2008年01月15日 20時13分 UPDATE
ニュース

NEWS日本エフ・セキュア、SaaS型の企業向けセキュリティ製品を発表

SaaSをセキュリティに応用した新製品「F-Secure ビジネスセキュリティ」を3月1日より販売開始

[TechTarget]

 日本エフ・セキュアは1月15日、セキュリティソフトウェアと管理ポータルを含むSaaS型セキュリティソリューション「F-Secure ビジネスセキュリティ」を発表した。3月1日より販売を開始する。

 F-Secure ビジネスセキュリティは、ファイアウォール、侵入防止、アプリケーション制御、ウイルス/スパイウェア/トロイの木馬対策機能を提供する。ソフトウェアのアップデートやパターンファイルの更新、管理サーバのメンテナンスは不要であり、最小限のリソースで24時間サービスを受けることができる。

 同社は本ソリューションの利点として、セキュリティ管理のためのハードウェアやソフトウェアが不要となるほか、初期コストが不要で初期設定も簡略化できることを挙げている。

 希望小売価格は以下を参照。

ユーザー数 初年度 次年度以降
1〜24 6600円 6600円
25〜49 6000円 6000円
50〜99 5400円 5400円
100〜249 4800円 4800円
250〜 4200円 4200円

※1ユーザー当たりの年額、税別

※ユーザー数は1契約当たりのPC+サーバ台数

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...