TechTargetジャパン

付属の管理技術SCVMMで
Hyper-VでVMを数クリックで複製する方法
Hyper-Vの管理プラットフォームであるSCVMMを使い、既存のソースVMをカスタマイズしてVMテンプレートを作成することで、VMを迅速に展開する方法を紹介する。(2009/6/29)

動的メモリ、VMのライブバックアップなど
「Hyper-V」がLinux VM対応を拡張、新たに使える6つの機能とは?
米Microsoftの「Hyper-V」の最新版では、Linux仮想マシンのサポートが拡張された。「動的メモリ」や「ライブVMのバックアップ」といった高度な機能がLinux VMでも使えるようになる。(2015/2/9)

企業も学ぶべきデータ防衛の手法
米軍が選んだ「iPhoneにデータを残さない」ソリューション、VMIの安全性とは
仮想モバイルインフラ(VMI)は企業分野で普及の兆しが見えるが、米国防総省は以前から、仮想モバイルアプリケーションがセキュリティ強化に役立つと考えてきた。(2015/8/26)

Oracle VMの実像に迫る!【後編】
運用・管理面から見るOracle VMの「実用度」
Oracle VMの仕様やアーキテクチャが理解できても、本当に使えるかどうかは評価してみないと分からない。今回はセットアップや機能・性能面など、実際にOracle VMを動かす際のポイントを解説する。(2008/8/22)

仮想モバイルインフラ「VMI」の利点と課題
誰もが一度は思った「iPhoneでAndroidアプリを使いたい」、実は可能に
データセンターで稼働するAndroidアプリを手元の端末で操作可能にする「仮想モバイルインフラ(VMI)」。モバイルアプリ管理の在り方を根本から変える可能性がある一方、課題も少なくない。(2015/8/21)

Microsoft Azureスマート解説【第3回】
使い勝手はどんな感じ? 「Microsoft Azure 仮想マシン」を解説
Microsoft AzureのIaaSとしてWindows ServerやLinuxサーバを運用管理する「Microsoft Azure 仮想マシン」。所要時間が10分もかからないという仮想マシンの作成手順や特有の機能を見ていこう。(2014/5/15)

仮想HDDの破損やアクセス権限などさまざま
仮想マシンのバックアップが失敗する原因トップ10
企業の仮想サーバが増加するに従い、仮想マシン(VM)のバックアップの必要性が高まっている。しかし、バックアップが必ず成功するとは限らないのが現状だ。よく挙げられる失敗の原因として10項目を紹介する。(2014/5/14)

CPU・メモリ要件を基に見積もる
Hyper-Vは何台の仮想マシンをサポートできるか? 検討のポイント
仮想環境のサーバ管理者にとって、1台の物理マシンに仮想マシンを何台統合できるかは重要な問題だ。本稿では、CPU・メモリ要件から搭載できるHyper-V仮想マシンの台数を検討する。(2011/12/2)

Dockerの仕組みを解説
【Q&A】注目のコンテナ化は仮想マシンとどう違う?
コンテナと仮想マシンは、いずれもワークロードをハードウェアから抽象化することを可能にする。だが、その2つのアプローチには考慮すべき重要な違いがある。分かりやすく説明しよう。(2014/12/17)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
VMプロビジョニングが15分、アイデアエコノミー時代のハイパーコンバージド活用
これからのアイデアエコノミー時代では、ビジネスを支えるアプリケーションの基盤をいかに迅速に提供できるかが鍵となる。そこで注目されるのが「ハイパーコンバージドインフラ」だ。パブリッククラウドのような“迅速かつ容易な基盤提供”が大きな特長となっている。(2016/11/14)

ビジネスアジリティは向上するが代償も大きい
仮想化環境のストレージに生じる5つの問題と解決法
仮想化環境では、簡単に仮想マシンを作成することができ、アプリケーションや新サービスを迅速に展開できる。それ故に生じる5つの問題と、その対処方法を解説する。(2016/1/14)

期待が高まるネットワーク機能仮想化
ネットワーク機器を仮想マシン化するNFVに企業が群がる理由
NFVが普及すれば、スイッチやロードバランサーなどの専用ネットワーク機器は不要になる。今、このNFVに通信系企業が引き寄せられている。(2016/6/30)

クラウド時代のアプリケーション移植【前編】
コンテナ技術「Docker」がアプリケーション移植を得意とする理由
クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢として仮想マシンとコンテナがある。どちらが最適なのだろうか。(2016/8/19)

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も
ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる
Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。(2015/10/29)

特に重要な改良点を解説
機能強化された「Hyper-V 3.0」、管理者が気になる3つの疑問
Windows Server 2012とともに登場した「Hyper-V 3.0」には、さまざまな改良が盛り込まれている。特に重要な機能である、仮想ディスクファイル、仮想マシン管理の自動化、仮想マシンデータの保護に関して、改良の疑問にお答えする。(2013/3/13)

仮想環境“健康診断”のススメ【前編】
こんなはずじゃなかったサーバ仮想化、運用管理をどう楽にする?
広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。(2016/11/21)

仮想環境の安定化を実現する
Hyper-VクラスタにおけるVMの状態同期と構成ファイルの問題
「VMの状態が同期されない」「VM構成ファイルのリンクが切れる」という2つの問題に関する回避策を紹介する。(2010/2/18)

次期サーバOS「Windows Server 2016」で提供
ミニマリズムを追求する軽量Windows「Nano Server」とは?
Windows Serverのインストールオプション「Server Core」は人気が出なかった。だが、仮想マシンやクラウドでの利用に適したWindows Serverを提供するためのMicrosoftの次なる取り組みにはIT管理者も納得するかもしれない。(2016/6/27)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
必ず失敗する仮想マシンバックアップ5つの落とし穴(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/7/10)

無料OS、Windows 10に潜むリスク
Windows 10の仮想デスクトップ移行を進められない人々
Windows 10でのVDI移行は簡単にはいかない。管理者はアップグレードプロセスを計画し、アプリケーションの互換性や仮想デスクトップイメージ、VM密度に関わる問題に対処しなければならない。(2016/3/11)

Gartnerが勧めるITインフラとは?
自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない
ITコスト削減の要はデータセンターにある。仮想化がその鍵を握るが、VMスプロールがコスト増を招く恐れがある。また、自社でデータセンターを構築するかコロケーションを利用するかを費用だけで選ぶと失敗するという。(2016/1/21)

従来の垂直統合型基盤よりも導入が容易
最速15分で仮想マシン構築が可能、ハイブリッドクラウドを支える新たな選択肢
仮想化・クラウド環境の普及により複雑化・煩雑化する企業システム。その構築や運用管理に関する課題を払拭し、今後増加が予想されるハイブリッドクラウド環境を見据えた新しい製品が登場し、注目を集めている。(2015/3/10)

プロバイダーと関係が破綻!
ワケありサーバ移行を成功させたVeeamの仮想マシンバックアップソフト
契約解除を機にプロバイダーとの関係が破綻し、支援が受けられない。この状況下で国をまたいだサーバ環境の移行は成功するのか? 教訓に満ちた事例を紹介する。(2015/2/2)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
OpenStackが実現する、技術面・ビジネス面での2つのメリット
オープンソースで開発されているクラウド環境構築用のソフトウェア群OpenStackに注目が集まっている。仮想マシンとストレージ、ネットワークなどのリソースを提供するクラウド環境の構築において提供される、技術面・ビジネス面のメリットについて探ってみたい。(2015/11/26)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第2回】
【徹底比較】Eucalyptus、CloudStack、OpenStackの仮想マシン性能
クラウド基盤ソフトウェアの中でも知名度の高いEucalyptus、CloudStack、OpenStackの3つを、それぞれ最小構成で構築し、仮想マシンの性能を比較した。測定項目によって値に違いが見られる興味深い結果となった。(2012/7/27)

大規模DCの課題を解決するネットワーク最新技術【第3回】
【技術解説】仮想マシンを離れたデータセンターへ移動できる「DCI」
仮想マシンを稼働させたまま遠く離れたデータセンターへ移動できれば、災害対策や可用性確保に大いに役立つ。その実現をネットワークから支える「Data Center Interconnect(DCI)」を解説する。(2012/8/9)

仮想マシン1000台のバックアップ時間で最大5倍もの差が
第三者機関が徹底比較、大規模な仮想環境に最適なバックアップ製品の選び方
1000台以上の仮想マシンが稼働する大規模な仮想環境が増えてきた。一方で、そうしたバックアップ環境の課題もより顕著になっている。第三者調査機関が実施した調査結果から最適な製品選びのヒントを探る。(2015/5/18)

一般的にはお勧めできないが……
「Windows 8.1」で「Hyper-V」? クライアントPCで仮想環境が必要になる事情とは
デスクトップPCでのHyper-V実行は、一般的にはあまりいいことではない。だがユーザーがセキュリティのためにHyper-Vの仮想マシン内でWebを閲覧しなければならない場合など、それが適切な場合もある。(2015/5/7)

Windows 8はネットインストールもVMでの実行も不可?
Windows 8ライセンス条項から「VM上での実行を認める文章」が消滅
Windows 8のライセンス文書は、専門用語を避けて平易な表現が使われている。歓迎すべき施策だが、仮想マシンでのWindowsの実行を認める文章が削除されていることが話題に。Microsoftの真意は?(2012/9/20)

ベアメタルサーバのススメ
仮想化の時代は終わった――時代はベアメタル+Docker
今、仮想化されていない「ベアメタル」サーバが注目されている。仮想マシンではなくDockerを使うケースも増えてきた。仮想化せずにベアメタルサーバを使うメリットとは?(2014/10/27)

実は意外と高くつく
仮想マシンの隠れたコストに要注意
仮想マシン管理ソフトウェアベンダーの米Emboticsによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。(2008/7/24)

データセンター環境の物理/仮想リソース管理のコツ(2)
仮想マシンの適切なリソース管理でワークロードを効率化
データセンター運用では必須となるVMの新規作成。そのリソースを適切に割り当てるのは管理者の責任だ。リソースの割り当てが多過ぎたり、少な過ぎたりした場合、時間と費用の無駄が発生してしまう。(2012/4/4)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第5回】
クラウドへのDRを簡単に「Azure Site Recovery」3つの利用シナリオ
Microsoft Azureの機能である「仮想マシン」と「Azure Site Recovery」(ASR)は、オンプレミスでHyper-Vを利用するユーザーにとって便利なサービスである。(2014/11/21)

NEWS
仮想化環境特化型ストレージの新シリーズを発表、ティントリジャパン
ティントリジャパンがストレージ新製品群を提供開始。単一システムで最大2000の仮想マシンをサポートできる。同時に統合管理ツールの提供や販売パートナーの拡充を発表した。(2013/10/30)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第7回】
豊富な仮想マシンイメージと低価格が魅力のIBMのパブリッククラウド
IBMが提供する3つのパブリッククラウドから、オンデマンド&セルフサービス型IaaSの魅力と課題を紹介する。IBMクオリティの豊富な仮想マシンイメージ、Amazon EC2と肩を並べる低価格なインスタンスが売りだ。(2012/2/16)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services
国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが多いAmazon Web Services(AWS)。そんなAWSの数ある機能の中から、えりすぐりの主要機能を解説する。(2013/12/27)

AWSは「誤解」と説明
「迷惑な隣人」でAWSのパフォーマンスが低下? うわさを検証する
クラウドの共有テナントにおいて、ある利用者がリソースを占有すると、他の利用者の仮想マシンで速度低下を引き起こす――AWSのパフォーマンスが変動する理由が、この「迷惑な隣人」問題に起因するという。(2013/12/25)

XenServer Tips
XenServerでVMの仮想ディスクをVHD形式にする方法
仮想ディスクを保存するストレージを、デフォルトのボリュームベースのLVMからファイルベースのext3に変更する方法を解説する。これにより、シンプロビジョニングやエキスポートのパフォーマンスが向上する。(2010/12/21)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第1回】
AWSを導入する上で知っておきたい基礎知識
国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが特に多いAmazon Web Services(AWS)。今回はAWSの導入を検討するために必要な前提知識や操作方法を解説する。(2013/9/11)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第2回】
AWSの仮想サーバ「Amazon EC2」と、使える周辺サービス
AWSの仮想サーバである「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)とともに、その周辺サービスである「Elastic Load Balancing」(ELB)、「Auto Scaling」「VM Import/Export」を解説する。(2013/10/11)

仮想サーバ用のストレージを改善する10の方法(前編)
“ストレージハック”――仮想環境を最大限に生かすには
仮想化は、データセンターに新しい価値をもたらす。ただし、仮想マシンを統合する場合はストレージを再検討し、その構成自体を見直す必要がある。(2013/7/18)

仮想化環境の性能を向上させるコツ
仮想マシンのパフォーマンスを損なう4つのイージーミス
ほんのちょっとした設定ミスが、仮想化環境における仮想マシンのパフォーマンスを大きく低下させることがある。本稿ではそうした設定ミスと、その対処法について解説する。(2009/10/28)

ゲストOSのリソース無駄遣いを減らせ!
仮想マシン上での動作にOSを最適化するには?
 仮想マシンのリソースの無駄遣いをなくせば、より多くの仮想マシンでより多くのリソースを利用できる。サーバのリソース使用量を減らすコツを紹介しよう。(2008/9/30)

XenServer Tips
XenServerにおけるスナップショットバックアップの設定
XenServerで仮想マシンをシンプルにバックアップする方法を紹介する。XenServer 5.6 FP1では、XenCenterのGUIを用いて仮想マシンのバックアップポリシーを作成・実行できる。(2011/3/7)

セキュリティ製品用API提供の動きも
【製品動向】VM間通信保護からパッチ管理まで、「サーバ仮想化」の弱点を克服する製品
仮想環境には、物理環境にはないセキュリティ課題が幾つかある。本稿はサーバ仮想化に絞り、サーバ仮想化特有の課題を解決するセキュリティ製品の最新動向を解説する。(2012/7/4)

XenServer Tips
XenServer HA機能、サービス復旧の制御(再起動優先度)
XenServerのHA機能は、ダウンタイムを最小化するためにプール内の仮想マシンやホストの障害を監視する。HA機能のサービス復旧時に制御すべきポイント(再起動優先順位)とその設定方法を解説する。(2011/7/4)

「ストレージI/Oの仮想化」用語集(前)
インフラ全体で仮想I/O管理を共通化できる「スイッチによるI/O仮想化」
ストレージI/Oの仮想化手法の1つである「スイッチによるI/Oの仮想化」は、ネットワーク全体で特定のVMに対して一定レベルのパフォーマンスを保証でき、さらに故障時の可用性対策にも有効だ。(2012/11/2)

小規模導入で役立つ裏技を紹介
Windows仮想デスクトップライセンスを賢く導入する3つの方法
Windows 7上でXPモードを使いWindows 7のVMを無償で実行する方法、有償のデスクトップ仮想化ライセンスの選び方、最もシンプルなMicrosoftボリュームライセンスプログラムの3つを紹介する。(2011/7/21)

XenServer Tips
XenServerでWindowsのメモリやCPUを拡張する場合の注意点
XenServerで32ビットのWindowsを利用する場合、メモリ割り当ての上限が4Gバイトに制限される。だが、一度作成した仮想マシンに対してコマンドを実行することで、4Gバイトを超えるメモリを割り当てることができる。(2011/7/19)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】
Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステム
Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。(2011/11/1)

Loading