2015年09月17日 15時00分 公開
特集/連載

広がる「ハイパーコンバージド」の波と、ベンダーのざわめきデータ保護/セカンダリストレージまで

ハイパーコンバージドインフラはプライマリストレージに影響を与えているが、ベンダーはこのインフラのコンセプトをデータ保護にも応用しようとしている。

[Arun Taneja,TechTarget]
photo 参照:ハイパーコンバージドの2大勢力「Nutanix」と「Evo:Rail」、違いを比較《クリックで拡大》

 ハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラストラクチャ製品の成熟化に伴い、データ保護の分野を中心に、ハイパーコンバージドベンダーの取り組みの方向性が幾つかに分かれてきている。データ保護の在り方は大きく変わりつつあるが、ハイパーコンバージェンス(超垂直統合)によってさらに新たな次元が加わることになる。

 データの重複排除や圧縮、継続的データ保護(Continuous Data Protection:CDP)、合成バックアップ、コピーデータ管理、高速スナップショット、レプリケーション用WAN最適化といった技術の台頭により、データ保護の方法は従来とは変わってきている。また、さまざまなプライマリストレージベンダーがフラットバックアップを推進する動きも出始めている。このアプローチでは、ユーザーはバックアップソフトウェアを使わずに、バックアップデータをセカンダリストレージに直接送信できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

外出自粛をきっかけにオンラインで購入した商品は?――アドビが東京都の消費者1000人に調査
東京都の消費者1000人に調査。これまで店舗購入のみだったものが、今後はオンラインと店...

news016.jpg

withコロナ時代のB2Bマーケティング リード獲得に強い「ウェビナー」とは?
展示会への出展やセミナーの開催を制限、または中止せざるを得ない状況が続く中でB2B企業...

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。