2008年02月29日 20時34分 UPDATE
ニュース

NEWSシステムエグゼ、DB開発検証用データを安全に作成するソフトを発売

自動解析機能により情報漏えいリスクを回避しながら、本番データを使用したテスト・検証と同等の成果を得ることができ、リポート機能では置換処理の内容を文書化して内部監査などに使用可能。

[TechTarget]

 システムエグゼは2月29日、データベース開発における疑似データ作成および報告書発行ツール「DB Secure Utility」を発表、同日よりOracle DB対応版の発売を開始した。

 本製品は、データベース開発において、機密情報を含む本番データを使用するのと同等の精度の高いテスト/検証を可能にするユーティリティソフトウェア。「疑似データ変換機能」と「自動解析機能」により、個人情報が含まれる本番データからテスト/検証用の疑似データを安全に自動作成できる。

 疑似データ変換機能は、従来の単純なマスキング変換とは異なり、自動解析機能により元データの文字列の意味を解釈し、個人情報と判断されるテーブルの氏名、住所、電話番号などの情報を類似した内容の文字列に置換する。また、「レポート発行機能」により置換処理の内容を文書化でき、内部監査などに使用可能だ。

画像 データ変換画面。疑似データ、マスキング、ランダム変換、無変換の4つを選択可能。また、ユーザー定義によるカスタマイズ設定にも対応している《クリックで拡大》
画像 データ変換画面。変換処理時に指定された対象テーブル情報、変換方式詳細情報、および出力データ件数を報告書の形式で出力する《クリックで拡大》

 販売価格はサーバライセンス480万円(税抜き)で、レンタル価格は年間タームライセンス200万円(税抜き)。同社は今回発表されたOracle DB対応版以外に、今後「IBM DB2 UDB」「Microsoft SQL Server」対応版も開発予定としている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...