2008年05月07日 19時38分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、サーバ組み込み型の「VMware ESXi」をUSBメモリで提供

日本HPが、VMware ESXiを組み込んだUSBメモリを使って簡単に仮想化環境を構築できるソリューションを発表。同時にVMware製品の値下げで仮想化の導入を促進するという。

[中澤 勇,TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は5月7日、VMware製品による仮想化ソリューションを発表した。「HP ProLiant iVirtualization」は、サーバ仮想化ソフトウェアを組み込んだUSBメモリとPCサーバ「HP ProLiant」を組み合わせたもので、今回発表されたのは「VMware ESXi 3.5」(小サイズのサーバ組み込み用ハイパーバイザー)を組み込んだ「HP ProLiant iVirtualization powered by VMware ESXi」。

 このUSBメモリを装着してUSBブートを行うと、VMware ESXiが起動して仮想化環境が構築される。ライセンスキーも入力済みなので、初回起動時に管理者用パスワードなど最小限の設定を行うだけで仮想マシンの作成やゲストOSのインストールを始めることができる。また、同ソリューションのVMware ESXiにはあらかじめ管理エージェントが組み込まれており、統合管理コンソール「HP Systems Insight Manager」で物理サーバと仮想サーバを一元管理できる。

 同ソリューションの価格は、2プロセッササーバ用が3万9900円、4プロセッササーバ用が7万9800円。対応機種は、HP ProLiant ML370、DL380/385/580/585、BL460c/465c/480c/680c/685c。ともに5月下旬より出荷を開始する。

画像 日本HP エンタープライズストレージ・サーバ事業統括 ISSビジネス本部 サーバ・プロダクト・マーケティング部 木村 剛氏。手にしているのはHP ProLiantとUSBメモリ

 ちなみに、「Citrix XenServer」や「Microsoft Hyper-V」を組み込んだ製品も予定しているが、現時点では価格や提供時期などについては未定だという。

 同時に、日本HPはVMware製品の新ライセンス(実質値下げ)を発表した。「VMware Infrastructure 3」については、Standardからバンドルソフトウェアを外すことで従来の63万円から44万1000円に値下げ。Enterpriseは統合管理ソフトウェア「HP Insight Control Environment」を新たにバンドルしつつ、従来の96万6000円から88万2000円に値下げした。

 また、日本HPでは仮想クライアントソリューション「VMware Virtual Desktop Infrastructure(以下、VDI)」専用バンドルライセンスを設定、実質値下げを実現した。VDIは、VMware ESXをインストールしたサーバで複数の仮想マシン+クライアントOSを稼働させ、シンクライアントからリモートでそのOSを利用するもの。通常はプロセッサライセンスが適用されるため、16CPU分のサーバを200ユーザーが利用する環境を前提に試算すると884万円になるが、VDI専用バンドルライセンスを適用すると400万円になる。

 木村氏によると、現時点で仮想化して使われているHP ProLiantは全体の5%だという。今回の値下げや、特にHP ProLiant iVirtualizationの投入でエンドユーザーに対して仮想化の導入を訴求することで、これを20%に引き上げたいとしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...