TechTargetジャパン

前バージョンVMware vSphere 4との違いに着目
【製品紹介】ライセンスのカウント方法も分かる! VMware vSphere 5の全貌
VMware vSphere 5は、前バージョンのVMware vSphere 4とどこが違うのか。VMware vSphere 4から追加・拡張された機能、削除された機能、ライセンスの変更点に着目してVMware vSphere 5の全貌を詳解する。(2011/10/19)

VMware vSphere 5特集(後編)
ユーザーが物議を醸す、VMware vSphere 5の新しいライセンス
VMware vSphere 5の新しいライセンス体系を中心に、VMware vSphere 5のVDIとしての可能性や、VMware vSphere 5のハイパーバイザー「VMware ESXi」への移行について紹介する。(2011/8/17)

VMware vSphere 5特集(前編)
VMware vSphere 5の新機能
VMware vSphere 5は、同プラットフォームの多くの部分に変更が加えられている。特にストレージ関連では大幅な機能追加がなされた。前編ではVMware vSphere 5の新機能を中心にリポートする。(2011/8/9)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereのログ管理における注意点
VMware vSphereのログ管理における注意点と、VMware vSphereがログ外部出力機能として提供しているSyslog、VMware vSphere Management Assistant(vMA)の機能について紹介する。(2011/8/10)

FTやvMotionを強化
徹底レビュー:ストレージ管理者に朗報をもたらす「VMware vSphere 6」
米VMwareの「VMware vSphere 6」のリリースから、VMwareが徹底的に仮想化したインフラを備えた完全なるソフトウェア定義のデータセンターを目指していることが見て取れる。(2015/11/4)

進化するソフトウェア定義のストレージ
「VMware vSphere 6」で注目のストレージ機能、VVOL/ VSANでデータ保護はどう変わるか?
「VMware vSphere 6」で新たに加わったストレージに関する機能「VMware Virtual Volumes」(VVOL)と「VMware Virtual SAN」(VSAN)。「Software-Defined Storage」(SDS)を実現するこれら2つの機能により、データ保護はどう変わるのだろうか?(2015/5/25)

vCenterとESXiの機能強化ポイント
【製品紹介】共有ストレージが不要、VMware vSphere 5.1の進化を追う
VMware vSphere 5.1は、vSphere 5からのマイナーバージョンアップではあるが、多くの機能強化がある。vCenterとESXiを取り上げ、既存の機能を振り返りながら新機能と機能拡張ポイントについてまとめる。(2012/12/10)

管理者/ユーザー、双方のアプリを紹介
Windowsを操作できるVMware公式iPadアプリの使い方
米VMwareがモバイルワーカー向けに提供するiPad用アプリケーションとして、管理者向けの「VMware vSphere Client for iPad」とエンドユーザー向けの「VMware View for iPad」の機能と利用方法を説明する。(2011/10/18)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第2回】
VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」
サーバ仮想化の代表的な製品であるヴイエムウェアの仮想化統合パッケージVMware vSphere 4について、運用管理製品vCenterを中心に紹介する。(2010/5/24)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware対応HAクラスタ製品の機能を「比較表」で大解剖
連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。(2014/6/23)

ハイパーバイザーのコモディティ化
VMware vSphere 5.1はアップグレードに値するか
VMware vSphere 5.1には多数の新機能が搭載されている。しかしアップグレードに値するかどうかは現在のバージョンにもよる。(2013/3/1)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(前編)
プロセッサ単位かVM単位か? 仮想化各社のライセンス方式を知る
VMware vSphere 5でVMware vSphereのライセンスモデルが一新したことを機に、Hyper-V、VMwaer vCenter、VMware vSphere、VMware View、XenServerに関するライセンスの仕組みを整理した。(2011/10/17)

複数のvCenterも追加可能
「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版
VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。(2012/1/18)

Windows偏重主義から脱却するVMware
Macでも「VMware vSphere」を管理、ユーザーにとって最適な方法は?
米VMwareはプラットフォーム「VMware vSphere」を広範なOSに対応させる取り組みを進めているが、Macを使いたいという管理者の要求に応えるには、まだ課題が残されている。(2014/12/2)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第4回】
VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜vSphere HA+アプリ監視編
VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA+アプリ監視」の動作、推奨設計・運用を紹介する。また、3つのHAクラスタ方式の機能を表にまとめた。(2014/6/9)

プライベートクラウドで主流になるのは?
VMwareとOpenStackの比較バトル、焦点はハイブリッドクラウドへ
VMwareのハイブリッドクラウド戦略が進化している。一方OpenStackは充実したサービスラインアップを生み出し続けている。そのため、この2つのプラットフォームの比較論争が再び白熱する。(2017/11/13)

vCenter SSO周りで変化
小規模環境では注意すべし、VMware vSphere 5.5導入のポイント
「VMware vSphere 5.5」を導入した使用感をリポートする。vSphere 5.1に比べて利用しやすくなった点、設計上の注意しなければならない点をまとめた。(2013/12/26)

仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【第3回】
VMware環境のHAクラスタ製品の選び方 〜vSphere HA編
VMware環境のHAクラスタ方式の1つである「vSphere HA」の動作、推奨設計・運用を紹介する。また、もう1つの方式の「仮想マシン間HAクラスタ」方式と比較したメリット/デメリットにも着目する。(2014/5/26)

ホスト内のキャッシュのvFRC
vSphere 5.5のキャッシュ機能「Flash Read Cache」の使用感をレビューする
「VMware vSphere 5.5」に追加された新機能のうち、「VMware vSphere Flash Read Cache」を扱う。実際に導入して、使用感などを確認してみたい。(2014/1/29)

相違点を明らかにする
VMwareのアプリケーション仮想化ツール、2製品あるのには意味がある
VMwareは2種類のアプリケーション仮想化ツールを提供しているが、IT部門はどちらか一方を選ぶ必要はない。「VMware App Volumes」と「VMware ThinApp」を併用すれば、アプリケーション配信のさまざまな選択肢を利用できる。(2015/11/5)

業務アプリが全てクラウドネイティブになるとは限らない
AWSとVMwareのハイブリッドクラウドは、DevOpsに鉄板の組み合わせ
併用しても魅力が損なわれない2つの製品がある。これまでVMware製品を使っていた企業は、DevOpsを進めるにつれ、AWSと併用するケースが増えていくだろう。(2016/10/24)

ソフトウェア定義データセンターに最適なのは?
VMware vs. OpenStack──ストレージ機能を徹底比較
市場で大きなシェアを占めるVMware vSphereと、大規模導入事例で注目度上昇中のOpenStack。これから導入するならどちらを選ぶべきか? 本稿ではストレージの観点から両者を比較した。(2015/7/28)

VMware CTOが語る
やがて迎える「デスクトップとモバイルの区別がなくなる日」、管理はどうなる?
CitrixとVMwareの競争関係が、データ分析にも広がっている。VMwareのEUC部門最高技術責任者(CTO)は、アプリケーションやデータのセキュリティ強化に分析が役立つと語る。(2017/8/8)

TechTargetジャパン用語事典
VMware Horizon View
VMware Horizon View/VMware View(2015/8/24)

VMware“インフラ管理ツール”を理解する(後編)
vSphereベースのクラウド構築・運用を簡素化 〜ハイブリッドも視野に
VMware vSphere上でIaaS環境を構築・運用する「VMware vCloud Director」。プロバイダーが提供するvCloud DirectorベースのパブリックIaaSと連携し、ハイブリッドクラウドへと発展させる。(2012/4/9)

AppHAやFlash Read Cacheを紹介
これだけ読めばOK! VMware vSphere 5.5の注目すべき変更ポイント
スケーラビリティやパフォーマンスの向上、高可用性機能など、各種機能が改良・追加された「VMware vSphere 5.5」。変更点の中から、注目すべき点に絞って解説する。(2013/12/2)

VMware vSphere Tips
VMware ESX/ESXiサーバ構成情報のバックアップとリストア
VMware vSphere 4.1で提供されているVMware ESX/ESXiサーバにおける構成情報のバックアップ/リストア機能と、利用時の注意点について紹介する。(2011/9/8)

ホワイトペーパーレビュー
VMware vSphere 4の新機能が分かる3つのホワイトペーパー
VMware vSphere 4は、 前バージョンVMware Infrastructure 3と比較して何がどのように向上したのか。パフォーマンス向上や新機能を解説したホワイトペーパーを3つピックアップ。(2010/11/30)

Hyper-Vはそもそも対象外
VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが選んだ仮想環境とは?
データアナリティクスサービスを提供するSaaSプロバイダーのPiは、システムの全面入れ替えを決断。その際、定番のVMware vSphereはコストと複雑性を理由に導入しなかったという。同社が選んだ製品とは?(2016/3/24)

聖域ない仮想化を目指して
全てのアプリケーションに仮想化を ミッションクリティカル対応が強化された「VMware vSphere 5.5」
VMworld 2013で発表された「VMware vSphere 5.5」は何が新しくなったのか。スケーラビリティとパフォーマンスの向上、高可用性機能など、注目のバージョンアップ箇所をまとめた。(2013/10/7)

【12月5日開催】LIVEオンラインセミナー
VMwareユーザーが本気で取り組むべき「バックアップ計画の見直し方」
VMware VDP提供終了の影響は? 「直前対策」では間に合わない(2017/9/29)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereで仮想マシンの信頼性を向上させる方法
仮想マシンの信頼性を向上させる機能として、VMware HAやVMware FTの他、MSFC(Microsoft Failover Cluster)におけるクラスタ構成、ロードバランサーを利用した負荷分散などの方式について紹介する。(2011/7/25)

注目すべきは画面転送だけでない
3D対応やVoIPも実現、VMware View 5の新機能とライセンス
ヴイエムウェアから新しいデスクトップ仮想化製品「VMware View 5」が登場した。3Dアプリケーションへの対応やVoIPの実現、セキュリティ強化、ユーザー管理、監視など幅広い機能的向上が図られた。(2011/10/25)

VMware vSphereとHyper-Vはどちらが安いか?【前編】
ローエンド環境ではHyper-Vの方が高機能でvSphereの方が安価
VMware vSphereとHyper-Vの無償版とエントリーモデルで価格を比較した。一般的にはHyper-Vの方が安くvSphereの方が高機能とされているが、ローエンド環境においてはその常識が覆される結果となった。(2012/7/19)

Oracle VMを利用しないことの代償
VMware vSphere 4.1をめぐるOracleのライセンス方式に憤るユーザー
VMware vSphere 4.1の2つの新機能をOracleのライセンス条件にどう適合させるかで意見が割れている。意見の食い違いを理由に、Oracleのアプリケーションやデータベースの使用を全面的に避けている企業もあるほどだ。(2011/6/7)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(前編)
VMwareの監視と保守で使えるiPadアプリ トップ3
仮想マシンの起動やシャットダウン、VMware vMotionの使用など、VMwareの基本的な機能を制御するiPadアプリを紹介する。(2011/10/26)

VMware vSphere Tips
VMware vSphere 4.1におけるエディション選択の注意点
VMware vSphere 4.1では従来同様、選択するエディションにより利用できる機能が制限される。従って、利用する機能が該当エディションで利用できるかを計画時にチェックすることが必要だ。(2011/6/27)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/17)

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(後編)
VMware関連の情報整理に役立つ、汎用iPadアプリ10選
VMwareの管理に特化していなくても、VMware管理者にとって有益な汎用のiPadアプリは多数ある。VMware関連の情報やニュースを押さえておく上で役立つアプリケーションを紹介する。(2011/12/22)

VMware vSphere、Hyper-VからXenServerへの移行
VMware vSphereやHyper-Vの仮想マシンをXenServerに移行する方法を説明する。(2011/10/4)

ユーザーに不評なvCenter Update Managerの機能変更(後編)
Linux環境におけるVMwareパッチ管理ソフトに集まる不満の声
VMwareをLinuxで利用する大企業にとって、ゲストOSのパフォーマンスを管理する「VMware Tools」、ゲストOSのパッチ管理ソフト「VMware vCenter Update Manager」には難点が多い。(2011/6/8)

加速するSAP基盤の仮想化、クラウド導入も視野に
【事例】眼鏡のHOYA、グローバル化に向けてSAP基盤を仮想化
クリティカルな基幹システムを仮想化基盤に移行させる企業も増えているようだ。SAPシステムをVMware製品に適用した際のベンチマークテスト結果、VMware vSphereを使った国内企業のSAP基盤仮想化事例を紹介する。(2011/12/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
社内のVMware環境を「Amazon Web Services」(AWS)のクラウドと連係したいという企業は多い。だが、そこには数々の難問が立ちはだかる。この難問をいかにしてクリアできるのだろう。(2016/4/8)

仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第4回】
【徹底比較】VMware環境に最適なバックアップ製品の機能を大解剖
VMwareの仮想環境におけるバックアップ製品選定のポイントとともに、主要なバックアップ製品の機能を比較。CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など主要なベンダー製品の機能比較表付き。(2013/5/23)

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第2回】
OpenStackは企業ITで有りか無しか AWS、VMwareとの違い
OpenStackが企業ITの進化にどのように寄与するかを考える。「VMware vSphere」のような仮想化基盤や「Amazon Web Services」(AWS)のような非オープンソースクラウドとの違いは? 両者との使い分け、共存の可能性も探る。(2014/12/22)

マインドマップで作成
構成管理や障害対応で役に立つVMwareダイアグラムの作り方
VMware vSphereの要素をマッピングするのは非常に手間の掛かる作業だ。だがマッピングツールを使うことでダイアグラムの作成が容易になる。ダイアグラムはVMware vSphereの障害対応や各種機能の実装で役に立つ。(2011/5/17)

「ストレージ」から見る仮想化の今【後編】
「VMware/Hyper-V」と「Docker」では、ストレージの扱い方がどう違うのか
仮想化関連の技術開発においてストレージへの注目度が高まる中、ベンダー各社はどのような取り組みを進めているのか。後編では、外部ストレージやデータ管理、コンテナに関する技術動向を紹介する。(2016/11/15)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

「ストレージ」から見る仮想化の今【前編】
VMware vs. Microsoft“仮想化戦争”の舞台が「内部ストレージ」に移った訳
仮想化ベンダーが技術開発の中核にストレージを据え始めている。前編では、特に動きが活発なサーバの内部ストレージを活用した仮想化技術の最新動向を追う。(2016/11/14)