2008年03月13日 19時04分 UPDATE
ニュース

NEWSネットイヤー、Salesforceの全社導入で内部統制を強化

内部統制強化に伴い、営業案件管理に利用していた「Salesforce」を購買部門の発注管理に活用。現在では10の業務をSalesforceで効率化している。

[TechTarget]

 セールスフォース・ドットコムは3月13日、ネットイヤーグループがSaaS型CRM「Salesforce」の活用により内部統制強化と複数業務の効率化を実現したと発表した。

 マーケティング支援を手掛けるネットイヤーグループは2006年7月、下請法に対応する購買部門の立ち上げに伴い、発注申請や検収などの管理を営業案件管理に活用していた「Salesforce」へ移行。当時の発注決裁には国内ベンダーのグループウェアを使用していたが、決裁済みデータをSalesforceにインポートすることで連携管理できるようにした。

 同10月には紙ベースで年2回実施していた顧客満足度調査のアンケートをWebに移行し、Salesforceの機能を活用して集計を自動化した。

 2007年4月にはSaaSアプリケーションを提供するマーケットプレイス「AppExchange」上から無料アプリケーションを導入し、書類審査や面接のスケジュールを自動メール配信する仕組みを作成し、採用業務の効率化を実現している。また、履歴書のやりとりもメールベースからSalesforceに移行したことで、個人情報の管理体制も強化できたという。

 同6月には発注決裁のワークフローをSalesforceに移行。手入力による発注申請を廃止し、財務報告にかかわる書類のステータス管理、定型化した契約書類の作成とログ管理を可能にするとともに、リポート機能を活用して不備や遅延を把握する仕組みも確立したという。また、手動で行っていた受注金額に応じた決裁レベルの設定もSalesforceの「ワークフロー承認機能」を活用して自動化した。

 同10月にはExcelで管理していたPCやソフトウェアなどのIT資産台帳をSalesforceに移行。Excelでは困難だった社員のマスターデータベースとの連携が可能になり、入社・退職の際の資産台帳更新の厳格化を実現している。これらに加え、プロジェクト管理、予算管理、社内ヘルプデスクなど、現在では10の業務にSalesforceを活用している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...

news126.jpg

「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置、楽天データマーケティングが「RMP-Brand Gateway」を提供開始
楽天データマーケティングは「楽天市場」において、企業がブランドサイトを設置できる広...

news131.jpg

広告配信のパフォーマンスを最大化する予算配分をAIで自動算出、サイバーエージェントがシステム提供
サイバーエージェントは、広告コンバージョン最大化を実現するAIシミュレーションシステ...