2008年05月26日 18時39分 UPDATE
ニュース

NEWSセールスフォースとNTT Com、SalesforceをVPNで利用可能な新サービス

セールスフォース・ドットコム、NTT Com、NTTの3社が、NGN上でのSaaSビジネス展開に向けた「SaaS over NGN構想」を提供開始。これに先立ち、「Salesforce」をNTT ComのVPNで利用できる「Salesforce over VPN powered by NTT Communications」の提供を開始する。

[TechTarget]

 セールスフォース・ドットコム、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)、NTTの3社は5月26日、NTTグループが推進するNGN(Next Generation Network:次世代ネットワーク)上でセールスフォース・ドットコムのSaaS(Software as a Service)型アプリケーションを共同提供することを発表した。

 これに先立ちNTT Comとセールスフォース・ドットコムは、SaaS型CRM「Salesforce」をNTT ComのVPNで利用できる「Salesforce over VPN powered by NTT Communications」(以下、Salesforce over VPN)を7月1日から共同で提供開始する。Salesforceに新たに閉域網での接続が可能となるVPN対応サービスをラインアップに加えることにより、官公庁や地方自治体、金融機関など多くの企業においてSalesforce採用機会の拡大を狙う。

 Salesforce over VPNは、Salesforceをインターネットを経由せずにNTT Comが提供する各種VPNから利用可能とするもので、アクセス回線からSalesforceのライセンス、ユーザーからの問い合わせ対応までをトータルで提供。NTT Comはセールスフォースのデータセンター上にあるSalesforceをVPN経由で利用するための基盤を提供するとともに、Salesforceをほかのサービスと連携させることで、認証連携、課金などの新サービスを今後充実させていく予定。また、NTTドコモの携帯電話やデータ通信カードといったモバイルからのアクセスも今後対応予定としている。

画像 Salesforce over VPNのシステム構成図

 ラインアップとして基本的なCRM機能を提供する「Professional VPN Edition」とシステム連携やBPMなどの機能を加えた「Enterprise VPN Edition」を用意し、月額料金はEnterprise VPN Edition」が1万6000円/ID、Professional VPN Editionが8500円/ID(ともに税抜き)。別途初期費用として工事費2万円/ユーザー(税抜き)が必要。

 3社は今後、NTTの情報流通プラットフォーム研究所の認証連携関連技術をはじめとするNTTの研究所の技術を活用し、NGN上でのSaaSビジネス展開に向けた「SaaS over NGN構想」の一環としてNGN上でSaaSアプリケーションを展開する「Salesforce over NGN(仮)」を進めていく予定としている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...