2008年06月16日 17時52分 UPDATE
ニュース

NEWSウイングアーク、帳票入力をWebシステムに適用する画面設計ツール

帳票型入力画面デザインツール「StraForm Volc」を発表。ウィザードで指定するだけで画面開発できるノンプログラミング設計を実現し、HTMLの自動生成が可能だ。

[TechTargetジャパン]

 ウイングアーク テクノロジーズは6月16日、帳票型入力画面デザインツール「StraForm Volc」を発表した。6月20日より出荷を開始する。標準価格は200万円(税抜き)から。

 StraForm Volcは、Webシステムにおける画面デザインを効果的に生成できるシステム開発者向けツール。ウィザードで指定するだけで画面開発できるノンプログラミング設計を実現し、紙、Excel、Word、PDFや帳票開発ツール「SVFX-Designer」で作られた既存の帳票ファイルを読み込み、HTMLを自動生成することができる。ERP、ワークフローシステム、フレームワークなど、各種システムおよびパッケージアプリケーションへの画面設計の組み込みが容易になったことが特徴。また、入力画面とロジックを分離して開発を別々に行うことができ、業務に合わせて画面設計・変更を行うことが可能。HTML、JavaScript、XML、J2EEといった標準技術の採用により、互換性の高いシステム構築環境を提供する。

 また、StraForm Volcで開発した入力画面フォームと、SVFX-Designerで生成した帳票出力フォームは、入力画面と帳票出力の開発プロセスを統合する「Design Converter」を利用して双方向でフォーム変換が可能。画面設計フォームが再利用しやすくなる。

 稼働環境はOSがWindows Server 2003/HP-UX11i V2/IBM AIX 5L V5.3、Java VMがJ2EEおよびJ2SE準拠JDK1.5、WebアプリケーションサーバがApache Tomcat 5.5/IBM WebSphere Application Server V6.1/BEA Web Logic Server 10.2。

関連ホワイトペーパー

帳票 | 開発プロセス | ERP | Excel | フレームワーク | ワークフロー


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...