2008年02月15日 19時39分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通、PCサーバ「PRIMERGY」に新たに5機種を追加

ブレードサーバ1機種、2Wayサーバ3機種、1Wayサーバ1機種の計5機種を発売。ブレードサーバでは、インテルのマルチコアCPUを採用し性能向上を実現。また、AC100V電源対応のシャーシを新たにブレードサーバのラインアップに追加した

[TechTarget]

 富士通は2月15日、PCサーバ「PRIMERGY」の新製品5機種の販売を開始した。

 新製品のラインアップは、ブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S4」、2Wayタワー型サーバ「PRIMERGY TX300 S4」、1Wayタワー型サーバ「PRIMERGY TX150 S6」、2Wayラックマウントサーバ「PRIMERGY RX300 S4」、2Wayラックマウントサーバ「PRIMERGY RX200 S4」。

 それぞれ、最新クアッドコアプロセッサ「インテル Xeonプロセッサ」5400番台とデュアルコアプロセッサ「インテル Xeonプロセッサ」5200番台を採用し、従来と同等の消費電力で性能向上を実現している。

tt_news021501.jpg PRIMERGY BX620 S4

 PRIMERGY BX620 S4はAC100V電源対応のブレードサーバシャーシを追加し、一般オフィスへの導入を容易にした。さらに10ポートのLANインタフェースを搭載するほか、同社のリソース管理ミドルウェア「Systemwalker Resource Coordinator Virtual server Edition V13.2」と組み合わせることでサーバ運用の自動化を実現。運用コストを含めたTCO削減を支援する。

 タワー型サーバ、ラックマウントサーバの各機種では、メモリ容量の拡大(※)と機能強化、SATAハードディスクの採用、静音性の向上などがなされている。

(※)TX300 S4では最大64Gバイト、RX300 S4/RX200 S4では最大48Gバイトの容量をサポート

 各製品最小構成時の価格と出荷時期は以下の通り。

  製品名(仕様) 価格(税抜き) 出荷時期
ブレードサーバ PRIMERGY BX620 S4
(デュアルコア インテル Xeonプロセッサ E5205(1.86GHz)×1、
メモリ:1Gバイト、ディスクレス)
43万円より 2月27日より
ブレードサーバシャーシ PRIMERGY BX600 S3 シャーシ
(AC100V)
35万円 2月27日より
2Wayタワー型サーバ PRIMERGY TX300 S4
(デュアルコア インテル Xeonプロセッサ E5205(1.86GHz)×1、
メモリ:1Gバイト、ディスクレス)
23万4000円より 2月28日より
1Wayタワー型サーバ PRIMERGY TX150 S6
(デュアルコア インテル Xeonプロセッサ 3065(2.33GHz)×1、
メモリ:512Mバイト、ディスクレス)
14万9000円より 2月15日より
2Wayラックマウントサーバ PRIMERGY RX300 S4
(デュアルコア インテルXeon プロセッサ E5205(1.86GHz)×1、
メモリ:1Gバイト、ディスクレス)
32万8000円より 2月22日より
PRIMERGY RX200 S4
(デュアルコア インテル Xeonプロセッサ E5205(1.86GHz)×1、
メモリ:1Gバイト、ディスクレス)
28万7000円より 2月27日より

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。