2008年06月24日 18時56分 UPDATE
ニュース

NEWSFBMS、VMwareによる基幹システム刷新で移行コストを40%削減

フランスベッドメディカルサービスは仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」とブレードサーバを活用し、13台あった既存サーバを4台に統合。サーバはTISのデータセンターで運用している。

[TechTargetジャパン]

 システムインテグレーターのTISは6月24日、フランスベッドホールディングス傘下のフランスベッドメディカルサービス(以下、FBMS)において、介護福祉事業を支えるレンタル・販売・物流システムなどの基幹業務システムを再構築したことを発表した。

 今回のシステム構築では、VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」とブレードサーバを活用し、これまで13台あった既存サーバを4台に統合。従来の後継機種への置き換えで移行を実施した場合と比べ、移行作業・再構築などの初期コストを約40%削減して、新システム環境の構築を実現したという。

 FBMSでは2008年3月にメーカー保守打ち切りとなる基幹系業務システムサーバのリプレースを検討していたが、同システムでは稼働中のアプリケーションが多数あったためサーバ台数が増加し、センターラックスペースに余裕がなくなるといった課題を抱えていた。また、従来の後継機種への置き換えで移行を実施した場合、移行作業量とコストが膨大になるというリプレース作業の懸念もあった。このような課題に対し、TISではVMwareとブレードサーバを活用した仮想化技術によるサーバ統合を提案した。統合後のサーバはTISのデータセンターで運用し、VMwareの機能による可用性と拡張性を持ったシステム構成となっている。

関連ホワイトペーパー

VMware | ブレードサーバ | 仮想化 | ERP | 基幹システム


ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。

news093.jpg

コンプライアンス対策、「何もしていない」企業がいまだに半数近く――共同ピーアール
働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査です。