TechTargetジャパン

もはや珍しくないアプリの大量グラフィックス処理
Microsoft OfficeをVDIで動かすならGPUは必須? 求められる仮想化インフラ再考
「Microsoft Office」にGPUは必要ないというのがVDIを導入する企業の想定だった。だが、それはもはや過去の話だ。この種のアプリケーションやWebサイトなどは、グラフィックスを多用することが増えている。(2018/6/8)

VDIトラブル解決の最適解
そのVDI、設計通り動いていますか? 包括的分析で見えたVDI設計の落とし穴
VDI導入企業で最も多い意見が「思っていたよりパフォーマンスが出ない」ことだという。さまざまな原因は思い付くものの、実際にそれを調べる手段があるのだろうか?(2018/6/7)

HCIは「万能薬」ではない
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)購入時に間違えやすい10個の“落とし穴”
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の購入時に犯しがちな10個の“間違い”がある。この間違いを学び、それらを回避することで、HCIシステム購入者の負担を軽減できるだろう。(2018/6/1)

自身の日常業務を複雑にしないことが大前提
DaaSプロバイダー選択、最終確認用チェックリスト
自社の仮想デスクトップをDaaSプロバイダーに移行することを予定しているIT部門は、災害復旧オプションや監視機能など、自社が必要とするものを把握しなければならない。(2018/5/31)

Webブラウザをコンピュータに(後編)
WindowsをChrome OS系OSでリプレースするための現実解
Webブラウザベースアプリの増加はChrome OS系OSにとって追い風だが、Windowsネイティブアプリの存在がWindowsからの移行を阻害している。だが、その問題にも解決策はある。(2018/5/24)

Chrome OS&Chromebookのススメ(後編)
IT管理者がWindows 10ではなくChrome OSを選ぶべき理由
Windows 7のサポート終了は、「Windowsか否か」を決断する最後のチャンスになるかもしれない。今、Windows 10ではなくChrome OSを選ぶことは可能だろうか。(2018/5/10)

プレビュー版には含まれなかった理由とは
「Windows Server 2019」にリモートデスクトップのRDSH搭載、見えてきた詳細機能
Microsoftは、同社の「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)を「Windows Server 2019」のプレビュー版と正式版に搭載することを認めた。(2018/4/29)

ビッグデータ、Eコマース、VDIも?
HCIは万能ではない 失敗するユースケースとその対処法
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入はとどまるところを知らない。だが、データセンターのあらゆるワークロードにとってこのテクノロジーが最善の選択肢とは限らない。(2018/4/25)

高性能で生まれたIT部門の余裕
「働き方改革実現」だけではなく効率的な業務も実現 驚きの施策とは
働き方改革が話題に上ることが増えてきた。さまざまな仕組みが話題になっているが、本当に必要なものはいざというときのための「余裕」ではないだろうか。(2018/4/25)

VDI環境下のシンクライアントとして脚光
病院が院内PCを「Raspberry Pi」に置き換えたくなる理由
本体のサイズが小さくコストも抑えられる「Raspberry Pi」は、病院のクライアント環境を一変させる可能性がある。(2018/4/20)

画面転送プロトコルにも違いが
管理機能で比較する、デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化の主要製品
デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化へのニーズは企業ごとに違う。購入に際し正しい判断を下すには、各ベンダーのモビリティー機能やデータ管理機能を比較する必要がある。(2018/4/18)

高い技術力と確かな品質管理が生む競争力
他社ストレージからのリプレースが急増中、なぜファーウェイが選ばれるのか
ストレージはまだコストも高く、ミッションクリティカルな業務だとなおさらだ。コストメリットと性能を両立した「新しい選択肢」、ファーウェイのストレージの魅力とは。(2018/4/17)

Windows 10移行でVDIニーズが急増中
動画で検証:GPU搭載HCIで“Windows 10×VDI”が劇的に高性能に
「Windows 10」移行をきっかけにVDI導入を進める企業が増えている。しかし両者の組み合わせには注意が必要だ。ストレスフルな環境に陥らないためのポイントを探る。(2018/3/28)

HCIがユーザー企業から選ばれる理由を整理
「HCI」に抱かれがちな3つの“懸念”は、今でも“懸念”のままなのか?
新製品には不安が付きものだ。今やITインフラ構築の有力手段となった「HCI」も例外ではない。HCI普及に取り組むSIerが、HCIに当初抱いていた「懸念」と「真実」を語る。(2018/3/27)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
HCIはVDI専用ではない──採用技術を徹底解剖、TCO削減30%以上の理由
スモールスタートからノード追加により段階的な拡張を可能とするHCIが注目されている。導入する企業によってさまざまな要件が求められるため、HCIアプライアンスは高いパフォーマンスとともに、多彩なオプションを利用できるものが理想だ。(2018/3/16)

使い慣れたPCで安全にモバイルワーク
「低コストでVDIと同等の環境を構築したい」をかなえる新たな選択肢とは
「働き方改革」に仮想デスクトップ基盤(VDI)は有用だが、限界もある。コスト、PCスペック、ネットワークといったVDIの弱点を克服する解決策はないだろうか。(2018/3/26)

NVIDIAのハードウェアエンコード「NVENC」
Citrix、VMware、Microsoftを比較、画面転送プロトコルが使用するコーデックの差とは
画面転送プロトコルが仮想デスクトップ画面の転送に使用するコーデックは、動画とテキストの表示品質に大きな影響を及ぼす。(2018/2/23)

よく聞かれる3つの質問
クラウドで使えるGPUインスタンス、プロバイダーごとの特徴は?
GPUインスタンスは、演算負荷の高いアプリケーションで必要とされる処理をこなすことができる。とはいえ、どんな場合でもワークロードや予算の面で有効とは限らない。(2018/1/30)

多様な働き方に潜む闇を解説
“働き方改革”から従業員を守る方法とは?
働き方改革が進む中、従業員を管理する立場からは「実態が分からない」という問題が出てきた。柔軟な働き方を維持しながらよりよい管理を行う方法論を識者に聞いた。(2018/1/30)

ハイブリッドストレージのベストバイ
フラッシュ vs. HDDではなくハイブリッドストレージが答え その技術と製品は
フラッシュとHDDの両方を搭載したハイブリッドストレージアレイは、パフォーマンスの点でオールフラッシュストレージやオールHDDを上回る利点があり、今日の組織の多種多様なワークロード要求に対処できる。(2018/1/24)

重いノートPCを持ち歩くのはやめませんか
ユーザーを一番に考えた働き方改革 キーワードは「モバイル利用の進化」
働き方改革の肝は「いつどこでも同じ環境を使える」ということになるだろう。とするとスマートデバイスを使えばそれでよいのだろうか。答えはノーだ。(2018/1/25)

自社の環境にどう対応するか
2018年のVDI(仮想デスクトップ)、IT担当者なら押さえておきたい4つのトレンド
新年を機に、VDIをけん引する4つの主要トレンドをチェックしていく。ユーザーエクスペリエンスやデータ集約型アプリケーションが、VDI分野で注目を浴びている理由が見えてくるだろう。(2018/1/16)

セキュリティと管理機能はますます重要に
「1人で複数台スマホ時代」のうれしいこと、困ること 2018年EUC予測
テクノロジーや戦略を見直すならば、エンドユーザーコンピューティング(EUC)に関するトレンドの変化に注意する必要がある。EUCの次のトレンドは何が来るのか、専門家が予測する。(2018/1/14)

安価なAndroidタブレットは好調
Google「Pixel C」の販売停止が告げるハイエンドAndroidタブレット時代の終わり
Googleは、同社最後のAndroidタブレット兼ノートPC「Pixel C」の販売をひっそりと停止した。400ドル以上という高価なAndroidタブレットは消費者に受け入れられなかったようだ。(2018/1/13)

2018年の始めに総確認
「Windows 10」の18大基礎知識 IT担当者なら知らないと今後生き抜けない?
IT担当者は「Windows 10」の重要な情報を押さえ、運用時に発生した問題を解決したり、新機能を利用したりできるようにしておこう。(2018/1/5)

会員が注目した2017年記事ランキング(クラウド編)
AWS、Azure、GCP機能比較よりも、読者が気になったクラウドの“事件”とは
クラウドコンピューティングに関する話題の中で、TechTargetジャパン会員が最も関心を寄せたものとは。2017年のアクセスランキングから読み解きます。(2018/1/5)

ハードルは高いが……
HCIアプライアンスではなく、あえて“自作”の意義とは? そのメリットとデメリット
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)ベンダーはHCI構築ソフトウェアだけを提供するオプションも用意している。これを利用すれば、IT部門はベンダーロックインとスケーラビリティの問題を回避できるが、別の問題もある。(2017/12/28)

運用を考慮したハイブリッドクラウド環境の構築
インフラは「クラウド連携」が鍵、運用を考えたハイブリッドクラウド環境の構築
仮想化で複雑化したインフラに加え、パブリッククラウドまで管理しなければならないハイブリッドクラウド環境では、従来のシステム構築・運用方法から見直す必要がある。(2017/12/26)

クラウドとのコーペティションを実現
“最適解”が見えてきたハイパーコンバージドインフラの活用
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、もともと仮想デスクトップインフラ(VDI)などニッチな市場から成長、普及した。現在は企業のデータセンターに導入され、クラウドと密な関係を構築している。(2017/12/20)

自社にベストな方法を探る
仮想デスクトップ時代、アプリケーションは発行すべきか、ストリーミングすべきか
アプリケーションの提供方法に迷う場合は、アプリケーションを発行する方法とストリーミングする方法を比較し、自社固有のセットアップやニーズに最適な方法を判断することになる。(2017/12/13)

「3D XPoint」アーキテクチャを採用
高速メモリ技術「Intel Optane」を巡る揺るぎない事実とは
「3D XPoint」アーキテクチャを採用した「Intel Optaneメモリ」が市場に投入された今、高速メモリの未来は明るいように見える。だがOptaneメモリは、これまでにIntelが主張してきた通りの製品に仕上がっているのだろうか。(2017/12/12)

クライアント環境に関する調査レポート
1年以内に「Windows 10」移行が6割超、調査から見えた企業のクライアント環境
キーマンズネットとTechTargetジャパンは2017年9月、クライアント環境の利用状況に関するアンケート調査を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2017/12/1)

企業の事例で集まった“使える”知見
「Windows 10」移行、担当者の背筋が凍った5つの出来事
誰にでも怖いものはある。高い所、飛行機、ヘビやコウモリなど人によってさまざまだが、多くのIT管理者にとっては「Windows 10」への移行が最も怖いものかもしれない。(2017/11/24)

Gartner Catalyst Conference 2017レポート
これからのシステム構築で大切な3つの目標:正確性、廃棄可能性、自律性
Gartnerが2017年8月にIT担当者向けに開催した「Gartner Catalyst Conference」では、一風変わった物語仕立てのアプローチが取られ、デジタル社会の未来に向けてIT担当者が構築すべきものが示された。(2017/11/6)

セキュリティパッチ適用やトラブル対応が簡単に
「Windows 10」の仮想化を検討すべきこれだけのメリット
ローカルのPCではなく、データセンターでWindows 10環境を稼働させる仮想デスクトップには、ユーザーはもちろん、管理者の運用を楽にする大きなメリットがある。(2017/10/30)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「デスクトップ仮想化基盤(VDI)環境」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。 (2017/10/30)

HDDをSSDに置き換えても意味はない?
VDIだけじゃない HCIはインメモリDBにも活用できる
全てのHDDをSSDに置き換えても、インメモリデータベースにまつわるストレージの問題を解決することにはならない。それよりもハイパーコンバージドとNVDIMMを検討すべきだ。(2017/10/24)

OSの強化に役立つ
「Windows 10」の使い勝手をピカピカに磨く仮想化ツール
Microsoftの「Windows 10」にはIT担当者が必要とするもの全てが組み込まれているわけではない。本稿では、導入をスムーズに行うためにIT担当者が使用しているテクノロジーやサードパーティー製ツールを紹介する。(2017/10/18)

場合によっては「第3の選択肢」も
DaaSかVDIか、どちらかを選ぶ時の決め手になる5つの質問
DaaSとVDIのどちらかを選ぶ場合、IT管理者は、目的、ユースケース、ユーザーとデータの場所を把握しなければならない。コストも重要な要素だ。(2017/10/11)

選択の基準はデスクトップ端末の数
DellのVDI向けオールフラッシュストレージ、XtremIOとUnityを比較
Dell EMCは、VDIを導入する企業向けにオールフラッシュストレージのオプションを2つ用意している。1つはデスクトップ端末の導入数が500台未満の企業向け、もう1つはそれ以上の台数を導入する企業向けだ。(2017/9/27)

Computer Weekly製品導入ガイド
ハイパーコンバージドインフラ調達のためのヒント
「ハイパーコンバージドインフラ」は一般的な用語になった。だがそれは何なのか。自分の組織はそれを必要としているのか。(2017/9/15)

データセンター担当者が称賛する機能とは
HCI製品、最も売れているベンダーは? 調査で分かった期待と現実
機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用する方針を取りつつある。実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について市場調査結果と併せて説明する。(2017/9/14)

納得できるTCOとは
TCOと機能で比較 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)選びの勘所
どうしても価格が目についてしまうハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、特にVDIを検討している企業はTCO(総所有コスト)に注意が必要だ。仮想化製品の特長を比較しながらコスト管理のポイントを解説する。(2017/9/13)

IT担当者はここで判断すべし
移行前に知りたかった「Windows 10仮想化」4つのメリット
Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。(2017/8/30)

専門家に聞く
AIと機械学習がVDIを強化、それでも導入が進まないなら何が問題?
VDIソフトウェアを強化する新たなトレンドがある。例えば、AIや機械学習を追加すればIT部門による管理が容易になる。一方でVDIの導入については依然としてコストが問題になっている。(2017/8/22)

各機能の要不要を見極めてから導入を
Windows 10の「Windows Hello」に「さようなら」を告げる企業の本音
「Windows 10」の機能や共通アプリには、企業にとって“注意すべき”ものもあるという。導入後、思わぬトラブルに見舞われた複数の企業のIT担当者が語る。(2017/8/11)

VMware CTOが語る
CitrixとVMwareを比較、デスクトップ仮想化はモバイルデバイスを含む一元管理が鍵に
CitrixとVMwareの競争関係が、データ分析にも広がっている。VMwareのEUC部門最高技術責任者(CTO)は、アプリケーションやデータのセキュリティ強化に分析が役立つと語る。(2017/8/8)

セキュリティやストレージが重要に
「Windows 10」移行を“ほぼ完璧”に済ませるためのチェックポイント
「Windows 10」への移行を成功させるのは大変そうに思うだろう。十分なストレージ容量を確保し、厳しいセキュリティ対策を実施し、何を避けるべきかを理解しておけばうまくいく。(2017/8/3)

もう「シンクライアント」として使えない?
「Chromebook」でAndroidアプリが使えることを素直に喜べない人々
2017年以降に発売される「Chromebook」の全モデルでAndroidアプリを使えるようにする――。Googleのこの判断は、Chromebookのユーザー企業にとっては必ずしも歓迎できるものではないようだ。(2017/8/2)

主要製品をざっくりと紹介
9製品を比較:物理/仮想デスクトップの性能を測定しよう
エンドユーザーエクスペリエンスモニタリングツールにはさまざまな選択肢があるが、分かりづらく、把握しにくいものが多い。本稿では、IT担当者が知っておくべき9種のツールを紹介する。(2017/7/31)