2018年12月20日 05時00分 公開
特集/連載

不慣れなITチームは「セキュリティリスク」ハイパーコンバージドインフラのセキュリティを確保する方法

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)システムのデータのセキュリティを確保するには、共有リソースや仮想管理など、HCI特有の特徴を考慮するツールや技法が必要になる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 特徴を理解して正しいセキュリティ対策を

 規模の大小を問わず、あらゆる企業でハイパーコンバージドインフラ(HCI)の検討が進んでいる。HCIについて多くの情報が飛び交っているが、重要な側面であるデータセキュリティについてはあまり語られていない印象だ。HCIの目的は、リソースを1つの包括的なプラットフォームにまとめることだ。そのため、HCIのセキュリティは、保護対象のHCIプラットフォームと同様、統一されていて包括的でなければならない。

 従来のセキュリティの取り組みは境界防御に重点を置いていた。だが、サイバー犯罪者が検知されずにネットワークに侵入し、潜伏するようになった現在ではさらなる保護が必要になる。ネットワークのセグメンテーションやマイクロセグメンテーションは、このような脅威の緩和に役立つ。だが、セグメンテーションは複雑で、柔軟性が低く、大量のリソースを必要とする。セキュリティの脅威が増す中、HCIに求められるのは、変化し、進化するワークロードに対応できる柔軟性を備えた新しいセキュリティモデルだ。

HCIの課題

 HCIに含まれる仮想マシン(VM)やストレージやネットワークなどのソフトウェア定義リソースのセキュリティには、従来のセキュリティモデルだけでは満たせない独特の課題がある。HCIのセキュリティに求められるのは「コントロール」「データ」「管理」の視点でリソースを保護できる包括的な取り組みだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。