2008年07月08日 20時01分 UPDATE
ニュース

NEWS富士ゼロックス、複合機からNotesへスキャン文書を直接登録する連携ソフト

デジタル複合機「ApeosPortシリーズ」でスキャンした紙文書を「Lotus Notes/Domino」に直接登録する「HG/Pscan for Apeos <Lotus Notes連携>」を販売する。開発元はハイパーギア。

[TechTargetジャパン]

 富士ゼロックスは7月8日、同社のデジタル複合機「ApeosPortシリーズ」と、日本アイ・ビー・エムのグループウェア「Lotus Notes/Domino」の連携を可能にするソフトウェア「HG/Pscan for Apeos <Lotus Notes連携>」を発表した。8月29日より販売を開始する。ハイパーギアが開発した。

 HG/Pscan for Apeos <Lotus Notes連携>は、スキャンした紙文書をApeosPortのパネル操作で直接Lotus Notes/Dominoデータベースへ登録することができるソフトウェア。PCを介さずにデータベースへ直接アクセスできるため、紙文書の電子化から登録までの作業プロセスを短縮できる。Lotus Notesのバージョンは6〜8が対象。

画像 HG/Pscan for Apeos<Lotus Notes連携>概要
画像 スキャンによるLotus Notes連携

 QRコードやエリアOCR認識結果をスキャン登録時の属性として自動登録できる。また、サーバに格納する前に複合機の操作パネルでスキャン文書のプレビュー画像を確認でき、回転やページ削除などの編集も可能。PDF標準のセキュリティ機能に加え、文書閲覧の有効期限設定やダウンロードを禁止した閲覧権限のみのPDF作成が可能だ。Lotus Notes/Domino上にあるWordやExcelファイルも複合機のパネル操作で直接印刷できる。

 HG/Pscan for Apeos <Lotus Notes連携>は「HG/Pscan for Apeos(※)」のオプションとなり、価格は14万8000円(税抜き、別途Lotus Notesクライアントライセンスが必要)。

(※)24万8000円(税抜き)、1コントローラーライセンス、2MFPライセンス、1QRコード生成ツールライセンスを含む。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...