのディザスタリカバリを進める上で考慮すべき点を聞いた。(2011/12/27)

「インターネット禁止」と「サイト閲覧許可」を両立
標的型攻撃の被害も防ぐ? 「プレゼンテーション仮想化」の意外な効果
情報漏えい対策としてインターネットへのアクセスを禁止したいが、社外のWebサイトの閲覧は許可したい。こうした相反する2つのニーズを同時に実現する手段が存在する。(2011/12/20)

なかなか進まないデスクトップ仮想化導入。その理由は?
デスクトップ仮想化、2012年に評価を予定する企業は約26%
ベンダーが積極的にデスクトップ仮想化のメリットを訴え導入を促す一方で、多くのユーザー企業は従来のPC運用からの脱却に関心がないことが米TechTargetの調査で分かった。(2011/12/19)

ネットワーク仮想化に備える(後)
ネットワーク仮想化の導入を妨げるセキュリティ上の課題
ネットワーク仮想化の導入によるメリットは多い。しかし、一部の企業がその点を認識しつつも、ネットワーク仮想化を敬遠していることも事実だ。(2011/12/14)

Windows 8に向けてIT管理者が準備すべきこと(後編)
IT管理者が知っておくべきWindows 8のブート、仮想化、管理機能
Windows 8では、ブート機構にも影響の大きな変更が加えられている。IT管理者にとってこの変更は歓迎すべきものなのか、厄介事の原因となるものなのか。(2011/12/8)

ネットワーク仮想化に備える(前)
ネットワーク仮想化のために重要な機器のアップグレード戦略
ネットワーク仮想化は、アーキテクチャ設計の不備を解決するわけではない。そのため、ネットワークコンポーネントのアップグレードや仮想インフラの導入を計画する際は、細心の注意が必要だ。(2011/12/5)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

XenServer Tips
完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する
P2VやV2Vによって、XenServer上で稼働している完全仮想化のLinux VM を準仮想化に変更する方法を記載する。(2011/9/6)

レッドハット・NEC「Red Hat Enterprise Linux 6 スマートHAクラスタパック」
どうふさぐ? Linux+仮想化ソフトの高可用性機能に「落とし穴」
仮想化ソフトの高可用性機能には、仮想ノードの内部で発生するソフトウェア障害に対応できないなどの「落とし穴」がある。その穴をどうふさぐか。ポイントはミドルウェアだ。(2011/11/30)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第2回】
自社データセンターで磨かれた技術を仮想化・クラウド環境に 〜NRIのSenju Family V12
野村総合研究所の「Senju Family」は、自社データセンターの管理ノウハウが詰め込まれた、仮想化・クラウド環境における統合運用管理ソフトウェアである。(2011/11/30)

NEWS
デスクトップ仮想化により医療情報システムを刷新 呉医療センター
電子カルテシステムと情報系システムのアプリケーションを全てクライアント仮想化し、1台の端末で両方のシステムを同時に利用できる医療情報システムに刷新した。(2011/11/25)

Atlantis ILIO製品紹介
キャッシュと重複排除でストレージ容量を節約、デスクトップ仮想化を速くする「Atlantis ILIO」
VDIを導入する企業にとって大きな懸念事項になるのがストレージコストの増加とパフォーマンス低下の問題だ。Atlantis ILIOを用いることで改善できるという。(2011/11/11)

デスクトップ仮想化(VDI)導入に関するアンケート調査リポート
約3割が導入に前向き、デスクトップ仮想化(VDI)が選ばれる理由
TechTargetジャパンでは、デスクトップ仮想化(VDI)に関する会員アンケートを実施、導入済みを含めて約3割が導入に前向きであると分かった。ユーザーがVDIに期待することとは何だろうか。(2011/11/9)

【お知らせ】「デスクトップ仮想化(VDI)導入に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、デスクトップ仮想化導入(VDI)に関するアンケート調査を実施しました。本リポートではデスクトップ仮想化の導入状況や製品選定のポイント、導入期間など購買にかかわるデータをまとめています。(2011/11/9)

ニッチな市場がターゲット?
サーバ仮想化の専門家4人が語る、クライアント版Hyper-Vの価値
Hyper-VはWindows 8にも搭載される。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー4人が、このHyper-Vのメリット/デメリット、使い方の可能性について考察する。(2011/11/8)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第1回】
サーバ仮想化計画からクラウド運用までを総合的に支援するJP1 V9.5
仮想化に対応した統合運用管理ツールの代表格ともいえる日立製作所の「JP1」。最新版のV9.5には、仮想化の導入前からクラウド環境の運用に至るまで、幅広い運用管理業務を支援する機能が備わっている。(2011/11/4)

関連分野とのシームレスな連携がカギ
サーバ仮想化と切り離せないストレージ統合
サーバ仮想環境の普及が進み、厳しくなるストレージの要件。コスト削減や災害対策などの幅広い要件を満たす統合型ストレージやバックアップ最適化などに関する最新情報を紹介する。(2011/11/1)

仮想デスクトップは現実的?
Windows 8の仮想化を不安視するIT担当者たち
Windows 8 Developer Previewの公開から約1カ月。Windows 8のテストを進めているIT担当者たちは、仮想デスクトップでのWindows 8提供に懸念を持ち始めている。(2011/10/21)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(後編)
クラウドは仮想化技術のライセンス方式をどう変えるか?
仮想化各社のライセンスモデルの違い、仮想環境におけるソフトウェアライセンスをめぐる問題を考察する。また、クラウドの普及で仮想化のライセンス方式が変化する可能性についても論じる。(2011/10/21)

Citrix iForum 2011イベントリポート
安いストレージは失敗のもと、ベンダーが語るデスクトップ仮想化のリアルな動向
Citrix iForum 2011のパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」をリポートする。デスクトップ仮想化の主要ベンダーが、ユーザー企業のリアルな動向、導入“失敗”事例などを赤裸々に語った。(2011/10/18)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(前編)
プロセッサ単位かVM単位か? 仮想化各社のライセンス方式を知る
VMware vSphere 5でVMware vSphereのライセンスモデルが一新したことを機に、Hyper-V、VMwaer vCenter、VMware vSphere、VMware View、XenServerに関するライセンスの仕組みを整理した。(2011/10/17)

デスクトップ仮想化のメリットを引き出す
スマートフォン/タブレットの普及がデスクトップ仮想化導入を後押しする?
サーバ上で稼働する仮想的なPC環境をネットワーク経由で利用する「デスクトップ仮想化」。導入効果を最大限に引き出すには、ノートPCやスマートフォン、タブレット端末といったモバイル端末の活用が鍵となる。(2011/10/13)

SMB向けストレージ製品紹介:日立製作所
ファイル仮想化を推進するSMB向けプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform 50」
日立製作所が2011年9月に発表した仮想ファイルプラットフォームのエントリーモデル「Hitachi Virtual File Platform 50」。同社の製品の特徴であるファイル仮想化機能をSMB向けに提供する。(2011/10/6)

デスクトップ仮想化の導入戦略と課題(後編)
デスクトップ仮想化によって年間25万ドルを削減したカレッジの事例
カナダの金融会社と米コミュニティーカレッジのデスクトップ仮想化導入事例。これからデスクトップ仮想化を導入する企業に向けて、仮想化の適用範囲やライセンス、総コストなど多くのアドバイスを紹介する。(2011/10/6)

デスクトップ仮想化の導入戦略と課題(前編)
米医療保険会社に聞いた、デスクトップ仮想化の導入で苦労した点
米医療保険会社のHallmark Servicesは、VMwareのデスクトップおよびサーバ仮想化技術を用いて400台の物理デバイスを仮想化した。Hallmark ServicesのCIOに聞く、デスクトップ仮想化導入を成功させる秘訣とは?(2011/10/3)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】デスクトップ仮想化(VDI)に関する調査
TechTargetジャパンでは、会員を対象にデスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)に関する調査を実施しています。(2011/10/3)

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】
比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い
VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。(2011/9/28)

NEWS
仮想化“前提”時代のVMware最適化アプライアンス 日本HP
日本HPが仮想化インフラを提供するアプライアンスを発表。VMware vSphere 5の管理機能を統合するなど、仮想環境の早期構築から運用の効率化までを支援する。(2011/9/27)

デスクトップ仮想化の導入戦略(前編)
デスクトップ仮想化を推し進めるビジネス部門の存在
従来デスクトップ仮想化は、IT部門のデスクトップ管理とセキュリティ問題を解決する技術として導入が進められてきた。だが最近は、複雑なビジネス問題を解決する手段としてビジネス部門が注目しつつある。(2011/9/26)

仮想化導入、見落としたくない検討ポイント
基幹システムへの仮想化検討、UNIX/IAサーバ製品を徹底比較!
IAサーバの仮想化統合を実施した企業が、今度はより重要なシステムへの仮想化適応を検討している。これまでのプロジェクト以上に信頼性と拡張性が求められる中、選ばれたソリューションとは?(2011/9/16)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第2回】
サーバ仮想化導入の肝、失敗しないサイジングとP2V
無計画なサーバ仮想化の導入は、後々のリソース不足やオーバースペックによる過剰投資を招く。本稿ではSMBがサーバ仮想化で失敗しないための3つのプロセスから、既存環境の現状分析と移行作業のポイントを解説する。(2011/9/16)

看板メーカー東亜レジンのデスクトップ仮想化導入事例
“デスクトップ仮想化に向いていない”企業のVDI導入、苦難と喜びの軌跡
大型電照式看板を数多く手掛ける中小企業、東亜レジン。地方拠点の貧弱な通信環境を改善するため選んだのはデスクトップ仮想化だった。この取り組みの全容が「ITmedia Virtual EXPO 2011」で明らかになる。(2011/9/1)

Oracle Optimized Solution for Enterprise Cloud Infrastructure製品リポート
実は簡単だったクラウド構築――仮想化技術で低コストに実現するには?
サーバ統合、そしてクラウド構築を試したいという企業は多いが、コストや技術面の課題で尻込みするケースが多い。サーバ統合からクラウド構築にどうスムーズにつなげるか。低コストな解決策を紹介する。(2011/8/31)

省電力・省スペース・省コストを実現
事例から学ぶ ブレードサーバ&仮想化
ラックマウントに比べサーバを集約でき、スペースや電力やコストを削減できるブレードサーバ。Intel(R)Xeon(R)プロセッサー搭載のIBM BladeCenterを活用した海外事例と、日本でのサーバ仮想化事例を紹介する。(2011/8/24)

読者の知りたいにベンダーが答える!
一歩進んだサーバ仮想化管理
コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。サーバ仮想化運用管理における課題の解決策を、仮想化のプロが提案する。(2011/8/22)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】サーバ仮想化運用管理に関するアンケート調査リポート
TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化運用管理」に関するアンケート調査を実施しました。本リポートでは、情報共有のために導入しているツール、現状の情報共有環境の課題などを紹介します。(2011/8/19)

Javaのツールでも管理可能
Red Hatの仮想化製品が一新。運用管理に多数の新機能
Red Hatは2011年末までにRHEV 3.0の管理プラットフォームを一新する。Windows以外でも管理が可能になる他、多彩なオプション管理機能も提供する。(2011/8/19)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント
中堅・中小企業(SMB)を対象に、サーバ仮想化のメリットと導入のポイントを解説する。サーバ仮想化をする目的、導入までのステップ、P2V(Physical to Virtual)移行のポイント、仮想環境での運用の変化などを、IT部門の方が具体的にイメージできることを目指す。(2011/8/16)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】
クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット
クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。(2011/8/16)

高コストから低コストまで
サーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法
サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。(2011/8/8)

「Microsoft以外なら何でも」の二の舞?
仮想化市場のVMware優位を揺るがす同盟軍が急成長
KVMの普及を促すOpen Virtualization Alliance(OVA)が急成長している。その視野に仮想化大手のVMwareが入っていることは明らかだ。(2011/8/3)

CTCが提案する仮想環境に最適化なストレージ環境
サーバ仮想化の影で先送りされていたストレージ問題
サーバ統合を目的とした仮想化環境の普及が進むにつれて共有ストレージへのI/Oが集中し、その管理や運用が困難になるという問題が表面化してきた。(2011/7/29)

ホワイトペーパーレビュー
2011年上半期ホワイトペーパーランキングベスト10 〜仮想化
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2011年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。本稿では上位3つのホワイトペーパーをレビューする。(2011/7/22)

サーバ仮想化運用管理に関する調査リポート
読者に聞いた、仮想化の統合運用管理ツールの魅力と懸念
コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。今回TechTargetジャパンでは、統合運用管理ツールに関するユーザーの意識調査をすべく、コンセプトテストを実施した。(2011/6/28)

ホワイトペーパーレビュー
仮想化のパフォーマンスを向上させる3つのホワイトペーパー
仮想化技術のメリットを最大限に生かすために役立つホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想マシンのチューニング方法や、仮想環境における運用管理を効率化する手段、最新のネットワーク技術解説を取り上げる。(2011/6/16)

識者が語る基幹システムのBCP:アクセンチュア 沼畑幸二氏
節電対策でCIOが仮想化とクラウドに注目すべき理由
企業の基幹システムを破壊した東日本大震災。企業は今後の基幹システムの再構築や運用をどう考えていけばいいのか。アクセンチュアのエグゼクティブ・パートナーである沼畑幸二氏に聞いた。(2011/5/31)

仮想Mac OSは実現するか?(後編)
Appleのライセンス契約はMac OSの仮想化を禁止
「仮想Mac OS」の実現には、Appleのソフトウェアライセンス使用許諾契約の改変が必要となる。Appleには、これに応じる用意があるのだろうか?(2011/5/25)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】サーバ仮想化運用管理製品に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「サーバ仮想化運用管理製品に関する意識や導入・利用状況」をお伺いします。(2011/5/23)

仮想Mac OSは実現するか?(前編)
期待が高まるデスクトップ仮想化による「仮想Mac OS」の実現
「VMware vSphere 5」でAppleのサーバOSがサポートされることになり、「仮想Mac OS」実現の可能性に注目が集まっている。(2011/5/20)

DR/BCP対策に仮想化を
仮想化で得られる節電効果、「電気料金は4分の1以下に」
ヴイエムウェアが東日本大震災を受け、仮想化でできる企業のDR/BCP対策について提案している。(2011/5/12)

考慮すべきHyper-Vの構造
Hyper-V仮想化環境のセキュリティ対策のポイント
仮想環境でのセキュリティ上の問題の多くはハイパーバイザー自体ではなく、過大な権限の取得や、アプリケーションへのエクスプロイト攻撃に起因する。Hyper-V環境における脅威を回避するポイントを紹介する。(2011/4/26)

仮想環境の設計で考慮すべきこと
【Q&A】サーバ仮想化が災害復旧計画に与える影響とは
最適な仮想環境を設計していれば、優先度の高いアプリケーションは単一のプラットフォーム上にあるだろう。これがどのような形で災害復旧の助けになるのか。(2011/4/21)

ソフトウェアによるストレージ仮想化のメリットとは?
ハードウェアに依存しないストレージ仮想化を実現する「SANsymphony-V」
要件が高度化しているストレージ。その対応策としてストレージ仮想化が注目されている。本稿では、ストレージ仮想化を実現するソフトウェア「SANsymphony-V」の概要を紹介する。(2011/4/20)

仮想化管理ツールのトップ10(後編)
仮想化の高度な管理で役に立つ、無料/有料ツール5選
携帯電話によるWebインタフェースを使った、物理/仮想サーバを監視、管理できるツールや、ローカルストレージを共有ストレージに転用し、iSCSIでアクセスすることができるツールなどを紹介する。(2011/4/14)

完全なデバイス非依存が目標
タブレットとデスクトップ仮想化で実現するモバイルUC
デスクトップ仮想化による「デバイスに依存しない実行環境」と、タブレットやスマートフォンによる「モバイル化」。場所や端末に依存しない職場環境を実現するファクターはそろった。それらをどう組み合わせる?(2011/4/14)

Hyper-V、XenServer、KVMに足りないもの
VMware、仮想化の機能競争でMicrosoft、Citrix、Red Hatを依然リード
仮想化ベンダー各社の技術革新によって、ハイパーバイザー間の違いが薄れつつあるが、Hyper-V、XenServer、KVMには、いまだ機能的に弱い部分が残っている。(2011/4/12)

仮想化管理ツールのトップ10(前編)
標準ツールを超える、仮想化の運用管理ツール5選
仮想化管理ツールの開発に関しては、仮想化ベンダーよりもサードパーティーベンダーの方が得意だ。前編では、サードパーティー製品を中心に仮想化管理ツールトップ10(順不同)から5つを紹介する。(2011/4/7)

JDSF会員企業座談会(2)
ストレージ仮想化のメリットって何ですか?
ストレージ仮想化の現状について、ベンダー各社はどう考えているのだろうか。ストレージ関連企業で構成される業界団体であるJDSF会員を対象にした座談会での議論を紹介する。(2011/4/12)

x86サーバ仮想化の勘所
仮想化の成功にメモリ不足の解消が有効 〜最新アーキテクチャで変革
サーバ仮想化に取り組む企業にとって、CPUの利用率低下は非効率な投資を招く深刻な問題だ。IBMは第5世代のアーキテクチャ「eX5」を開発し、最新の2ソケットx86サーバで変革をもたらそうとしている。(2011/4/1)

デスクトップ仮想化市場に新展開
VMware View/XenDesktopを拡張するデスクトップ仮想化ソリューション
Citrix SystemsとVMware製品の拡張で市場に活路を見いだす小規模ベンダー2社の、デスクトップ仮想化ソリューションを紹介する。(2011/3/31)

デスクトップ仮想化5つのシナリオ
さまざまな仮想化シナリオとWindowsライセンスのオプション
Microsoftのデスクトップ仮想化にはさまざまなシナリオとライセンスが存在する。ライセンスの選択ではトレードオフは避けられないため、仮想化の目的や要求仕様を固め、適切なライセンスを選択するべきだ。(2011/3/28)

ファイル仮想化ソフトウェア3製品比較
Windowsファイルサーバのスプロール対策で使えるファイル仮想化ソフトウェア
ファイル仮想化をWindowsファイルサーバのスプロール(無秩序な増殖)対策として利用する手法を紹介する。(2011/3/24)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(前編)
クライアント仮想化にIntel vProは価格に見合う価値があるか?
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/3/23)

仮想化を支えるx86サーバの勘所
ハードウェアの能力を最大化し、高性能・高信頼性を実現したサーバ仮想化の構築と運用
スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、高可用性。IBMの10年の成果である「eX5 アーキテクチャー」は、業界初の試みや数々の記録を残し、究極のx86サーバを実現した。サーバ仮想化に欠かせない技術だ。(2011/3/16)

企業デスクトップをWindows 7に移行するための5つのポイント(後編)
仮想化技術の活用がWindows 7移行の鍵
企業環境において、全てをWindows 7に対応させるのはコストが掛かり過ぎる。適切な検討による優先順位付けと、「Windows 7に対応させずに済ます」方法が必要だ。ここでは仮想化技術が役に立つ。(2011/3/14)

ハイパーバイザーを2つのタイプで分析
仮想化セキュリティ:ハイパーバイザー攻撃の対策
仮想化のセキュリティでは、各インフラストラクチャに適したハイパーバイザーを選択することが肝要だ。(2011/3/2)

サーバ仮想化導入に関するアンケート調査リポート
普及期に近づくも運用管理ノウハウに課題が残るサーバ仮想化
TechTargetジャパン会員を対象に、サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関する調査を実施。試験導入を含めると6割近い回答者がサーバ仮想化を導入しているものの、運用管理では依然として課題が残る。(2011/3/1)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第2回】
サーバ仮想化の導入形態で見る、仮想化ソフトウェアの機能とライセンス
各仮想化ソフトウェアの機能を明確化し、ライセンスとコストを考える上でのポイントを整理する。(2010/12/24)

回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(後編)
世界2300社が選ぶ2011年のIT投資優先課題、1位はサーバ仮想化
世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資に関する優先課題を聞いた。ITマネジャーたちが選んだ最優先課題はサーバ仮想化だった。(2011/2/25)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第4回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜本番環境における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を本番環境で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/22)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第3回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜技術検証用途における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を技術検証用途で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/15)

仮想化の課題を解決するソリューション
不安・無駄・煩雑――仮想化の導入を阻む3つの課題
仮想化は企業の情報インフラの根幹にかかわるものであり、その導入をためらうのは当然だ。日立のミドルウェア群が、そうした企業の不安を取り除き、最適な運用環境を実現するためのポイントを解説する。(2011/2/14)

ホワイトペーパーレビュー
アプリケーション仮想化導入を支援する3つのホワイトペーパー
アプリケーション仮想化の導入を検討する際に参考になる導入効果やソリューションについて解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2011/2/9)

VMware製品で統一するか? サードパーティー製品を使うか?
VMwareの仮想化管理ツールの多様なラインアップに戸惑うユーザー
VMwareが非常に多くのツールをラインアップしているため、リセラーですら混乱している。(2011/2/1)

国内ソフトウェアベンダーに聞く最新テクノロジーへの対応
「マルチコアプロセッサー搭載サーバ+仮想化」が生み出す新しいソフトウェア環境
仮想化やクラウドといったテクノロジーにより、ユーザー企業のソフトウェアに対する考え方はがらりと変わった。ソフトウェアベンダーはシステムインフラにおける最新テクノロジーへの対応をどう考えているのか。(2011/2/8)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】サーバ仮想化に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「サーバ仮想化の導入状況、サーバ仮想化製品の導入・検討状況」をお伺いします。(2011/1/21)

PC仮想化製品一覧
1つのPCで複数のOSを動かすPC仮想化。クライアントPC用の仮想化環境製品を紹介する。(2011/1/19)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択
サーバ仮想化を導入する際の検討指針として、ライセンス選択におけるポイントの整理とケーススタディによるコスト試算を提示する。(2011/1/19)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

XenServer Tips
準仮想化ドライバXenServer toolsのインストール方法
XenServerがサポートするOSの準仮想化ドライバ「XenServer tools」について、機能とインストール方法を解説する。(2011/1/18)

バックアップとともに語られるセキュリティ
仮想化の普及拡大でデータセキュリティがますます大きな課題に
企業が重要なサーバやリソースの仮想化を進めるにつれ、セキュリティが大きな問題になってきている。(2011/1/6)

【お知らせ】「ストレージ仮想化導入に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、ストレージ仮想化の導入に関するアンケート調査を実施しました。本リポートでは導入状況や実現方式、製品選定のポイントなどにかかわるデータをまとめています。(2010/12/27)

ストレージ仮想化の導入状況に関する読者調査結果リポート
ストレージ仮想化の導入は「2割」程度、その障壁は?
2010年11月、TechTargetジャパン会員を対象に「ストレージ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、その導入状況や期待する効果、導入への懸念点などが明らかになった。(2010/12/27)

Twitter上で開発者の怒り爆発
アプリケーション仮想化によるIEの実行は不可──方針を堅持するMicrosoft
開発者はWindows 7上において、IEの複数バージョンでアプリケーションテストを行うためにアプリケーション仮想化ツールを利用しているが、Microsoftはこうした使い方を禁じている。(2010/12/16)

ホワイトペーパーレビュー
デスクトップ仮想化導入を支援する3つのホワイトペーパー
デスクトップ仮想化の導入を検討する際に参考になる導入効果やソリューションについて比較・解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2010/12/15)

NEWS
F5、クラウド連携を強化したファイルストレージ仮想化新製品
F5がファイルストレージ仮想化製品のラインアップを拡充。クラウドサービスとの連携や仮想アプライアンスによる中小規模システムへの適用など、事業範囲の拡大を目指す。(2010/12/14)

仮想化のメリット/デメリットを無料診断
仮想化の診断から始めよう! プライベートクラウドへの第一歩
仮想化が自社に適しているかを客観的な指標で診断する「仮想化コスト診断サービス」。仮想化に興味はあるもののなかなか導入に踏み出せないという情報システム部門担当者にとって注目のサービスだ。(2010/12/9)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:EMCジャパン
仮想化・クラウド時代のストレージ「Symmetrix VMAX」
EMCが提供するハイエンドストレージ製品「Symmetrix VMAX」には、サーバ仮想化の本格普及やクラウド環境への移行などを見据えた機能が実装されている。(2010/12/8)

パナソニック電工インフォメーションシステムズ「仮想クライアントソリューション」
「デスクトップ仮想化」の実用的導入に欠かせないのは徹底的なユーザー視点
いよいよ本格化する「デスクトップ仮想化」。導入成功に不可欠である徹底的なユーザー視点を強みにするのは、ユーザー発SIerとして多くの経験とノウハウを持つパナソニック電工インフォメーションシステムズだ。(2010/12/1)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
今、デスクトップ仮想化ソリューションに踏み切るには
「初期費用が高い?」「運用管理が複雑になる?」……デスクトップ仮想化を検討するTechTargetジャパン読者の不安を解決するソリューションをベンダー各社が提案する。(2010/12/1)

VDI導入事例:肥後銀行
肥後銀行“クラウドへの布石” 〜クライアントの全面仮想化に踏み出す
ターミナルサービス活用を進めてきた肥後銀行では、既に8割の情報系端末がシンクライアント。今後は、残り2割のPCもVDI環境の“仮想デスクトップ”に切り替え、クライアントの全面仮想化を目指す。(2010/11/26)

Google、Amazonに追い付くための「いつもの戦術」
クラウド/仮想化分野で先手を許したMicrosoftの反撃
クラウド、仮想化、モバイルの分野でGoogleやAmazonに大きく後れを取ったMicrosoft。だが、かつてWebブラウザ市場で派手な逆転劇を演じた同社は、いつもの戦術で反撃に出た。(2010/11/22)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第1回】
サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと 〜複雑化するライセンスを理解する
サーバ仮想化導入の前に明確化しておくべき観点を整理するとともに、仮想化ソフトウェアの概要を紹介する。(2010/11/22)

アプリケーション仮想化製品一覧
クライアントアプリケーションとOSへの依存関係を切り離すアプリケーション仮想化。アプリケーションの展開・管理を容易にし、ユーザーの使い勝手を高める技術として注目されている。(2010/11/17)

エンタープライズ向けディスクストレージ紹介:日立製作所
ストレージ階層の仮想化・自動化を実現する「Hitachi Virtual Storage Platform」
日立製作所が2010年9月に発表したディスクアレイシステムの新製品「Hitachi Virtual Storage Platform」。ストレージ階層の仮想化・自動化機能やシステムの拡張性などが強化された。(2010/11/15)

サポート/ライセンスコストの無駄を省く
古いサーバの電源を切り、仮想化のメリットを最大限に
仮想化によって不要となったシステムを居座らせておいては、エネルギー効率の改善にならないばかりでなく、ライセンス管理という面で重大なリスクとなりかねない。(2010/11/8)

サイバネットシステムが提案する3つの情報漏えい対策製品
「暗号化」「仮想化」で防ぐ、モバイル時代の一歩進んだ情報漏えい対策
働き方の多様化により社外で働く人が増え、情報管理の重要性はさらに高まっている。ここではユーザーの利便性を損なわない暗号化製品のほかPCを持ち出さずに安全に社内ネットワークにアクセスする製品を紹介する。(2010/11/8)

NEWS
マカフィー、VDIやサーバ仮想化環境に対応したウイルス対策製品を発表
マカフィーは仮想化環境に特化したセキュリティプラットフォーム「MOVE」をリリース。第一弾としてデスクトップ、サーバ仮想化に対応したウイルス対策製品を発表した。(2010/10/27)

ホワイトペーパーレビュー
仮想化/クラウド化するストレージ技術が分かる3つのホワイトペーパー
本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から「仮想化・クラウド化に関するストレージ技術」を解説した3つのコンテンツを紹介する。(2010/10/22)

ITとコンプライアンスは単独で機能しない
サーバ仮想化にもコンプライアンス管理の視点を忘れずに
IT部門はサーバ仮想化を同部門内の問題として扱い、コンプライアンス管理に対する考慮を怠りがちだ。(2010/10/21)

デスクトップ仮想化製品一覧
肥大化したPC運用管理コストを絞り、情報セキュリティを強化するためのソリューションとして注目を集めるデスクトップ仮想化。ここでは、デスクトップ仮想化を実現するための製品を紹介する。(2010/10/20)

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第3回】
【導入効果】気付かなかった、サーバ仮想化の意外な導入効果
仮想化は、サーバ保有台数がそれほど多くない中堅・中小企業においても、活用あるいは導入検討が着実に進んでいる。だがサーバ仮想化の用途はさまざまであり、それに合わせて導入すべき時期も異なってくる。(2010/10/5)

NEWS
日立、ストレージ階層の仮想化を実現するディスクアレイシステム
日立がハイエンドディスクアレイシステムの新機種と運用管理ソフトの新版を発表。ストレージ階層を仮想化し、運用管理の簡素化・自動化でストレージのTCOを約30%削減する。(2010/9/29)

「Informatica 9」登場へ
仮想化技術が促すマスターデータ管理のパラダイムシフト
重要性は多くの企業で認められながらも利用がそれほど広がっていないマスターデータ管理(MDM)。複雑性や高コストなどMDMの課題を解決するソリューションが登場した。鍵は仮想化技術だ。(2010/9/21)

仮想化製品一覧
システムリソースを抽象化、多重化、統合化することでコンピュータを有効活用する技術である「仮想化」。ここでは、サーバ仮想化、デスクトップ仮想化を始めとした仮想化製品をジャンル別に紹介する。(2010/9/17)

サーバ仮想化製品一覧
1台の物理サーバに複数の仮想サーバを集約するサーバ仮想化。ここでは、サーバ仮想化を実現するための製品を紹介する。(2010/9/15)

NEWS
仮想化、クラウドで求められるシステム化したセキュリティ――RSAがコンセプトを説明
EMCとRSAは戦略説明会を開催。クラウドで変化する情報インフラのセキュリティに対し、同社が提唱する“セキュリティシステム”のコンセプトを紹介した。(2010/9/10)

デスクトップ仮想化導入に関するアンケート調査リポート
まだ見えぬ「デスクトップ仮想化元年」
TechTargetジャパンでは今回、デスクトップ仮想化に関する会員アンケートを実施した。サーバ/クライアント型でデスクトップ仮想化を導入している企業は12%という結果だった。(2010/9/1)

日立製作所「Cosminexus」製品リポート
サーバ仮想化環境における3つの課題を解決する業務アプリケーションサーバ
コスト削減では一定の成果を出しているサーバ仮想化だが、その導入と運用管理においては課題が山積みだ。本稿では、サーバ仮想化の効果を最大限に引き出す手法を業務アプリケーションの視点から考察する。(2010/10/1)

【お知らせ】「デスクトップ仮想化導入に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、デスクトップ仮想化導入に関するアンケート調査を実施しました。本リポートではデスクトップ仮想化の導入状況や製品選定のポイント、導入期間など購買にかかわるデータをまとめています。(2010/9/1)

ホワイトペーパーレビュー
仮想化の運用・管理で役立つ3つのホワイトペーパー
仮想化の運用・管理について解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想化によって混在する仮想環境と物理環境を効率的に統合管理する方法について紹介する。(2010/8/27)

デスクトップ仮想化製品紹介
企業の経営課題であるコンプライアンスの強化や情報漏えい対策を背景に、デスクトップ環境を集中管理する仕組み「デスクトップ仮想化」が注目を集めている。(2010/8/19)

アプリケーション仮想化とは
どれを選ぶか 3大ベンダーのアプリケーション仮想化技術比較
注目が増すアプリケーション仮想化。マイクロソフト、シトリックス、ヴイエムウェアの3大ベンダーで製品を比較した。(2010/8/9)

NEWS
セキュアヴェイルが仮想化の運用実態を監視できる新サービス、限定100社で無償提供も
VMware ESX/ESXi上に専用モジュールをインストールすることで、物理OSおよび各ゲストOSが占めるCPU、メモリ、HDD使用量などをWebブラウザ上でリアルタイムに監視できる。(2010/8/4)

仮想化導入事例
増えつつある仮想化の導入事例をまとめた。(2010/7/30)

NEWS
京阪百貨店、オラクルの仮想化プラットフォーム上にDWH環境を構築
オラクルは、京阪百貨店がオラクルの仮想化プラットフォーム上に、Oracle Enterprise Manager 11gらBI製品などを採用したと発表。京阪グループのリテール事業拡充を目指す。(2010/7/30)

デスクトップ仮想化製品紹介【第1回】
デスクトップ仮想化の仕組みとメリット
企業の経営課題であるコンプライアンスの強化や情報漏えい対策を背景に、デスクトップ環境を集中管理する仕組み「デスクトップ仮想化」が注目を集めている。(2010/7/29)

NEWS
シマンテックと日立、サーバ仮想化環境での高速バックアップシステムを共同検証
シマンテックと日立は、「Hyper-V」システム環境下でのバックアップシステムを共同検証した。検証結果を基に、日立は業務処理に影響を与えずバックアップするシステムサービスを提供する。(2010/7/23)

ホワイトペーパーレビュー
サーバ仮想化の基礎を知る3つのホワイトペーパー
サーバ仮想化の仕組みやメリットを基礎から解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。仮想環境の設計、構築、管理、運用を効率化する方法について紹介する。(2010/7/23)

NEWS
F5、仮想化対応を強化したSSL VPNアプライアンスの最新版
F5は、SSL VPN装置の最新版を発表。仮想アプライアンス版が追加され、最新OSなどにも対応した。(2010/7/22)

NEWS
NEC、仮想化向けに最大2プロセッサ搭載可能なHDDレスブレードを発売
NECは、インテルXeonプロセッサ5600番台を最大2プロセッサ12コア搭載可能なHDDレスブレード「Express5800/B120b-h」を発売。併せてAC/DC変換効率92%以上の電源ユニットを商品化する。(2010/7/15)

デスクトップ仮想化
デスクトップの仮想化とは、各ユーザーに分散していたデスクトップPC内のOSやデータ、アプリケーションをサーバやデータセンターに集約し、仮想デスクトップとしてクライアント端末からリモート接続できる技術のこと。管理のために専用端末を要さず、重要なデータを集中管理することで、OSやアプリケーションのメンテナンス、印刷やコピーの制御などセキュリティ対策を一元化できるメリットがある。(2010/7/6)

仮想化環境で投資すべきポイント
失敗しない仮想化導入予算の策定方法
仮想化プロジェクトの予算を正確に策定するには、要件をコンポーネントごとに検討するといい。それぞれのチェックポイントを紹介しよう。(2010/7/6)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略
仮想化主要ベンダーであるヴイエムウェア、シトリックス・システムズ・ジャパン、マイクロソフトに取材し、2010年度の戦略を聞いた。(2010/6/29)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品
サーバ仮想化のメリットを十分に引き出すには運用管理ツールが欠かせない。運用管理および運用管理ツールの観点から、ヴイエムウェア、シトリックス・システムズ、マイクロソフトといった主要仮想化ベンダーの仮想化ソフトウェアを紹介する。(2010/6/29)

TechTarget会員限定の座談会を開催!
サーバ仮想化の「次」を考える
TechTargetジャパンでは6月24日(木)に会員限定の座談会を開催します。サーバ仮想化の次のステップを検討しているIT管理者の方にお集まりいただき、仮想化導入における課題の最適解を見いだします。ぜひご応募ください。(2010/5/31)

製品を徹底検証したデルのお墨付き
大規模ユーザーでも仮想化が可能なExchange Server 2010
デルは、徹底した製品検証の結果からExchange Server 2010への仮想化適用を強く勧めている。(2010/5/31)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第3回:ヴイエムウェア】
全方位戦略で仮想化市場拡大を推進、クラウドでもリーディングベンダーへ
仮想化のリーディングカンパニーとしてまい進し続けるヴイエムウェア。2010年はサーバ仮想化の先にある新たな市場でも主導権を握るべく、4つの重点施策を掲げる。(2010/5/28)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第2回:シトリックス・システムズ】
FlexCastとXenAppを備えたXenDesktop 4で、デスクトップ仮想化の本格普及を目指す
“デスクトップイノベーション”を戦略に掲げるシトリックスは2010年、デスクトップ仮想化への動きをさらに加速する。同社は企業のデスクトップ環境をどう変革しようとしているのか。(2010/5/21)

デスクトップ仮想化って何?(後編)
どれを選ぶか 3大ベンダーのデスクトップ仮想化技術比較
世界3大仮想化ベンダーであるヴイエムウェア、シトリックス、マイクロソフト各社のデスクトップ仮想化ソリューションの特長を見ながら、選択に役立つポイントについて考えてみたい。(2010/5/18)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略:第1回 マイクロソフト
MS、サーバ、デスクトップともに仮想化市場拡大へ本格攻勢
マイクロソフトは、2010年の仮想化戦略として、サーバ仮想化とデスクトップ仮想化の両市場において本格的に攻勢を掛ける方針を打ち出している。(2010/5/14)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第1回】
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
サーバ仮想化の運用管理方法について検討する前に、押さえておきたいサーバ仮想化のポイントを解説する。(2010/5/17)

デスクトップ仮想化って何?(前編)
デスクトップ仮想化がもたらす柔軟で堅固なIT基盤
2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。(2010/5/12)

サーバ仮想化で注意すべきポイントを紹介
実体験でしか知り得ない「仮想化の落とし穴」
「仮想化」という技術自体は広く知られるようになったが、その適用ノウハウは成熟しているとは言い難い。導入実績を豊富に持つエバンジェリストが、実体験でしか知り得ない「仮想化の落とし穴」を紹介する。(2010/4/19)

Egenera BladeFrame導入事例
【事例】「仮想化システムを3週間で完成せよ」――スピード構築成功のウラ側
不正アクセスによるサービス停止を経験したゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、3週間で新システムを構築した。スピード構築こそがリスク軽減につながるというその発想はどのようなものなのか。(2010/3/26)

NEWS
シマンテックがデータセンター実態調査を発表、「仮想化やクラウド導入は大手企業より準大手企業が積極的」
シマンテックは世界1780社を対象としたデータセンター実態調査を発表。日本と海外データセンターでの取り組みの違いなどを報告した。(2010/3/17)

App Storeのエンタープライズ版
アプリケーション仮想化の将来──VDIアプリストアのコンセプト
エンタープライズアプリケーションでも、AppleのiPhone向けアプリケーションストアのような方式が普及するかもしれない。(2010/3/4)

NEWS
米VMware CEO「仮想化だけでなくクラウドでもリーダー企業を目指す」
米VMwareは、仮想化だけでなくクラウドにおいてもリーディングカンパニーとしての存在感を示す方針を発表した。(2010/3/3)

柔軟なプラットフォーム構築の可能性
本格的な普及期を迎えた仮想化技術のその先に
仮想化技術は、企業のIT基盤に柔軟性をもたらす。このメリットを最大化するためには、最新動向をウオッチしておく必要がある。ここでは、仮想化への効率的かつ効果的な投資に役立つ情報を集めた。(2012/8/3)

NEWS
シトリックス、2010年はデスクトップ仮想化事業に注力
シトリックスは2010年、国内のデスクトップ仮想化市場に本格的に参入する。営業力を強化し、XenAppユーザーに対しXenDesktop 4へのアップセリングを推進する。(2010/2/26)

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【最終回】
サーバ仮想化環境のバックアップ 普通に取るか丸ごと取るか
サーバ仮想化環境のバックアップはそれほど難しい作業ではない。しかしサーバを仮想化によって集約しているために、思わぬコストが発生する可能性があるので注意が必要だ。(2010/2/24)

NEWS
「プライベートクラウド構築を迅速に」 EMC、シスコ、ヴイエムの3社が仮想化基盤パッケージを発売
EMC、シスコ、ヴイエムウェアは「VCE連合」を結成し、プライベートクラウド事業で協業する。同時に、仮想化基盤パッケージ「Vblock Infrastructure Package」を発売する。(2010/2/12)

物理環境にはない注意点
サーバ仮想化のセキュリティで注意すべき4つのポイント
仮想化プロジェクトを進めるに当たって、セキュリティをスムーズに統合するために注意すべき4つの重要なポイントを紹介する。(2010/2/9)

自動管理機能の進展にも期待
2010年のサーバ仮想化──関連5分野の動向
バックアップ技術、管理ツール、ネットワークなど、サーバ仮想化のポイントになる5つの分野の動向を見ていこう。(2010/2/8)

NEWS
CTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版
CTCSPは、レプリケーションソフトウェアの最新版「新世代Double-Take」を発売した。物理/仮想サーバ移行作業、サーバシステムやデータのリアルタイム複製をサポートする。(2010/2/8)

NEWS
NEC、中小企業向けにサーバ仮想化製品をオールインワンパッケージで販売
NECは、サーバ仮想化ソリューションの販売促進を中小企業向けに強化する。サーバ仮想化製品のオールインワンパッケージ販売、パートナーを含めた技術サポート要員の増強および仮想化製品割引キャンペーンを実施する。(2010/2/4)

NEWS
CTCSPとノベル、OS混在環境でサーバ仮想化を支援する新サービス
CTCSPとノベルは、CTCSPのデータ保護サービス体系「Smart Zero-One」でノベルの仮想化関連製品「PlateSpin Recon」「PlateSpin Migrate」「PlateSpin Protect」を提供する新サービスを発表した。(2010/2/2)

デスクトップOS市場のこれから
Webアプリ、仮想化、Netbookの普及で変わりゆくWindowsの役割
Webアプリケーション、仮想化、Netbookなどの普及で、デスクトップOSの役割は大きく変わりつつある。Windowsの市場シェアは低下していくのだろうか。(2010/1/25)

NEWS
トレンドマイクロ、仮想化セキュリティに対応するサーバ向け製品を発表
トレンドマイクロは、2010年はクラウドに注力する方針を示すとともに、「Trend Micro Deep Security 7.0」を発表した。仮想化/物理サーバ環境に統合的なセキュリティサービスを提供する。(2010/1/25)

仮想化技術導入に立ちはだかる壁
コモディティー化していく仮想化が抱える3つの問題点とは?
数多くの仮想化製品を評価し、社内にフィードバックして技術支援を行う野村総合研究所の専門家は、日本企業の仮想化への取り組みには3つの問題点があると指摘する。(2010/1/22)

NEWS
丸紅情報システムズ、VMwareベースの仮想化インフラ構築パッケージを販売開始
丸紅情報システムズは、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」の販売を開始する。(2010/1/20)

仮想化導入パッケージ「MVP」
仮想化導入のあらゆる不安に応え、安定稼働と高パフォーマンスを提供
自社システムへの仮想化導入は避けては通れない。しかし期待されるパフォーマンスは年々高くなっている。導入期間の短縮なども課題となる中、確実性の高いソリューションが今求められている。(2010/4/19)

国内市場動向から読み解く仮想化
【導入効果】コスト削減以外の仮想化導入メリットを見いだすには?
サーバ、ストレージだけでなくデスクトップ領域まで仮想化の取り組みは広がっている。しかしそこで留意しなくてはならないのが仮想化そのもののクオリティだ。それがコスト削減以外の仮想化導入メリットだといえる。(2010/1/14)

ストレージとネットワークの仮想化ソリューション
サーバ仮想化だけでは実現できない、ITインフラ仮想化によるコスト削減
“仮想化”イコール“サーバ仮想化”だと思い込んでいないだろうか? 仮想化のメリットとして「コスト削減」がよく挙げられるが、サーバだけではなくストレージやネットワークまで仮想化しないと効果は表れない。(2009/10/29)

アプリケーショントラフィック管理システム「BIG-IP/VIPRION」
「ネットワーク仮想化」なくして仮想化の真のメリットは引き出せない
サーバを仮想化・集約することによりコストを削減できるという話はよく耳にするが、期待したほど効果が上がらないケースも多いという。そこで欠けているのは、「ネットワークの仮想化」という観点だ。(2009/10/29)

NEWS
ブルーコートが新戦略、WAN高速化製品の仮想化やクラウド提供も
ブルーコートシステムズは、2010年にWAN高速化などの自社製品を仮想ソフトウェアやクラウドサービスとして提供する意向を示した。(2009/12/17)

IBMの次世代ネットワークストレージ「IBM System Storage Nシリーズ」
仮想化によるサーバ統合が招く意外な落とし穴
仮想化技術を活用したサーバ統合を推進する企業が増えている。仮想化による統合で得られるメリットはさまざまあるが、サーバ仮想化環境を実現した際に新たな問題が発生することはあまり知られていない。(2009/12/15)

企業がサーバ統合・仮想化を成功させるためのベストプラクティス
仮想化の導入を成功させるために活用したいベストプラクティス2点と事例の合計3点の最新資料をまとめて紹介。TechTarget会員限定で資料をダウンロードできます。「同意して閲覧する」をクリックし、アンケートに答えて資料をダウンロードしてください。(2009/12/7)

ソリトンシステムズ仮想化環境対応セキュリティ製品
安全な仮想化環境の3条件とは――ブームの裏にセキュリティ崩壊の危機
さまざまな動機で仮想化への関心は高まる一方だが、仮想化環境へシフトすることで従来のセキュリティレベルが一気に破たんする事態が懸念されている。ブームの陰で何が起きているのか。(2009/11/25)

複雑化するIT環境を守るには
仮想化/クラウド時代にフィットするセキュリティ対策とは?
通常のクライアント環境から、仮想化、クラウドへ。企業のIT環境は劇的な進化を遂げようとしている。これに呼応してセキュリティ対策も進化する必要がある。それぞれのプラットフォームに合ったセキュリティ対策を探る。 (2009/11/24)

国内市場動向から読み解く仮想化
中堅・中小企業が実感するコスト削減以外の仮想化メリットとは
サーバやストレージの仮想化について、中堅・中小企業の中にも導入を検討する企業が増加しつつある。単純にサーバを集約することによるメリットを追うのではなく、自社システムをトータルに効率運用するためだ。(2009/11/2)

F5ネットワークスが描く「ITインフラの仮想化」像
ネットワークとストレージ両面で進める、ITインフラの真の仮想化とは?
仮想化といえばサーバ集約向けのソリューションと思われがちだ。だが、ストレージやネットワークといったITインフラ全体へと展開すれば、コスト削減や運用効率の向上という仮想化の導入効果がさらに生きてくる。(2009/10/29)

ホワイトペーパーレビュー
「仮想化」をさまざまな観点から学べる4つのホワイトペーパー
オープンプラットフォーム上の仮想化技術は、単なるITトレンドの段階を過ぎ、今や本格導入フェーズに入ろうとしている。本稿では、この仮想化技術をさまざまな切り口から取り上げたホワイトペーパーを紹介する。(2009/9/29)

DR/BC対策とクラウドコンピューティング
クラウドに目を向け始めたCIO 中堅企業の仮想化導入は第二段階に
ミッドマーケットのCIOは半年前と比較して、仮想化の導入をかなり進めており、クラウドコンピューティングを視野に入れるCIOもいる。(2009/9/25)

クライアント統合管理ツール「LANDesk Solutions」
ライセンス、電力、仮想化……見えないムダを排除する「5つの削減戦略」
IT予算が縮小傾向にある中で、自社のIT運用に「見えないムダ=hidden cost」が存在していたとしたら、管理者はすぐにでも取り除きたいと考えるに違いない。そのような見えないITコストを明らかにしていこう。(2009/7/27)

仮想マシンでWindowsを実行するための「VECD」ライセンス
仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減する方法
MicrosoftがWindowsユーザー企業に提供しているライセンス「Windows Vista Enterprise Centralized Desktop」を上手に利用すると、仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減することができる。(2009/7/16)

NEWS
EMCが仮想化のコンサルサービス、「サーバ仮想化だけでは真のメリットは引き出せない」
EMCが「仮想化コンサルティング・サービス」の記者向け説明会を開催。同社が掲げる「次世代データセンター」のコンセプトとともに、ヴイエムウェアとの密接な関係など、同サービスの強みをアピールした。(2009/3/17)

実用期に入った次世代IT基盤
今すぐ検討したい普及期の仮想化技術
仮想化技術は今、基幹システムへの適用すらも現実的なレベルに熟成された。仮想化により、企業内の各システムは再構成され、IT基盤を一変させる。その導入の参考になるコンテンツを集めた。(2009/5/27)

NEWS
東京エレクトロン、仮想化環境に適したアプリ性能監視ソフトウェアを販売開始
東京エレクトロン デバイスが米Akorriのシステム管理ソフトウェア「BalancePoint」の販売を開始。サーバ仮想化環境上で動作するアプリケーションの動作状況を正確に把握できるという。(2009/4/17)

企業にとってプライベートクラウドはどの程度現実的か?
プライベートクラウド──サーバ仮想化を超えて
プライベートクラウドと仮想サーバファームの違いや、アプリケーションアウェアネスとデータセンターOSの概念について、仮想化とクラウドコンピューティングの専門家が解説する。(2009/4/15)

NEWS
ミラクル・リナックス、OSSを活用した仮想化環境移行サービスを提供開始
ミラクル・リナックスがオープンソースのバックアップソフトウェア「Mondo Rescue」を活用したP2Vサービスを提供開始。他社のP2Vサービスと比べ、短期間かつ安価でのサービス提供を実現したという。(2009/4/7)

サーバ仮想化に関するアンケート結果リポート
サーバ仮想化で物理サーバ統合進むも「運用管理コストは……」
2009年2月、TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関するアンケート調査」を実施した。サーバ仮想化は着実に普及しつつあるが、同時に課題も幾つか見えてきたようだ。(2009/3/26)

クラウド化を目指すSAP
SAP製品ロードマップの主要技術はモバイル、クラウド、仮想化
SAPのCTOが、仮想化、クラウドコンピューティングへの取り組みや製品ロードマップについて語った。(2009/3/23)

TechTargetジャパン 会員調査
【お知らせ】「サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対しサーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関する調査を実施しました。調査結果から、会員が導入しているサーバ仮想化技術/ツールやその満足度、製品選定の際に重視するポイント、導入する目的やきっかけなどが明らかになりました。(2009/3/18)

TechTargetジャパン 会員調査
「サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関するアンケート調査」結果リポート
TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて企業内でIT導入や運用管理に携わる会員に対しサーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関する調査を実施しました。調査結果から、会員が導入しているサーバ仮想化技術/ツールやその満足度、製品選定の際に重視するポイント、導入する目的やきっかけなどが明らかになりました。(2009/3/18)

ネットワークにも仮想化の波【第2回】
基幹ルータからUTMまで 仮想化を推し進めるネットワーク機器たち
サーバやストレージのみならず、ネットワーク機器にも仮想化の波が訪れ、ネットワークの構築・運用面で大きなメリットをもたらしている。今回は、仮想化機能を備えたネットワーク機器の具体像に迫る。(2009/3/12)

NEWS
富士通、「仮想化ソリューションセンター」新設で仮想化ビジネス強化へ
富士通が仮想化技術の検証施設「仮想化ソリューションセンター」を開設。社内の仮想化技術ノウハウを結集することにより、仮想化関連ビジネスの強化を図る。(2008/12/25)

クライアントPC管理 最前線リポート【前編】
PC管理コスト削減の切り札となるか「アプリケーション仮想化」と「vPro」
企業が費やすITコストの約8割は、既存ITリソースの運用・保守費用が占める。その中でも、特にクライアントPC管理のコストは年々増しているという。しかし近年、この削減を可能にする新しい技術が登場してきた。(2009/2/19)

ネットワークにも仮想化の波【第1回】
「ネットワークの仮想化」で何ができるか
サーバやストレージに続き、最近はネットワーク機器でも仮想化の技術が採用され始めている。ネットワーク機器を仮想化すると、構築・運用などでどのようなメリットがあるのだろうか。(2009/2/5)

NEWS
大塚商会、NEC、MSの3社、仮想化が即利用可能な中小企業向けPCサーバを発表
大塚商会、NEC、マイクロソフトの3社が共同で、PCサーバにあらかじめHyper-Vをセットアップした製品「1台2役サーバパック」を発表。サーバ仮想化によるコスト削減メリットをSMB市場にも訴求していく。(2009/1/29)

NEWS
ネットワールドが“VMwareレディ”の仮想化対応10Gスイッチを販売
ラックレベルでのネットワーク仮想化機能を搭載した10GbEスイッチの国内販売を開始。VMwareやNetApp FASといったサーバ/ストレージ仮想化環境にマッチしたネットワーク機器として売り込む。(2009/1/27)

「Dell EqualLogic PS5000シリーズ」導入事例
バンダイネットワークスがコンテンツ配信インフラの仮想化を推進
600ものモバイルコンテンツを配信し、サイト運営するバンダイネットワークスはコスト削減と可用性向上を目指し、配信インフラの大半を仮想化した。その先進的なシステムの全容を明らかにする。(2009/1/23)

NEWS
インフォテリア、「マスタデータ管理の仮想化」を実現するMDMソフト
Webブラウザベースの管理画面上から、仮想的に統合されたマスタデータの登録や変更、削除作業を一括で実施する。(2009/1/21)

NEWS
シマンテック、Hyper-V仮想化環境バックアップ/リストアの検証結果を公表
シマンテックが、マイクロソフトと共同で進めていたHyper-V仮想化環境のバックアップ/リストアに関する検証作業の成果を公表、詳細な操作手順を記したホワイトペーパーもリリースした。(2009/1/19)

何ができる? ストレージ仮想化【第3回】
本当にストレージ仮想化の導入メリットはあるのか?
昨今、ストレージ仮想化の導入メリットがさかんに喧伝(けんでん)されているが、実際のところ導入は進んでいるのだろうか? そして、導入メリットを享受するためには何に注意しなくてはいけないのだろうか?(2008/12/9)

NEWS
日立、仮想化環境ホスティングサービスをメニュー化して提供
日立のストレージやサーバと日立ソフトの仮想化環境運用サービスを組み合せて提供する。(2008/11/26)

NEWS
ネットアップとネットワールド、仮想化ストレージ市場の拡大目指し販売提携
ネットアップとネットワールドが販売提携を発表。ネットワールドが仮想化ソリューションの一環としてネットアップのストレージ製品を提供することで、国内仮想化市場のさらなる拡大を図る。(2008/11/19)

リカバリ・マネジメントを具現化する「CA ARCserve」
時間もコストも半分、仮想化にも対応済みバックアップ/リカバリ対策
事業継続のために何らかの対策を打つべきことは分かっているが余力がない、という企業は少なくない。だがもし、施策に当たって時間もコストも半分で済むならどうだろう?(2008/11/13)

Windows Azureが最終的に目指すものとは?
Microsoft、仮想化をプライベートクラウドの基盤と位置付け
Microsoftは、ITマネジャーのマインドセットを変えるという困難な仕事に挑戦している。仮想化は、サーバの統合や管理の簡素化のためだけのものではないというのが同社のスタンスだ。(2008/11/12)

何ができる? ストレージ仮想化【第2回】
ストレージ仮想化の実現方式とそれぞれのメリット/デメリット
ストレージ仮想化の実現方式は複数あり、それぞれにメリットとデメリットが存在する。また、導入を検討するに当たっては実現方式以外にも注意すべきポイントが幾つかある。(2008/11/10)

NEWS
日商エレら3社、数分内で仮想化環境でのDRを実現するソリューションを発表
米Virtual Iron Softwareのサーバ仮想化ソフトウェア「Virtual Iron」と、ネクスト・イットのストレージ統合管理ソリューションパッケージ「Z-BYS」を組み合せた災害・障害復旧ソリューションを共同で提供する。(2008/11/6)

SAP ERP仮想化へのベストプラクティス
VMwareによるSAP ERP仮想化のメリットを徹底検証
SAPがVMwareをWindows版の本番稼働環境としてサポート開始したことにより、SAPユーザーにとって仮想化が現実的なものとなった。SAP ERPのアップグレード、災害対策システムなど、仮想化の適用範囲は広い。(2008/10/29)

NEWS
佐倉市がVMware Infrastructureによる仮想化環境導入、約50台のサーバを8台に集約
千葉県佐倉市がVMware Infrastructure 3を導入。庁内のサーバを大幅に集約化し、本格稼働を開始した。今後5年間で約4000万円のIT関連コストの削減が見込まれるという。(2008/10/24)

NEWS
日本HP、仮想化やITIL V3に対応したIT資産管理ソフトウェアの最新版を発表
日本ヒューレット・パッカードがIT資産管理ソフトウェアの最新版「HP Asset Manager 5.1 software」を発表。仮想化環境の構成管理機能を実装し、ITIL V3への対応強化も図られている。(2008/10/21)

Virtual Server 2005との違いは?
Hyper-Vによる“ハードウェアレベル”のサーバ仮想化
Hyper-Vのリリースで、Microsoftはサーバ仮想化に関して従来とは根本的に異なるアプローチを採用した。(2008/10/17)

何ができる? ストレージ仮想化
サーバ仮想化技術は徐々にユーザー企業で導入が進みつつあるものの、ストレージの仮想化となるとまだ一般的には浸透していないのが現状だ。そもそもストレージ仮想化とは何を目的とし、どのような効果を発揮するものなのか? ストレージ仮想化の基礎から最新事情まで、連載形式で解説する。(2008/10/16)

NEWS
マイクロソフト、パートナーとの連携による仮想化ソリューション提供を開始
マイクロソフトが同社製品による仮想化ソリューションの戦略を発表。パートナー企業との連携により対応ハードウェアおよびSIサービスを順次提供していくとともに、技術支援や技術者育成プログラムも充実させる。(2008/10/15)

何ができる? ストレージ仮想化【第1回】
ストレージを仮想化する仕組みとメリットを知る
昨今、サーバ仮想化技術が大きな注目を集めているが、一方でストレージ仮想化となるとまだ耳慣れない感が否めない。そもそもストレージの仮想化とは何をどうするもので、どのようなメリットがあるのだろう?(2008/10/10)

NEWS
ヴイエムウェア、次世代仮想化技術を見据えた製品戦略を発表
ヴイエムウェアは10月6日、先立って開催された「VMworld 2008」で発表された製品戦略についての記者説明会を行った。クラウドコンピューティングとデスクトップ仮想化が今後のキーワードになるという。(2008/10/7)