2008年08月08日 17時09分 UPDATE
ニュース

NEWS「ユーザーサポート代行します」――日立電サが社内ヘルプデスクの新サービス

これまで提供してきたIT機器運用・管理サービスに加え、ユーザーサポート業務を機器1台当たり400円で支援・代行するサービスを提供開始。自社内に情報システム部門を持たない中小規模の顧客がターゲット。

[TechTargetジャパン]

 日立電子サービスは8月8日、ユーザー企業のヘルプデスク業務を代行するサービス「OFITLCM/HELP+」(オフィットエルシーエム プラス)を同日より販売開始すると発表した。

 同社は2007年8月より、オフィスIT機器の調達・管理・故障対応などのトータルサポートサービス「OFITLCM」(オフィットエルシーエム)を提供してきた。同サービスは、顧客拠点に駐在してサービスを提供する「OFITLCM on site」(オフィットエルシーエム オンサイト)と、同社のリモートセンターからサービスを提供する「OFITLCM on demand」の2種類に分かれる。OFITLCM/HELP+サービスは、OFITLCM on demandのオプションサービスとして提供される。

 OFITLCM/HELP+サービスは、OFITLCM on demandサービスが従来提供してきたオフィスIT機器運用・管理業務に加え、ユーザーサポート業務をシステム管理者に代わって実施するもの。ユーザーは、IT機器に関する問い合わせや申請を社内IT部門ではなく、日立電子サービスの受付センターに対して直接行うことができる。これにより、情報システム部門を持たない中堅・中小企業におけるIT機器の運用・管理業務効率化、コスト平準化が実現できるという。

 また、同サービスの提供開始に合わせ、OFITLCM on demandのサービス内容を障害対応と機器管理に限定した「OFITLCM/LIGHT」(オフィットエルシーエム ライト)の提供も開始する。

 OFITLCM/HELP+サービスの単体価格は1台当たり月額400円。前提サービスがOFITLCM on demandの場合で機器1台当たり月額合計1400円(税別)、OFITLCM/LIGHTの場合で900円(税別)となっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。