2008年02月29日 20時34分 UPDATE
ニュース

NEWSシステムエグゼ、DB開発検証用データを安全に作成するソフトを発売

自動解析機能により情報漏えいリスクを回避しながら、本番データを使用したテスト・検証と同等の成果を得ることができ、リポート機能では置換処理の内容を文書化して内部監査などに使用可能。

[TechTarget]

 システムエグゼは2月29日、データベース開発における疑似データ作成および報告書発行ツール「DB Secure Utility」を発表、同日よりOracle DB対応版の発売を開始した。

 本製品は、データベース開発において、機密情報を含む本番データを使用するのと同等の精度の高いテスト/検証を可能にするユーティリティソフトウェア。「疑似データ変換機能」と「自動解析機能」により、個人情報が含まれる本番データからテスト/検証用の疑似データを安全に自動作成できる。

 疑似データ変換機能は、従来の単純なマスキング変換とは異なり、自動解析機能により元データの文字列の意味を解釈し、個人情報と判断されるテーブルの氏名、住所、電話番号などの情報を類似した内容の文字列に置換する。また、「レポート発行機能」により置換処理の内容を文書化でき、内部監査などに使用可能だ。

画像 データ変換画面。疑似データ、マスキング、ランダム変換、無変換の4つを選択可能。また、ユーザー定義によるカスタマイズ設定にも対応している《クリックで拡大》
画像 データ変換画面。変換処理時に指定された対象テーブル情報、変換方式詳細情報、および出力データ件数を報告書の形式で出力する《クリックで拡大》

 販売価格はサーバライセンス480万円(税抜き)で、レンタル価格は年間タームライセンス200万円(税抜き)。同社は今回発表されたOracle DB対応版以外に、今後「IBM DB2 UDB」「Microsoft SQL Server」対応版も開発予定としている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...