2008年02月13日 19時27分 UPDATE
ニュース

NEWSDAL、オラクルBPMソフトと連携する次世代EDI対応SOAソリューション

流通業における企業間取引を統合し、受注から出荷報告までのプロセスを可視化する「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」を提供開始する。

[TechTarget]

 EDI(電子データ交換)製品を手掛けるデータ・アプリケーション(DAL)と日本オラクルは2月13日、DALのEDIパッケージソフトウェア「ACMS E2X」「ACMS B2B」と、日本オラクルのBPM(業務プロセス改善)ソフトウェア「Oracle BPEL Process Manager」を組み合わせた「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」の提供を発表した。

 ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューションは、流通業界におけるSOA(サービス指向アーキテクチャ)構築の際にネックとなる次世代EDI標準「流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)」対応を実現。ACMS E2XとACMS B2Bは、従来型EDIによる取引、Web-EDIでの取引のすべてを1つの環境でカバーでき、流通BMS対応の通信プロトコル「ebXML/MS」や「EDIINT AS2」「JX手順(SOAP-RPC)」にも対応している。

 さまざまなデータ交換が可能なACMS E2XやACMS B2Bと、基幹システムと連携したOracle BPEL Process Managerとの間でプロセス/データ連携を行うことにより、受注から在庫管理、出荷報告までの一連の業務プロセスが可視化できるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...