2006年07月27日 10時04分 公開
特集/連載

SOAはクライアント/サーバ技術の現代版?Column

SOAは、実は10年前から利用されていた――ではなぜ今ごろになって、かつてなく素晴らしい技術だなどと騒がれているのだろうか。

[Rich Seeley,TechTarget]

 サンディエゴで開催されたGartner Application Integration & Web Services Summitの初日午前の部では、Web 2.0やエンタープライズ2.0、SOA 2.0に関する予測を述べたキーノートで終始したが、午後の部で「SOA in the Real World」(SOAの現実)と題された分科会を見つけたのは幸運だった。

 ガートナーの副社長兼ディスティングイッシュドアナリストのマッシモ・ペッツィーニ氏は、同社が得意とする将来予想は避け、分科会の冒頭でSOAの簡単な歴史について述べた。同氏は1996年に欧州でガートナーに勤務し始めたころから、SOAの理論について説明した資料を持って顧客企業のIT部門を訪問していた。しかし、訪問先の顧客が既にSOAを運用しているケースも多かったという。

 「当時はSOAとは呼ばれていなかったが、顧客は既にその技術を利用していた」と同氏は聴衆に語った。こうした顧客は、自分たちのプロジェクトに対して1990年代の用語を使っていた。「クライアント/サーバ」と呼んでいたのである。ペッツィーニ氏によると、これはSOAの専門家がなかなか明かそうとしない秘密だという。つまり、SOAは古典的なクライアント/サーバ技術の現代版なのである。

 開発者が10年前にSOAを利用していたのであれば、なぜ今ごろになって、かつてなく素晴らしい技術だなどと騒がれているのだろうか。

 ペッツィーニ氏によると、アナリスト会議などでSOAがホットな話題になった理由は2つあるそうだ。1つは、XMLをベースとする共通の標準の開発により、アプリケーションのリンクサービスを実現するのが容易になったこと。もう1つは、「10年前の先駆者たちのおかげで、その方法が分かっている」ことである。

 同氏は、SOAを運用していたガートナーの顧客に対する10年間にわたるコンサルティング経験から得た知見を披露した。

関連ホワイトペーパー

SOA | Webサービス | Web2.0


ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...

news026.jpg

成長戦略としての「D2C」
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...